2021年から中学英語の教科書が大幅改訂!難しくなります!【87記事目】

 

中学生の勉強法などが満載!

 

2021年から中学英語の教科書が大幅改訂!難しくなります!です。2021年(令和3年度)から中学英語の教科書が大幅改訂され、覚える単語や文法の量が増え、授業の内容が格段に難しくなることについてまとめています。(この記事は87記事目です。)

 

①2021年から中学英語の教科書がどう変わる?

【動画】【中学英語】2021年の教科書改訂について徹底解説

 

 

 

2021年度から教科書改訂により、中学校の教科書が一新されます。

その中で大幅に変わるのが、英語です。

他の教科はそこまで難しくなりませんが、英語は本当にこれから難しくなっていきます。

どの点が変わっていくのかについて詳しく見ていきましょう。

 

 

ア 覚えるべき単語数の増加

→今までの倍、英単語を覚える必要あり!

 

小学校では既に英語が教科化されており、そこでは600~700語の英単語を学びます。

これに加え、中学校では1600~1800語学びます。

そうなると、今までは中学校卒業までに1200語程度学んでいたのが、これからは2200~2500語と約2倍近くの英単語(小学校+中学校で覚えるべき英単語の数)を覚えないといけなくなります。

 

 

イ 中1の最初からハイペースで進む

→中学入学時から英語についていけない生徒が増える!

 

今までは、中1の最初でbe動詞を学び、そこから一般動詞、疑問詞疑問文、進行形・・・と徐々に文法を学んでいきました。

しかし、これからは、中1の最初から、

・be動詞
・一般動詞
・助動詞can

などが混ざった文が出てきます。(ただし、中1の途中までは小学校で習った内容の復習をしていきます。)

そのために、小学校で習った内容がある程度分かっていないと最初から非常に苦労することになってしまいます。

今後は、中学の最初から英語についていけない人が増える可能性が非常に高くなります。

 

 

ウ 高校で習っていた文法を中学校で学ぶ

→これからは文法にかける時間が少なくなる!

 

また、今まで高校で習っていた文法を中学校で習うようになりました。

具体的には、

・仮定法
・現在完了進行形
・原形不定詞
・感嘆文

などです。

また、一部の内容では、今まで中2で習っていた内容を中1で、中3で習ったいた内容を中2で習います。

そして、これ以外にも、

・長文の量が増える(教科書のサイズが大きくなる)
・教科書にQRコードが付き音声が聞きやすくなる
・授業中は原則日本語を使わず、英語のみで授業が進む
・即興で自分で文章を組み立て、その場で発表する機会も増える

といった変化が見られるようになります。

そのため、定期テストや高校入試の問題形式もまた変わっていくかもしれません。

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

②難しくなる中学英語に対応するための勉強法・心構えは?

【動画】【2021年】中学校入学前にやっておきたい英語の勉強法!【中学準備講座】

 

 

 

次に2021年から難しくなる中学英語に向けた勉強法についてみていきます。

上でみたように、覚えるべき英単語や習う長文、英文法は増えますが、学校の英語の授業時間数は変わりません。

そのために、今まで以上に家で英単語を覚えたり、文法の問題集を解くといったことをしないと、学校の授業についていけなくなります。

そこで、みなさんにやってほしいことをまとめました。

 

 

ア 英単語の暗記

→小学校で習った600~700語の英単語を復習をしよう!

 

最初にやってほしいことは、英単語の暗記です。

英語が苦手になる人は、まず英単語を覚えていません。

英単語を知らないと、文法・長文・リスニングの問題を解く際に支障が出てしまいます。

そのため、最優先ですべきことは、英単語を覚えることです。

英単語を覚えることで、難しくなる中学英語に対応できるようになります。

また、英単語の暗記としては、

①発音を覚える
②「英語→日本語」ができるようにする
③「日本語→英語」ができるようにする
④英語のスペルが書けるようにする

の4段階があります。この中で最低②まで、できれば④までできるようになると、いいスタートダッシュが切れるようになります。

小学生向けの英単語帳を使って、今まで習った分の英単語をしっかりと覚えましょう。

 

 

 

イ 小学校で習った文章の復習

→小5・小6で習った会話表現をしっかりと復習しよう!

 

先ほどもいいましたが、2021年度からの教科書では、中1の最初からbe動詞、一般動詞、助動詞canなどが混ざった文が出てきます。

とはいえ、小学生のうちに中1で習う全ての内容を勉強するのは、かえって英文法が分からなくなる可能性が高くなります。

では、中学校生活が始まるまでにどこまで勉強をすればいいのでしょうか?

教科書を細かく分析していった結果、

・be動詞の肯定文・疑問文・否定文
・一般動詞の肯定文・疑問文・否定文
・助動詞canの肯定文・疑問文・否定文

まで分かっていれば十分です。

この3つの内容を完璧にマスターするようにしましょう。(主語が三人称単数の場合の文や過去形の文、現在進行形などは中1の夏休み以降で習う内容ですので、1学期が終わってから勉強すればOKです。)

なお、使う問題集は中学校の教科書準拠の問題集ではなく、英文法用の問題集を使うようにして下さい。

英文法用の問題集であれば、be動詞、一般動詞と順を追って勉強できるからです。

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

③とよはし練成塾での取り組みは?

 

最後にとよはし練成塾での取り組みについて紹介していきます。

当塾は個別指導塾で、お子様の学力や進路に合わせた授業をしています。

また、英語や数学は積み重ね教科であるため、この2教科を重点的に指導しています。

当塾の英語の指導は以下のようになっています。

 

ア 英単語の暗記

 

本来であれば、英単語の暗記は家でやるものです。

しかし、この部分を生徒に任せてしまうと、大多数の生徒は家でやりません。(覚えようともしないし、そもそも覚え方が分からない生徒が多いためです。)

そのため、基礎知識がいつまで経っても身に付かず、英語ができなくなってしまうのです。

そのため、当塾では「英単語の暗記」を最も重視しています。

但し、通常授業で行うのではなく、土曜日の夕方に「中1・中2暗記のコツコース」を設け、そこで英単語を徹底的に覚える時間を作っています。

進め方としては、最初に「英語→日本語」が言えるようにし、その後、「日本語→英語」が言えるようにします。(言えたかどうかは逐一チェックします。暗記が不十分な場合は再度覚え直してもらいます。)

最後に英語で書けるかどうかをチェックし、できたら次の級に進むという感じで進めています。

そして、毎週80分を英単語の暗記に時間をあて、それを1年間行いますので、一年間で確実に多くの英単語を暗記をすることができます。

 

 

イ 英文法

 

英文法の授業は、多くの塾では、「説明→演習」の順で授業が進みます。

しかし、これではその場では解き方や理屈が分かるかもしれませんが、時間が経つと文法のルールを忘れてしまう可能性が高くなります。

そこで、当塾では、「説明→暗記→演習」の順で授業を行うようにしています。

現在進行形は「~している」という意味で、「be動詞+動詞のing形」でできるといったルールを生徒自身が覚えることで、ルールを忘れにくくしています。

通常授業で一回、テスト前にもう一回暗記をすることで、文法の知識を固めていくことができます。

また、夏休みや冬休みなどの長期休暇では、今まで習った内容の再復習を行います。

詳しくは「【豊橋の個別指導塾】教科書改訂による塾での中学生英語の指導方法は?」をご覧ください。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00