【合格体験記⑨】総合型選抜入試で豊橋創造大学短大に合格した保育士志望のAさん【743記事目】

 

当塾の合格体験記である総合型選抜入試で豊橋創造大学短大に合格した保育士志望のAさんについて豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は743記事目です。)

 

 

①豊橋創造大学短期大学部とは?幼児教育・保育科とは?

【動画】合格体験記(総合型選抜入試で豊橋創造大学短大に合格した保育士志望のAさん)

 

 

 

ちゃちゃ丸
豊橋創造大学短期大学部とはどんな短大なのかニャー?
モモ先生
幼児教育・保育科、キャリアプランニング科がある学校ですよ。

 

 

ア 豊橋創造大学短期大学部とは?

→東三河唯一の保育・児童教育について学べる学校

 

豊橋創造大学短期大学部は愛知県の私立の短期大学です。

キャンパスは豊橋市にあり、学部は、

・幼児教育、保育科
・キャリアプランニング科

の2つの科で構成されています。

 

 

 

イ 豊橋創造大学短期大学部の幼児教育・保育科とは?

→保育士や幼稚園教諭を目指すためのコース

 

次に豊橋創造大学短期大学部の科の一つである、「幼児教育、保育科」についてみていきます。

幼児教育、保育科では幼稚園教諭や保育士を目指すためのコースとなっています。

当コースの特徴としては、

①子育て支援に関する地域イベント、地元幼稚園・保育所のお誕生会といった行事にも積極的に参加
②園での実習は最長10週間ある
③パソコン関連の資格取得もバックアップ

といったことがあります。

また、取得できる資格として、保育士、ピアヘルパーなどがあります。

 

 

豊橋の個別指導塾「とよはし練成塾」

TEL(0532)-74-7739

 

 

 

 

②豊橋創造大学短期大学部の総合型選抜入試とは?

【動画】【豊橋創造大学WEBオープンキャンパス】キャンパスツアー1

>

 

 

ちゃちゃ丸
豊橋創造大学短期大学部の総合型選抜入試の制度を知りたいニャー
モモ先生
総合型選抜入試、学校推薦型入試、一般入試の3つがありますよ。

 

 

ア 豊橋創造大学短期大学部の入試とは?

→総合型選抜入試、学校推薦型入試、一般入試の3つがある

 

豊橋創造大学短期大学部の入試形態は大きく、総合型選抜推薦入試(旧AO入試)、学校推薦型選抜入試(指定校推薦など)、一般入試の3つに分かれます。

また、スカラシップ入試というのもあり、この試験に合格すると初年度の授業料が半額になります。(推薦入試で合格した人も受験することができます。)

 

 

イ 豊橋創造大学短期大学部の総合型選抜入試とは?

→前期は10月中旬に入試がある

 

次に幼児教育・保育科の総合型選抜入試についてみていきます。

豊橋創造大学短期大学部の総合型選抜入試は、「アクティブ入試(保育こんぱす入試)」と呼ばれ、前期・中期・後期の3回にわたって受験が行われます。

試験科目は、面接+調査書+保育コンパスシートであり、出願前にピアノや紙芝居、ダンスなどを発表をし、出願許可を得てから出願ができるようになっています。

また、入試日程は前期が10月下旬、中期が11月下旬、後期が3月上旬となっています。

 

 

豊橋の個別指導塾「とよはし練成塾」

TEL(0532)-74-7739

 

 

 

 

③Aさんへの豊橋創造大学短期大学部合格に向けた指導内容は?

 

ちゃちゃ丸
豊橋創造大学短期大学部の合格に向けてどんな勉強をしていけばいいのかニャー?
モモ先生
ここでは当塾に通っていたAさんの合格体験記を紹介していきますよ。

 

 

ア 豊橋創造大学短期大学部の総合型選抜入試合格に向けた対策①(Aさんの開始状況)

 

Aさんは中2の終わりからとよはし練成塾に入塾しました。

そしてAさんは地元の高校の専門学科に合格しました。

最初は将来何になるか迷っていましたが、お母さんが保育士をしているということで保育士志望になっていきました。

そこで地元の豊橋創造大学短期大学の受験をすることに決めました。

 

 

イ 豊橋創造大学短期大学部の総合型選抜入試合格に向けた対策②(志望理由書)

 

豊橋創造大学短期大学の入試では出願をする前に、

①ダンス
②ピアノ
③紙芝居
④その他

の中から一つを選んで面接官の前で発表をする必要がありました。

本人はどれでも行けると言っていましたが、他の受験生との差別化を図るために、私は④のその他で行くといいよと言いました。

そして、Aさんがやったことは、「高校時代に頑張ったこと」をプレゼンテーション形式で発表することです。

Aさんはパソコンの技術(パワーポイントの作成能力)はあったので、それを踏まえて高校3年間で頑張ったこと(課外活動)をまとめていきました。

そこで私が伝えたことは、

①課外活動の紹介ではなく、自分が頑張ったことをメインに話の展開をするとよい
②原稿を作ることで、時間通りに進めることができる

といったことです。

Aさんが作ってきたものを何度か修正をしましたが、最終的には非常にいい内容になっていきました。

 

 

 

 

ウ 豊橋創造大学短期大学部の総合型選抜入試合格に向けた対策③(志望理由書)

 

推薦入試では志望理由書の提出が必須です。

それは、志望理由書の内容を元に面接で質問されるからです。

そのため、しっかりとした志望理由書を書いていくことが大切になってきます。

志望理由書では、「なぜ当校を志望したのか?」「高校生活で頑張ったこと」を中心に問われます。

「志望理由」はその学校にしかない魅力・特徴を書く必要があります。(どの学校でも通用するようなありきたりな文章ではNG)

そこは、オープンキャンパスに行った印象やパンフレットに書いてある内容をAさんなりに解釈して書いていきました。

また、「高校で頑張ったこと」は勉強面をメインに書く必要があります。(高校は勉強をするところであるため)

そういったことをあらかじめAさんに言った上で志望理由書を書いてもらいました。

そして、原稿用紙に書いたものをパソコンで打ち直し、文章の添削を行っていきました。(一度PCで入力すると添削するのが簡単です。)

それを何回か書き直し、さらに学校の先生にも添削してもらった上で、短大に志望理由書を提出しました。

また、面接もよく聞かれる質問にはすぐに答えられるようにしていきました。

 

関連記事

 

 

 

 

エ 豊橋創造大学短期大学部の総合型選抜入試合格に向けた対策④(合格発表後)

 

しばらくして合格発表があり、無事に合格をすることができたAさん。

ただ、すぐに退塾はせず、しばらくは学校の定期テスト対策やスカラシップ試験の対策を行っていました。

4月からは短大生として新しい人生が始まりました。

短大で2年間しっかりと学び、立派な保育士になってほしいと思います。

 

豊橋の個別指導塾「とよはし練成塾」

TEL(0532)-74-7739

 

国公立・私立大学別入試勉強法