大学入試共通テスト(2021年)地学基礎の問題を塾講師が解いてみた【737記事目】

 

 

 

大学入試共通テスト(2021年)地学基礎の問題を塾講師が解いてみた感想について豊橋の学習塾の教室長の西井が紹介していきます。(この記事は737記事目です。)

*赤本などの共通テストの問題を見ながらこの記事を見ていくことをおすすめします。

 

 

①共通テスト地学基礎を解いた全体的な感想は?

【動画】【共通テスト2021】地学基礎 全問解説【本試】

 

 

 

ちゃちゃ丸
初年度の共通テストの地学基礎はどんな感じだったのかニャー?
モモ先生
生物基礎・化学基礎に比べると平均点は高めでした。

 

 

ア 共通テスト地学基礎(2021年)の全体的な感想は?

→センター試験とほぼ同じ難易度であった

 

共通テスト地学基礎の問題は、センター試験に比べて

①表やグラフ、図を読み取る問題が増えた
②今まで見たことのない初見の問題が増えた

といった特徴があります。

ただ、共通テスト初年度は平均点が33点と前年度より6点ほど高かったです。

確かに初見の問題は多かったですが、落ち着いて読んで見ると結構簡単に解ける問題が多かったように思えます。

ですので、知識はもちろんのこと、表やグラフなどを読み解く力が必要な試験に変わったといえます。

 

 

イ 2022年度の共通テスト地学基礎はどうなる?

→今年度より若干難しくなる

 

来年度2022年度の共通テスト地学基礎は今年度よりは若干難しくなると予想します。

共通テストでは問題集などには見られない初見の問題が出てきます。(そこが共通テストを難しく思える原因になります。)

そういった問題に対応するには、基礎固めを早めに終え、その後は数多くの問題を解いて慣れていく必要があります。

そのため、初年度の共通テストの問題を解くことはもちろん、センター試験の過去問や予備校の予想問題集などを積極的に解くようにしましょう。

 

豊橋の個別指導塾「とよはし練成塾」

TEL(0532)-74-7739

 

 

 

 

②共通テスト地学基礎(2021年)を解いた感想は?

【動画】いまから間に合う!直前期の共通テスト理科基礎対策

 

 

 

ちゃちゃ丸
共通テスト地学基礎(2021年)の問題ごとの感想を知りたいニャー
モモ先生
ここでは共通テストの問題を解いていった感想について言っていきますよ。

 

 

ア 共通テスト地学基礎(2021年)を塾講師が解いてみた①(第1問)

→言葉の意味を問う問題が多かった

 

共通テスト地学基礎(2021年)の第1問は(24点)で、地球に関する内容が満遍なく出題されました。

 

A 地球の活動

 

問1は一般常識でも解けそうな問題です。

ただ選択肢①~③は誤答であることはできるようにしましょう。

問2も易しい問題です。

極付近の方が赤道付近よりも弧の長さは長くなります。

 

B 流速に対する砕屑物の挙動

 

問3もよく出る図の問題です。

図の「運搬される続ける領域」では浮いている時は動くが、一旦沈んでしまうと動かない領域ということは知っておきましょう。

問4はA→B→Cいなるにつれて河川との距離が離れていきますので、砕屑物の大きさは小さくなります。

 

 

C 岩石

 

問5はチャートと石灰岩を識別するには塩酸をかけること、斑れい岩と花崗岩を識別するには密度の大きさを比較することが分かればできるでしょう。

問6は斑状組織と等粒状組織のでき方が分かっていればできます。

 

 

イ 共通テスト地学基礎(2021年)を塾講師が解いてみた②(第2問)

→A問題は図や表を読み取る力が求められた

 

共通テスト地学基礎(2021年)の第2問は(13点)で、大気と海洋に関する問題が出題されました。

 

A 台風と高潮

 

問1は天気図から18時は約980hPa、21時は約964hPaというのが分かれば答えは出ます。(特に知識はいりません)

問2は18時と21時に台風が3時点にそれぞれ近づいているか(遠ざかっているか)を見ていけばできるでしょう。

 

 

B 地球温暖化

 

問1は「太陽反射」と「赤外反射」の意味が分かれば難しくはないでしょう。(若干間違いやすい問題ではありますが。)

問2は消去法で選択肢①が答えを選べるかどうかがポイントです。(選択肢②~④はできてほしい問題)

 

 

 

 

 

ウ 共通テスト地学基礎(2021年)を塾講師が解いてみた③(第3問)

→B問題は少しひねった問題があった

 

共通テスト地学基礎(2021年)の第3問は(13点)で、宇宙に関する問題が出題されました。

 

A 太陽と地球

 

問1は現在の太陽は主系列星であることを問われた問題で、これは知識問題です。

問2は細かい内容ですが、過去何回か出ている内容ですので過去問を解いている人はできた問題でしょう。

 

 

B 天体の観測

 

問1は写真から渦巻銀河を選ぶ問題ですが、仮に名前を知らなくても写真を見れば何となく答えは出たかもしれません。

問2は円の面積比を使えばできる問題です。(問題の見た目は難しそうですが、答えは割と簡単に出ます。)

 

豊橋の個別指導塾「とよはし練成塾」

TEL(0532)-74-7739