大学入試共通テスト(2021年)現代社会の問題を塾講師が解いてみた【730記事目】

 

 

 

大学入試共通テスト(2021年)現代社会の問題を塾講師が解いてみた感想について豊橋の学習塾の教室長の西井が紹介していきます。(この記事は730記事目です。)

*赤本などの共通テストの問題を見ながらこの記事を見ていくことをおすすめします。

 

 

①共通テスト現代社会を解いた全体的な感想は?

【動画】【勉強法】現代社会を3ヶ月で爆伸ばしする方法【現社】

 

 

 

ちゃちゃ丸
初年度の共通テストの現代社会はどんな感じだったのかニャー?
モモ先生
センター試験と比べると平均点はほぼ同じでした。

 

 

ア 共通テスト現代社会(2021年)の全体的な感想は?

→センター試験とほぼ同じ平均点だった

 

共通テスト現代社会の問題は、

・文章量の増加とグラフと図の読み取りの増加
・センター試験よりも細かい内容が何問かあった
・大問数及び設問数の減少

など傾向が変わりましたが、平均点はセンター試験とほぼ同じでした。

これは資料問題はきちんと読めばできる問題であるため、難易度が高い問題があっても他でカバーできてトータル同じような点数になったと考えられます。

 

 

イ 2022年度の共通テスト現代社会はどうなる?

→今年度とほぼ同じ難易度

 

来年度2022年度の共通テスト現代社会は今年度並みと予想します。

共通テストはセンター試験とは違い、文章や表・グラフなどを読み解く問題が増えました。

そういった問題に対応するには、基礎固めを早めに終え、その後は数多くの問題を解いて慣れていく必要があります。

そのため、初年度の共通テストの問題を解くことはもちろん、センター試験の過去問や予備校の予想問題集などを積極的に解くようにしましょう。

 

豊橋の個別指導塾「とよはし練成塾」

TEL(0532)-74-7739

 

 

 

 

②共通テスト現代社会(2021年)を解いた感想は?

【動画】現代社会の勉強法。共通テスト9割超がとれる(大学受験勉強法)

 

 

 

ちゃちゃ丸
共通テスト現代社会(2021年)の問題ごとの感想を知りたいニャー
モモ先生
ここでは共通テストの問題を解いていった感想について言っていきますよ。

 

 

ア 共通テスト現代社会(2021年)を塾講師が解いてみた①(第1問)

→問1が倫理的な内容で戸惑った人が多かった可能性あり

 

共通テスト現代社会(2021年)の第1問は(26点)「民主政治の基本原理及び法と社会」が出題されました。

問1はアは「恩賜的民権」、イは「外発的」、ウは「天下国家も独立」がヒントになります。

問2はカードⅠとカードⅡの関連性を答える問題ですが、それほど難しくはありません。

問3はAは簡単ですが、Bは中国の政治制度を知っているかが問われました。

問4、問5、問7はセンター試験でも出た問題のため、確実にできてほしい問題です。

問6は正解の選択肢がやや細かい内容であったため、消去法でたどりつけたかどうかがポイントになってきます。

 

 

イ 共通テスト現代社会(2021年)を塾講師が解いてみた②(第2問)

→問3と問5は細かい内容が問われた

 

共通テスト現代社会(2021年)の第2問は(16点)「循環型社会の形成と政治制度」が出題されました。

問1は3Rの問題で、リデュースが一番大事なのは過去何回か問われているのでできて欲しい問題です。

問2は様々な投票方法により保存する建物を選ぶ問題です。

文章をよく読めばできる問題ですが、難易度は高めです。

問3はaの空欄が細かい内容のため、迷った人がいるかもしれません。

問4はイのアニミズムの意味が分かれば、難しくはないでしょう。

問5は一般特恵関税の意味が少し細かった内容です。

 

 

 

 

ウ 共通テスト現代社会(2021年)を塾講師が解いてみた③(第3問)

→グラフの読み取り問題や表のあてはめ問題は難しい

 

共通テスト現代社会(2021年)の第3問は(27点)「国民経済と労働問題」が出題されました。

問1はグラフの読み取り問題です。

バブル景気によりGDPが上がっていったことを知っていれば難しくはないでしょう。

問2はGDPの意味が問われました。

問3は少し細かい問題ですが、非関税障壁の意味が問われました。

問4はビルトインスタビライザーの意味を知っていればできた問題です。

問5・問6は公共財の性質について問われました。(問6はやや難)

問7は労働市場による需要・供給が問われ、通常の需要・供給ととらえ方が逆になるので要注意です。

問8はできて欲しい問題です。(過去何度か問われています。)

 

 

エ 共通テスト現代社会(2021年)を塾講師が解いてみた④(第4問)

→形は変わっているが、問われている中身は過去問と似ている

 

共通テスト現代社会(2021年)の第4問は(19点)「青年期と社会」が出題されました。

問1はアルファベットを並べて用語を作る問題です。

ウの「QOL」と「SOL」の区別が難しかったでしょう。

問2は反動形成と抑圧、置き換えの意味を問う問題でした。

問3は臓器移植の問題で、過去何度か出題されています。

問4は正解の選択肢3がどこが違うのかを見つけるのが難しいです。

問5は学者及び用語の意味をおさえておけばできたでしょう。

問6は「WTO」が自由貿易を促進するための機関であることを知っていたかどうかが問われました。

 

 

 

 

 

オ 共通テスト現代社会(2021年)を塾講師が解いてみた⑤(第5問)

→資料の読み取り問題のみ出題された

 

共通テスト現代社会(2021年)の第5問は(12点)「課題探究学習(買い物弱者問題)」が出題されました。

問1・問2は資料をじっくりと読めばできる問題ですが、資料や文章量が多く読み込むのに時間がかかったかもしれません。

問3はaからcまで文章がそれぞれ「小さな政府」「大きな政府」のどちらの考えに近いかを答える問題です。

ここも落ち着いて解いていけば難しくはないでしょう。

 

豊橋の個別指導塾「とよはし練成塾」

TEL(0532)-74-7739