共通テストの目標点の決め方は?(9割・8割・7割・6割得点別)【727記事目】

 

 

 

共通テストの目標点の決め方は?(9割・8割・7割・6割得点別)について豊橋の学習塾の教室長の西井が紹介していきます。(この記事は727記事目です。)

 

 

①共通テストの各科目の点数配分の決め方は?

【動画】共通テスト各科目の点数配分を決める!皮算用にならない点数の稼ぎ方!!|受験相談SOS

 

 

 

ちゃちゃ丸
共通テストでボーダーにいくためにどういう点数配分をすればいいかを知りたいニャー
モモ先生
平均点や点の取りやすさから点数を調節していきましょう。

 

 

ア 2021年度の共通テストの平均点は?

→英語、社会などは比較的点数が取りやすい

 

最初に2021年度の共通テストの主な科目の平均点から見ていきます。

①英語 リーディング58.80点・リスニング56.16点
②数学 数学ⅠA57.68点・数学ⅡB59.93点
③国語 117.51点
④地歴公民 日本史B64.26点・世界史B63.49点・地理B60.06点・現代社会58.40点・倫理政経69.26点
⑤理科 化学基礎24.65点・生物基礎29.17点・物理62.36点・化学57.59点・生物72.64点

 

今回の結果および2017年~2020年のセンター試験の各教科の平均点を考慮すると、

①点が取りやすい科目 世界史B・日本史B・地理B・倫理政経・生物基礎・物理・英語リーディング
②年度によって難易度が大きく変わる科目 国語・数学ⅠA・化学基礎・生物・英語リスニング
③点が取りにくい科目 現代社会・数学ⅡB・化学

となります。

 

 

イ 自分の得意・苦手科目にも左右される

→得意科目は高めに、苦手科目は低めに目標点数を設定しよう

 

また、受験生の皆さんはそれぞれ得意科目、苦手科目があると思います。

例えば、文系の生徒で、英語・国語・社会が得意で、理科・数学が苦手な場合は得意科目の目標点数を高めに設定し、苦手科目の点数を低めにするといったことをしていく必要があります。

このように共通テストの目標点数は、テストの難易度得意・不得意科目などを考慮して考えていくとよいでしょう。

 

豊橋の個別指導塾「とよはし練成塾」

TEL(0532)-74-7739

 

 

 

 

②共通テストの目標点数はどこで分かる?

 

ちゃちゃ丸
そもそも共通テストの目標点はどうやって知ればいいのかニャー?
モモ先生
河合塾や旺文社のHPで点数を確認することができますよ。

 

 

目標点数の決め方は分かったとしても、そもそも志望する大学(学部)は本番で何点とればいいかが分からないと目標の立てようがありません。

ですが、河合塾や旺文社のHPを見ると、各大学(学部)のボーダー得点率が載っていますので、それを参考にするといいでしょう。

 

ア 旺文社の大学受験パスナビ

→大学名を入力するだけで結果が出るので検索しやすい

 

旺文社の「大学受験パスナビ」の中に「共通テスト得点率一覧」というサイトがあります。

ここで大学名を入力して検索すると志望する大学・学部の共通テスト得点率と必要偏差値が表示されます。

 

 

イ 河合塾の入試難易予想ランキング表

→一覧表を印刷できる

 

河合塾のHPの中には、「入試難易予想ランキング表」というサイトがあります。

ここでは学部別、大学別(地域別)に分かれており、またプリントアウトして使えます。

そのため、似たような偏差値や地域の大学を比較することもできるため非常に使いやすいです。

 

豊橋の個別指導塾「とよはし練成塾」

TEL(0532)-74-7739

 

 

 

 

③共通テストのおすすめの目標点数は?

 

ちゃちゃ丸
共通テストのおすすめの目標点数を知りたいニャー
モモ先生
ここでは点数別に科目別の目標点を見ていきましょう。

 

 

ア 共通テストのおすすめの点数配分①(文系)

→英語・社会・理科基礎は高めに設定

 

英語R英語L数学ⅠA数学ⅡB国語日本史B世界史B生物基礎化学基礎合計
5555505012070703535540
7065656013580754040630
8575757015585854545720
9090908517595954545810

 

上から6割(540点)、7割(630点)、8割(720点)、9割(810点)の目標点としたときの点数配分です。(英語はリーディング:リスニングを1:1としています。)

文系の場合は、英語・社会・理科基礎で高めの点数設定にしています。

一方で点数が読めないリスニング、国語(特に現代文)や難易度の高い数学ⅡBは少し低めにしています。

 

 

イ 共通テストのおすすめの点数配分②(理系)

→英語・数学・理科は高めに設定

 

英語R英語L数学ⅠA数学ⅡB国語地理B物理化学合計
55557065110556565540
70658075130608070630
80759085145709085720
90909595175809590810

 

上から6割(540点)、7割(630点)、8割(720点)、9割(810点)の目標点としたときの点数配分です。(英語はリーディング:リスニングを1:1としています。)

理系の場合は、英語・数学・理科で高めの点数設定にしています。

一方で手が回りにくい国語や地理Bは低めの点数設定にしています。

理系の場合、二次試験の科目が「英語+数学+理科」であることが多いため、共通テストでまずは高得点が取れるようにする必要があります。