【共通テスト古文】おすすめ参考書・問題集⑤「富井の古文読解をはじめからていねいに」【658記事目】

 

 

【共通テスト古文】おすすめ参考書・問題集⑤「富井の古文読解をはじめからていねいに」の使い方について豊橋の学習塾の教室長の西井が紹介していきます。(この記事は658記事目です。)

 

 

「富井の古文読解をはじめからていねいに
①対象者 古文の読解方法を知りたい受験生
②特徴 古文の読解方法が分かりやすく書かれている

 

 

①「富井の古文読解をはじめからていねいに」とはどのような参考書か?

【動画】富井の古文読解をはじめからていねいにの使い方【古典参考書メソッド】

 

 

 

ちゃちゃ丸
「富井の古文読解をはじめからていねいに」はどのような参考書なのかニャー?
モモ先生
古文の読み方について詳しく書かれている参考書ですよ。

 

 

ア「富井の古文読解をはじめからていねいに」とはどんな参考書か?

→古文の読み方について詳しく書かれている参考書

 

「富井の古文読解をはじめからていねいに」は、東進ブックスから出版されている古文読解のテクニックについて書かれている参考書です。

この本は、古文の問題集というよりも、

・主語の省略と見抜き方

・会話文を見抜く

・敬語から主語を判断する

といったように、古文の内容を理解できるためのテクニックについて詳しく書かれている参考書です。

また、古文常識やジャンル(説話・物語など)の読み方についても載っています。

 

 

 

 

イ「富井の古文読解をはじめからていねいに」を使うべき人は?

→本格的に古文読解を始めたい受験生向け

 

「富井の古文読解をはじめからていねいに」を使うべき人は、本格的に古文読解を始めたい受験生です。

古文単語や古典文法の勉強を終えた人は、「そろそろ共通テストの問題を解いてみようかな」と思うかもしれません。

しかし、単語や文法を覚えただけではスラスラと文章を読めるようにはなりません。

それは、古文には主語の省略が多いため、「誰が何をした」というのを意識しないと、話の内容が分からなくなってしまうからです。

そのため、古文読解に入る前に、この本で読解のテクニックを学んでいきましょう。

そうすることで、スムーズに過去問演習に取り組むことができます。

 

豊橋の個別指導塾「とよはし練成塾」

TEL(0532)-74-7739

 

 

 

 

②共通テスト古文対策向けおすすめ古典読解問題集は「富井の古文読解をはじめからていねいに」で決まり!

 

ちゃちゃ丸
「富井の古文読解をはじめからていねいに」はどういう点がおすすめなのかニャー?
モモ先生
解説が詳しく、独学でも使いやすい点がおすすめですよ。

 

 

ア「富井の古文読解をはじめからていねいに」が共通テスト古文のおすすめ古典読解問題集である理由①(講義調で書かれているため読みやすい)

→話し言葉で書かれているためスラスラと読むことができる

 

「富井の古文読解をはじめからていねいに」が共通テスト古文おすすめの古典読解問題集である理由の一つ目は、「講義調で書かれているため読みやすい」からです。

この本は講義調(話し言葉)で書かれています。

具体的には、富井先生と猫(生徒役)の会話のやり取りで文が成り立っています。

そのため受験生のみなさんからすると、非常に読みやすい構成となっています。

 

 

イ「富井の古文読解をはじめからていねいに」が共通テスト古文のおすすめ古典読解問題集である理由②(様々なテクニックが載っている)

→古文読解に必要な様々なテクニックが載っている

 

「富井の古文読解をはじめからていねいに」が共通テスト古文のおすすめ古典読解問題集である理由の二つ目は、「様々なテクニックが載っている」からです。

具体的には、

・省略された主語の見抜き方
・会話文、心中表現文の見抜き方
・敬語から動作主を判断する
・古文常識(恋愛・生活・官位など)
・ジャンル(説話・物語・日記・随筆)ごとの読み方

について詳しく書かれています。

そのため、これらのテクニックを学ぶことで、古文の内容は分かるようになるでしょう

 

豊橋の個別指導塾「とよはし練成塾」

TEL(0532)-74-7739

 

 

 

 

 

③共通テスト古文対策向けおすすめ古典読解問題集「富井の古文読解をはじめからていねいに」の使い方は?

 

ちゃちゃ丸
「富井の古文読解をはじめからていねいに」はどうやって使っていけばいいのかニャー?
モモ先生
最初に一通り読み、その後は古文読解で行き詰まった時に読むようにしましょう。

 

 

ア「富井の古文読解をはじめからていねいに」の使い方は?

→最初に2回読み、その後は定期的に目を通すようにしよう

 

ここでは「富井の古文読解をはじめからていねいに」の使い方についてみていきます。

この本の使い方は、まずは一通り読み古文読解のテクニックを学んでいきます。

一回読んだら2回目は、第2章・第3章→第1章→第4章の順に読んでいきましょう。

こうすることで、まずジャンルごとの読み方が確認でき、その後主語の省略や会話文の見抜き方について確認ができます。

その後は過去問演習などをしている際に、古文の内容がよく分からない時に再度この本を読むようにして下さい。

何度か目を通すことで少しずつ古文読解の解き方が分かるようになります。

 

豊橋の個別指導塾「とよはし練成塾」

TEL(0532)-74-7739

 

「共通テスト勉強法」記事一覧はこちら