【共通テスト英語リーディング】おすすめ参考書・問題集④「高校英文読解をひとつひとつわかりやすく」【631記事目】

 

 

 

【共通テスト英語リーディング】おすすめ参考書・問題集④「高校英文読解をひとつひとつわかりやすく」の使い方について豊橋の学習塾の教室長の西井が紹介していきます。(この記事は631記事目です。)

 

「高校英文読解をひとつひとつわかりやすく
①対象者 英文解釈の練習をしたい受験生
②特徴 他の英文解釈問題集よりも難易度は易しめであるため使いやすい

 

 

①「高校英文読解をひとつひとつわかりやすく」はどのような英文解釈問題集か?

【動画】初心者用【英文読解本】3選!10題ドリルと、、、!?

 

 

 

ちゃちゃ丸
「高校英文読解をひとつひとつわかりやすく」とはどんな問題集なのかニャー?
モモ先生
左ページに説明が、右ページに練習問題がある英文解釈の問題集ですよ。

 

 

ア「高校英文読解をひとつひとつわかりやすく」とはどんな問題集か?

→SVOCなどの文の構造を理解するための問題集

 

「高校英文読解をひとつひとつわかりやすく」とは、学研から出版されている英文解釈の問題集です。

一つの内容を見開き2ページで終わるような構成となっています。

左ページに説明が、右ページに解説があり、一問ごとに詳しい解説があるのが特徴です。

また、音声CDがついていること、別冊の解答は赤字で答えが書かれているため、赤シートで隠して英文解釈の練習ができることなどもおすすめポイントです。

 

 

 

 

イ「高校英文読解をひとつひとつわかりやすく」を使うべき人は?

→共通テストの文章を読むための精読力が身につく

 

「高校英文読解をひとつひとつわかりやすく」を使うべき人は、英文法の復習を終えた人です。

共通テストは80分で4000語読まないといけません。

ですので、英文を早く読む練習、すなわち速読の練習が必要になってきます。

ただ、文章を速く読めるようにするには、まずは時間をかけて一つ一つの文章をじっくり読む、精読の練習をする必要があります。

SVOCや関係詞、不定詞、倒置などを意識して文章の意味を正確に理解できないと素早く読めるようになりません。

ですので、英文法の復習をした後は、英文解釈の練習をして文の構造をつかむ練習をするようにしましょう。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 15:00~22:00

 

 

 

 

②共通テスト英語リーディング用おすすめ英文解釈問題集は「高校英文読解をひとつひとつわかりやすく」で決まり!

 

 

ちゃちゃ丸
「高校英文読解をひとつひとつわかりやすく」はどういう点がいいのかニャー
モモ先生
レベルごとに分かれていることと、解説が詳しいところがオススメのポイントですよ。

 

 

ア「高校英文読解をひとつひとつわかりやすく」が共通テスト英語リーディング用おすすめ英文解釈問題集である理由①(文章中に出てくる英単語が難しくない)

→英単語の意味が分からないと文の構造を理解しづらい

 

「高校英文読解をひとつひとつわかりやすく」が共通テスト英語リーディング用おすすめ英文解釈問題集である理由の一つ目は、「文章中に出てくる英単語が難しくない」からです。

英文解釈用の教材(特に大学入試用)の中には「基礎」「入門」といいながら、出てくる英単語のレベルが結構高いことがあります。

ただ、そうなると初学者の場合、そもそもの文章の意味が分かりづらく、それが続くとやがて挫折してしまいます。

一方で、この本に出てくる文章の英単語は易しめ(高1レベル)のものが多いため、文の意味が理解しやすいです。

ですので英文解釈の最初の1冊目に使う教材としておすすめです。

 

 

イ「高校英文読解をひとつひとつわかりやすく」が共通テスト英語リーディング用おすすめ英文解釈問題集である理由②(問題数が少なく短時間で仕上げることができる)

→共通テスト対策としてはやはり長文読解やリスニングに時間をかけたい

 

「高校英文読解をひとつひとつわかりやすく」が共通テスト英語リーディング用おすすめ英文解釈問題集である理由の二つ目は、「問題数が少なく短時間で仕上げることができる」からです。

この問題集は、問題文が短く、英単語のレベルも易しいため比較的短い時間で終えることができます。

そのため、すぐに英文解釈の内容を復習することができるでしょう。

共通テストの英語の対策としては、やはり長文読解とリスニングの対策がメインとなってきます。

そのため、英文解釈にはあまり時間をかけずに終えたいので、そういう意味でもこの問題集はオススメです。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 15:00~22:00

 

 

 

 

③共通テスト英語リーディング用おすすめ英文解釈問題集「高校英文読解をひとつひとつわかりやすく」の使い方は?

 

 

ちゃちゃ丸
「高校英文読解をひとつひとつわかりやすくはどうやって使っていけばいいのかニャー?
モモ先生
まずは右ページにある問題を解き、できなかった問題は解説や左ページの説明をしっかりと読むようにしましょう。

 

 

ア「高校英文読解をひとつひとつわかりやすく」を解く前にすべきことは?

→英文法の復習をしっかりとやろう

 

「高校英文読解をひとつひとつわかりやすく」を解く前にやってほしいことがあります。

それは英文法の復習をしっかりとすることです。

この本には、「関係詞」「比較」「倒置」など英文法の知識を前提として説明がされています。

そのため、英文解釈の前に英文法の復習をしっかりとやらないと、十分に理解できずに終わってしまう可能性があります。

ですので、「英文法レベル別問題集③④」などの英文法問題集を使ってしっかりと復習するようにしましょう。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

イ「高校英文読解をひとつひとつわかりやすく」の使い方は?

→解説をしっかりと読み、「なぜそうなるのか?」をしっかりと理解しよう

 

この本の使い方は、

①右ページの問題を解く
②答え合わせをする
③できなかった問題は解説及び左ページの説明を読み、人に説明ができるレベルまで理解度を高める

といった流れで解いていくとよいでしょう。

機械的に解くのではなく、必ず「なぜこうなるのか?」を意識しながら解くようにして下さい。

 

 

 

 

ウ「高校英文読解をひとつひとつわかりやすく」を解くペースは?

→最初に(1)を解いていこう

 

「高校英文読解をひとつひとつわかりやすく」を解くペースとしては、1冊あたり1週間~2週間がおすすめです。

この本は全部で45単元あります。

そして一つの単元ごとに問題が4~5問あります。

解き方のおすすめとしては、順番に解くのではなく、横に解いていくとよいでしょう。

例えば、この本の最初の単元は「01前置詞が率いるカタマリ」で、問題は(1)から(5)まで5問あります。

その5問を一気に解くのではなく、(1)だけ解いたら丸付けをし、次の単元「02SVC?それともSVO」にいきます。

ここでも(1)だけを解いたら次の単元にいきます。

こうやって(1)だけを最初に解くことで、素早く問題集を一周回すことができます。

そして(1)の問題が全て終わったら、次に(2)の問題を解いていきます。

こうすることで何周も回すことができ、復習の回数も自然と増えていきますのでおすすめです。

また、一日に解くペースは15問(15単元)がいいでしょう。

こうすることで3日で1周回すことができます。

これを(5)までやっていけば15日で全ての問題を解き終えることができます。

その後は間違えた問題をしっかりと復習するようにして下さい。

ここに出てくる問題が完璧になれば、精読力はかなりついていくでしょう。

 

 

エ「高校英文読解をひとつひとつわかりやすく」を解き終えたら次は何をする?

→引き続き精読をして文章の構造を理解できるようにしよう

 

「高校英文読解をひとつひとつわかりやすく」を解き終えたら、引き続き英文解釈の勉強に入っていきます。(時間がない場合は共通テストの問題集でもOK)

この本よりも少し難しめの問題集である土橋弘昌の英文読解が面白いほどできる基礎ドリル」は中堅私大で出た文章が中心に載っています。

また、この本は単語のレベルもぐっと上がっていきますので、しっかりと練習するようにしましょう。

そして、ここからは英文解釈の練習と同時に速読の練習をしていくとスムーズに共通テストの問題に取り掛かることができるでしょう。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 15:00~22:00

 

 

「共通テスト勉強法」記事一覧はこちら