【高校生定期テスト化学】おすすめ参考書・問題集(1)「リードLightノート化学」【618記事目】

 

 

【高校生定期テスト化学】おすすめ参考書・問題集(1)「リードLightノート化学」の使い方について豊橋の学習塾の教室長の西井が紹介していきます。(この記事は618記事目です。)

 

「リードLightノート化学
①対象者 定期テストや共通テスト対策を始めたい高校生
②特徴 問題量が多くいろいろなパターンに慣れることができる。

 

 

①「リードLightノート化学」とはどのような物理問題集か?

【動画】リードLightノート 化学基礎 & 化学|武田塾厳選! 今日の一冊

 

 

 

ちゃちゃ丸
「リードLightノート化学」はどのような問題集なのかニャー?
モモ先生
教科書レベルの化学の問題が一通り載っている問題集ですよ。

 

 

ア 「リードLightノート化学」とはどんな問題集か?

→定期テスト対策だけでなく、受験勉強の基礎固めとしても使える問題集

 

「リードLightノート化学」は、数研出版から出版している化学の問題集で、定期テスト対策だけでなく、受験勉強の基礎固めとしても使える問題集です。

高校で準教材として使っている学校も多く、書き込み式であるのが特徴です。

問題の難易度は教科書レベルのものが中心であるため、特に定期テスト対策として使う教材です。

また、「化学(発展)」を受験で使う生徒が、化学の復習をする上で最初の1冊として使うべき問題集ともいえます。

 

 

 

 

イ 「リードLightノート化学」を使うべき人は?

→化学の基礎を固めたい人はこの1冊から始めよう

 

「リードLightノート化学」を使うべき人は、高2・3生や化学の受験勉強を始める受験生です。

この本は定期テスト対策用の教材ですので、学校の問題集を解き終えた人や、学校の問題集では難しすぎて全く手につかない人はこの問題集を使っていくとよいでしょう。

また、「リードLightノート化学」は穴埋め形式や基礎CHECKで用語の確認ができますので、まずはそこをしっかりとできるようにしていきましょう。

化学の定番の問題集としては「化学重要問題集」などがありますが、基礎がない生徒がこのような問題集から始めてしまうと消化不良で終わってしまうこともあります。

ですので、まずは「リードLightノート化学」を完璧にすることから始めていきましょう。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

 

 

②高校生の定期テスト対策化学問題集は「リードLightノート化学」で決まり!

 

ちゃちゃ丸
「リードLightノート化学」のおすすめポイントを知りたいニャー
モモ先生
定期テストに出る問題が一通り載っていますよ。

 

 

ア「リードLightノート化学」がおすすめ化学問題集である理由①(基礎固めに適している)

→教科書レベルの問題が中心に載っている

 

「リードLightノート化学」が高校化学の定期テスト対策向け問題集としておすすめな理由の一つ目は、「基礎固めに適している」問題集だらです。

この本は、大きく

①要項、基礎CHECK(用語の確認)
②基本例題
③Let`s Try
④編末問題(応用問題)

に分かれています。

上の①~③までは教科書レベルの基本問題で問題数が非常に多いのが特徴です。(④の編末問題はあまり問題数はありません。)

難易度の高い問題がないため、初学者でも取り組みやすい問題集といえます。

ここに出てくる問題をしっかりとできるようにすることで、基礎力は確実についてくるでしょう。

 

 

イ「リードLightノート化学」がおすすめ化学問題集である理由②(用語の確認ができる)

→問題を解く前に用語の意味を完璧にしよう

 

「リードLightノート化学」が高校化学の定期テスト対策向け問題集としておすすめな理由の二つ目は、「用語の確認ができる」問題集だらです。

この本は問題集ですが、各単元の初めに用語の確認ができます。

最初の要項(まとめ)では穴埋め形式で用語の意味を確認できますし、基礎CHECKでは一問一答式で用語や基本問題を確認することができます。

ここが完璧にできていないと、問題を解いても理解できなくなってしまうことがあるため、まずは用語及び基本問題が即答できるできるまで仕上げるようにして下さい。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

 

 

③高校生の定期テスト対策化学問題集「リードLightノート化学」の使い方は?

 

ちゃちゃ丸
「リードLightノート化学はどうやって使っていけばいいのかニャー?
モモ先生
最初になぜこの公式になるのかを理解するところから始めましょう。

 

 

ア 「リードLightノート化学」の使い方は?

→なぜそうなるのか?を理解しながら解いていこう

 

A 用語の暗記、公式の理解

ここでは定期テスト対策向けの基礎固め用問題集である「リードLightノート化学」の使い方についてみていきます。

この本の使い方は、

①「要項」の穴埋め問題を解く
②「基礎CHECK」を解き、用語や基本問題を完璧にする
③「基本問題」を解き、よく出る問題のパターンに慣れる
④「Let`s Try」を解き、様々な問題パターンに慣れる

です。

最初に「要項」と「基礎CHECK」で用語の確認と基本問題の確認をしていきましょう。

ここを完璧にしてから、次の「基本問題」に入るようにして下さい。

知識があいまいなままではいつまでたってもできるようにはなりません。

 

 

B 基本問題のマスター

 

用語の定義を覚え、公式を理解したらここからは問題を解いていきます。

「基本例題」や「Let`s Try」を解き、様々な問題に慣れていきましょう。

そして、間違えた問題は解説をしっかりと読み、理解をするようにして下さい。(物理に比べて解説が分かりにくいところもあるので、その場合は参考書を読む、学校の先生に聞くなどして疑問点を解決していきましょう。)

何度も繰り返し解き、瞬間的に解けるようにしていきましょう。

 

 

イ 「リードLightノート化学」の問題が解けないときは?

→分からない問題はそのままにせず、解説などを読んで理解するようにしよう

 

「リードLightノート化学」の問題が解けないときは、

①解説をしっかりと読む
②公式や定理を再確認する
「橋爪のゼロから劇的!にわかる理論化学(有機・無機化学)の授業」などの参考書を読む
④学校の先生や塾の先生、友達に聞く
⑤YouTubeの無料授業動画を見る

といった手段があります。

分からない問題は分からないままにしておくのではなく、人の力を借りるなどして必ず解決するようにしましょう。

化学は物理と同様、理屈が分からないと全く解くことができないため、必ず内容を理解するようにして下さい。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

 

 

④塾講師が「リードLightノート化学」を解いてみた

 

最後に、塾講師の西井が実際に「リードLightノート化学」を解いてみた感想について話していきます。

私は学生時代で文系クラスに所属していたため、化学(発展)は学校で習っていません。(厳密に言えば、旧課程の「化学ⅠB」だけは高1の時に授業を受けています。)

ただ、塾講師になってからは独学で化学の勉強をしました。

今回、久々に「リードLightノート化学」を解いてみましたが、知識があいまいなところがところどころありました。

そのため、言葉の意味や公式を覚えたり、「なぜそうなるのか?」といった根本的な理解を深めたりすることを徹底的に行いました。

また、解く順番も順番通り解くのではなく、

①各章の「要項」を理解する
②「基礎CHECK」の第1編~第5編を解く
③「基本例題」の第1編~第5編を解く
④「Let`s Try」の第1編~第5編を解く

の順で進めていきました。

こうすることで、「理論→無機→有機→高分子」の順で何周も回すことができます。

また、内容が今一つ分からないところは、「橋爪のゼロから劇的!にわかる化学の授業」を読んだり、YouTubeで化学に関する授業動画を見たりして内容を理解していきました。

少しでも疑問に思ったことは、参考書やネットなどで調べていったことや、できなかった問題を繰り返し解いていったこと、無機や有機の暗記事項を繰り返し覚え直したことで、化学の力がついていきました。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

「定期テスト勉強法、高1・2受験勉強法」記事一覧はこちら