【高校生定期テスト】物理で9割取るための勉強法、おすすめ問題集・参考書は?【617記事目】

 

高校生の定期テストの物理で9割取るための勉強法、おすすめ問題集・参考書について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は617記事目です。)

 

 

①高校生が定期テスト物理で9割以上取るための勉強法は?

【動画】苦手な物理で点数を取れるようになった勉強方法を教えます!

 

 

ちゃちゃ丸
どうすれば定期テストの物理で高得点を取れるのかニャー?
モモ先生
「なぜそうなるのか?」をしっかりと考えながら問題を解くとよいでしょう。

 

 

ア 高校生が定期テストの物理で9割以上取るための勉強法①(教科書を読んで内容を思い出す)

→教科書や参考書などを読んで習った内容を思い出そう!

 

高校生が定期テストの物理で9割以上取るための勉強法の一つ目は、「教科書を読んで内容を思い出す」ことです。

いきなり問題集を解こうとすると、公式や用語を忘れている可能性が高いです。

そうなると、できない問題が続いてしまい、ひいては勉強へのやる気を失ってしまいます。

そのため、まずは、教科書やノート、参考書を読み、授業で習った内容を思い出していきましょう。

 

 

イ 高校生が定期テストの物理で9割以上取るための勉強法②(基本問題を完璧にする)

→いきなり応用問題に取り組まないこと

 

高校生が定期テストの物理で9割以上取るための勉強法の二つ目は、「基本問題を完璧にする」ことです。

学校で使っている問題集などは、基本的な問題から難しい問題まで幅広いレベルの問題が載っています。

ただ、解く際に気を付けてほしいのは、最初から難しい問題に取り組まないことです。

公式を覚えていないのに、基礎ができていないのに応用問題ができるはずがありません。

そのため、まずは基本問題を完璧にできるようにしましょう。

また、問題集を解く際に気を付けてほしいことは、「教科書や参考書を見ながら解かない」ことです。

教科書や参考書を見ながら解くと、なんとなく「できた」気になってしまいます。

ただ、テスト本番では教科書を見ながら解くことはできませんので、思ったほど点数が取れないということになりかねません。

問題集を解く時には必ず自力で解くようにしましょう。

 

 

 

 

ウ 高校生が定期テストの物理で9割以上取るための勉強法③(「なぜそうなるのか?」を理解する)

→丸暗記をせずに原理原則をしっかりと理解しよう

 

高校生が定期テストの物理で9割以上取るための勉強法の三つ目は、「なぜそうなるのか?」を理解することです。

物理は覚える量は少ないですが、その分根本原理を理解していないと高得点を取ることは難しい科目です。

そのため、問題を解く際には、「なぜそうなるのか?」ということを常に意識して解くようにしましょう。

「なぜ、この物体には●●力と●●力が関わってくるのか?」

「なぜ、この問題でこの公式を使うのか?」

このようなことを意識しながら問題を解いていくと理解度が高まってきます。

なお、解説等を読んでも分からない場合は、教科書や参考書で調べるか、学校の先生や塾の先生に聞くようにしましょう。

 

 

エ 高校生が定期テストの物理で9割以上取るための勉強法④(テスト前日・当日の勉強法)

→解き方を忘れていないかどうか再度確認をしよう

 

高校生が定期テストの物理で9割以上取るための勉強法の四つ目は、「テスト前日・当日に再度復習をする」ことです。

物理は一旦分かりさえすれば解き方を忘れにくい科目です。

ただ、念のためテスト前日や当日も再度見直しをするようにして下さい。

ただ、前日や当日は他の教科の見直しもあるため、物理に関しては、

・1回目でできなかった問題
・解き方があいまいな問題

を中心に短時間で見直すようにしましょう。(ただ、難関大学を志望している人や指定校推薦等を狙っている人は満点が取れるようにしっかりと勉強してください。)

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

 

 

②高校生が定期テスト物理で9割以上取るためののおすすめ参考書・問題集は?

 

ちゃちゃ丸
定期テスト向けの物理のおすすめ参考書・問題集を知りたいニャー
モモ先生
ここでは定期テスト物理のおすすめ参考書や問題集について紹介していきます。

 

 

ア 高校生の定期テスト物理のおすすめ参考書・問題集①(リードLightノート物理)

→教科書レベルの問題が並んでいる解説の詳しい問題集

 

高校生の定期テスト物理おすすめ参考書・問題集の一つ目は、「リードLightノート物理」です。

この本は、大きく

①基礎CHECK(公式の確認)
②基本例題
③Let`s Try
④編末問題(応用問題)

に分かれています。

上の①~③までは教科書レベルの基本問題で問題数が非常に多いのが特徴です。(④の編末問題はあまり問題数はありません。)

難易度の高い問題がないため、初学者でも取り組みやすい問題集といえます。

ここに出てくる問題をしっかりとできるようにすることで、基礎力は確実についてくるでしょう。

 

関連記事

 

 

イ 高校生の定期テスト物理のおすすめ参考書・問題集②(セミナー物理・アクセス物理)

→定期テスト対策だけでなく、受験勉強の基礎固めとしても使える問題集

 

高校生の定期テスト物理おすすめ参考書・問題集の二つ目は、「セミナー物理・アクセス物理」です。

「セミナー物理」や「アクセス物理」は、多くの進学校で使っている物理の問題集です。

学校で使っている問題集であるため、定期テストの範囲になり似たような問題がテスト本番で出題されます。

問題の難易度は教科書レベルから難関入試レベルまで様々あり、また問題数が極めて多いのが特徴です。

ですので、定期テスト対策として使う場合には、まずは基礎問題を完璧にするようにしましょう。

 

 

 

関連記事

 

 

 

 

ウ 高校生の定期テスト物理おすすめ参考書・問題集③(秘伝の物理講義)

→全ての単元を動画授業で見ることができる参考書

 

「ひとりで学べる秘伝の物理講義」は物理の参考書ですが、「力学・波動」編と「電磁気・熱・電子」の2冊に分かれています。

そしてこの本の最大の特徴は「全ての単元を動画授業で見ることができる」ことです。

市販の物理の参考書は分かりやすいものが多いですが、分かりやすく書こうとするあまり文章量が多くなりがちです。

そうなると長い文章を読み取ることができる力がないと、テキストに書いてある内容が理解することができなくなってしまいます。

ただ、この本は本に書いてある内容や補足内容を動画授業で分かりやすく説明してくれていますので、予備校や塾に行かずとも家で分かりやすい授業を受けることができます。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

エ 高校生の定期テスト物理おすすめ参考書・問題集④(坂田アキラの物理基礎・物理の解法が面白いほどわかる本)

→共通テスト対策だけでなく定期テスト対策にも使える参考書

 

「坂田アキラの物理基礎・物理の解法が面白いほどわかる本」は物理の参考書ですが、「力学・熱力学」編と「電磁気・波動・電子」の2冊に分かれています。

この本の特徴としては、

①イラストが豊富で見やすい
②途中式が数学並みに詳しく書かれている
③「なぜそうなるのか?」の説明が詳しい
④難しいことはあまり書かれていない

といったことがあります。

物理の参考書の中には、高校生が学ぶ内容を超えた内容が書かれていたり、数式がズラズラと書かれていたりと物理が苦手な人からすると分かりにくい構成になっているものもあります。

ですが、「坂田アキラの物理基礎・物理の解法が面白いほどわかる本」は非常にわかりやすく書かれているため、物理が苦手な人でも理解しやすい参考書と言えます。

 

 

 

 

 

関連記事

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

「定期テスト勉強法、高1・2受験勉強法」記事一覧はこちら