高2の1学期の定期テスト対策、大学入試の勉強法は?【584記事目】

 

高2の1学期の定期テスト対策、大学入試の勉強法について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は584記事目です。)

 

 

①高2の1学期の過ごし方、定期テストに向けた勉強法は?

【動画】【大学受験】本当に受かりたい高1高2生だけ見てください

 

 

 

ちゃちゃ丸
高2の1学期はどのような心構えをもって勉強していけばいいのかニャー?
モモ先生
徐々に入試勉強にかける時間を増やしていきましょう。

 

 

ア 高2生の1学期の過ごし方、勉強への心構え①(徐々に入試勉強の時間を増やしていく)

→少しずつ勉強時間を増やし、英語や数学の基礎を固めていこう

 

高2生の1学期の過ごし方、勉強への心構えの1つ目は、「徐々に入試勉強の時間を増やしていく」ことです。

みなさんは高校1年生の時に、

①英単語の暗記
②英文法の復習
③数学の典型問題の解法暗記

といった勉強を行っていきました。

そして、高2からは、

①英単語・英熟語の暗記
②英語構文の復習
③数学の典型問題の解法暗記
④古文・物理・化学などの復習(余裕があれば)

などを行っていきます。

そのため、高1のときよりも勉強時間を増やすようにしましょう。

そうすることで、高3になったときにいいスタートを切ることができます。

 

 

イ 高2生の1学期の過ごし方、勉強への心構え②(定期テストの勉強を続ける)

→量が多いので復習すべき単元を絞っていこう

 

高2生の1学期の過ごし方、勉強への心構えの2つ目としては、「定期テストの勉強を続ける」ことです。

高2になると、「世界史は受験で使わないから捨てよう」といったように、受験で使わない科目を切り出す人が出てきます。

しかし、そのような人たちの多くは、実は勉強から逃げたい人なのです。

例えば、テスト前の世界史の勉強に10時間かかるとします。

それを捨てることで、10時間時間が浮きます。

ただ、その10時間を他の科目の勉強に回す人はどれだけいるのでしょうか?

多くの人は、その10時間をスマホやテレビの時間に回してしまいがちです。

そうなっては元も子もありません。

また、世界史や家庭科、保体などの教科はしっかりと勉強しておくと実はいいこともあります。

それは、現代文や英語の長文では、世界史や健康についての文章が出ることがあります。

その際に、世界史などの知識があるとスムーズに読むことができるのです。

そのため、少なくとも高2が終わるまでは定期テストで捨て科目を作らないようにしましょう。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

 

 

②高2の1学期の大学入試に向けた勉強法は?

 

ちゃちゃ丸
高2の1学期の時期は入試勉強をどうやってやったらいいのかニャー?
モモ先生
引き続き英語と数学の基礎固めを中心とした勉強をしていきましょう。

 

 

ア 高2の1学期の大学入試対策勉強法は?①(全体編)

→英単語の暗記と数学の解法暗記を中心に進めていこう

 

高2の1学期は英単語の暗記数学の解法暗記をメインにやっていくとよいでしょう。

高1では易しめな英単語帳を使い基礎を固めていきました。

ここからは大学入試レベルの英単語帳を使って語彙力をつけていきます。

また、数学は高1の時と同じく今まで習った内容の復習を再度行っていきましょう。

ただし、理系の人は進度が速いため、それを踏まえて復習していくようにして下さい。

 

 

イ 高2の1学期の大学入試対策勉強法は?②(英単語の暗記)

→「必携英単語LEAP」を使って例文暗記をしよう

 

高2の1学期の大学入試対策勉強法の一つ目は、「英単語の暗記」です。

大学受験において最重要科目は英語です。

そして英語ができるためには、英単語の意味を真っ先に覚える必要があります。(「日本語」→「英語」までは時間がない場合にはできなくてもOKです。)

みなさんは高1のときに、「必携英単語LEAP Basic」などの基本的なレベルの英単語帳を使って暗記をしていきました。

そしてここからは大学入試レベルの英単語帳を使って英単語を覚えていきます。

おすすめの英単語帳は「必携英単語LEAP」です。

 

この英単語帳は、共通テストや大学入試の英単語が中心に載っており、また、

・一つの単語につき一つの意味に絞られている
・似たような意味をまとめて覚えることができる
・単語ごとに重要度の表示がされている
・右ページに例文がついている

といった工夫がされています。

そのため、他の英単語帳に比べて短期間で覚えることができるでしょう。

毎日50~100語の英単語の意味を覚えていくと、1学期中に1冊仕上げることができます。(ただし、当面はSTEP3までの英単語をマスターすれば十分です。)

 

関連記事

 

 

 

 

ウ 高2の1学期の大学入試対策勉強法は?③(数学の解法暗記)

→「白チャート」などを使って今まで習った内容を復習しよう

 

高2の1学期の大学入試対策勉強法の二つ目は、「数学の解法暗記」です。

高2からは文系と理系に分かれます。

特に理系は文系に比べて進度が速いため、これまで以上のペースで解法暗記を行うようにしましょう。

また、数学ⅠAの内容がしっかり復習できている人は今習っている単元の暗記をしていけばいいですが、数学ⅠAがよくわかっていない人は、ⅠAの内容を優先的に復習するようにして下さい。

それは、ⅠAの内容が分かっていないと、ⅡBやⅢの内容が十分理解できなくなるからです。

ですので、先にⅠAの復習から行い、終わり次第ⅡBの復習に行くようにしましょう。

また、数学の解き方を復習する際におすすめなのが、「白チャート」です。(進学校に通う生徒は「黄チャート」がおすすめです。

 

 

 

 

 

これらの本は定期テストや模試、大学入試でよく出る問題について分かりやすく説明されています。

そのため、チャートの基本例題や重要例題の問題を何度も解き直して、瞬時に答えが出るように練習していきましょう。

 

関連記事

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

<高2からの共通テスト・大学入試対策勉強法>

NEXT→②「高2の夏休みの定期テスト対策、大学入試の勉強法は?
⓪「高2からの大学受験の勉強法と学習スケジュール(文系・理系)は?←BACK

 

 

「定期テスト勉強法、高1・2受験勉強法」記事一覧はこちら