高1の3学期の定期テスト対策、大学入試の勉強法は?【582記事目】

 

高1の3学期の定期テスト対策、大学入試の勉強法について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は582記事目です。)

 

 

①高1の3学期の過ごし方、定期テストに向けた勉強法は?

【動画】【高1生・高2生に告ぐ!】今から勉強を始めるべき3つの理由

 

 

 

ちゃちゃ丸
高1の3学期はどのような心構えをもって勉強していけばいいのかニャー?
モモ先生
学年末テストの範囲が広いので早い時期からテスト勉強をしていきましょう。

 

 

ア 高1生の3学期の過ごし方、勉強への心構え①(日ごろからコツコツと勉強する)

→学年末テストはテスト範囲が広いので注意

 

高1生の3学期の過ごし方、勉強への心構えの1つ目は、「日ごろからコツコツと勉強する」ことです。

3学期の定期テストは2月下旬の学年末テスト1回しかありません。

「1回しかテストなくてラッキー」と思う人がいるかもしれませんが、ただテストの回数が少ないということは、その分テスト範囲が広くなってしまいます。(加えて情報・保体・家庭科などの実技教科もテストがあります。)

ですので、テスト週間に入ってからテスト勉強を始めるのではなく、普段からコツコツと提出物を進めていき、テスト週間中はしっかりと見直しをするようにしましょう。

1年の終わりをいい結果で終えることができるように、油断することなくテスト勉強に取り組むようにして下さい。

 

 

イ 高1生の3学期の過ごし方、勉強への心構え②(テスト前はポイントを絞って見直しをする)

→量が多いので復習すべき単元を絞っていこう

 

高1生の3学期の過ごし方、勉強への心構えの2つ目としては、「テスト前はポイントを絞って見直しをする」ことです。

高校の定期テストでは教科数が広く、かつそれぞれの範囲が広いのが特徴です。

そのため、提出物を一通り終えた後はポイントを絞って見直しをするようにしましょう。

それは、量があまりにも多いため、ワークの全部の問題を見直しをすることはほぼ不可能だからです。

ですので、高校のテスト対策の場合は、見直しをする範囲や単元を絞って復習するようにしましょう。

基本的には一回目に解いてできなかった問題を中心に見直しをするとよいでしょう。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

 

 

②高1の3学期の大学入試に向けた勉強法は?

 

ちゃちゃ丸
高1の3学期は入試勉強をどうやってやったらいいのかニャー?
モモ先生
英語は英文法の復習をしていくといいでしょう。

 

 

ア 高1の3学期の大学入試対策勉強法は?①(全体編)

→英語は英文法の復習を始めていこう

 

高1の3学期からは英文法の復習を行うようにして下さい。

これまでは英単語の暗記を中心に行ってきましたが、ここからは文法に入っていきます。

高1で習った文法をしっかりと復習しないと、高2以降英語が分からなくなってしまいます。

そうならないように、この時期にこれまで習った内容を再度勉強していきましょう。

また、ベネッセが実施する進研模試(記述式)が1月にあります。

このような校外模試を受験することで、自分の実力と課題が分かりますので積極的に受験することをお勧めします。

 

 

イ 高1の3学期の大学入試対策勉強法は?②(英文法の暗記)

→「基礎からのジャンプアップノート英文法演習ドリル」を使って英文法の復習をしよう

 

高1の3学期の大学入試対策勉強法の一つ目は、「英文法の復習」です。

模試や共通テスト、大学入試の問題は長文読解がメインです。

そして、長文がスラスラと読めるようになるには、英単語を覚えることと英文法を理解していることが必要になってきます。

みなさんは高1の1年間で高校の英文法を一通り学んでいきました。

そして、3学期のうちに(早ければ2学期からでもOK)今まで習った内容をしっかりと復習しないと、2年生以降苦労してしまいます。

「基礎からのジャンプアップノート英文法演習ドリル」は、

①解説が詳しい
②短期間で仕上げることができる
③初学者向けの問題集

であるため、1冊目の文法問題集としておすすめです。

なお、文法で分からないところがあれば、「大岩のいちばんはじめの英文法」などの参考書を見て理解を深めるようにしましょう。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

ウ 高1の3学期の大学入試対策勉強法は?③(数学の解法暗記)

→数学ⅡBの復習をしていこう

 

高1の3学期の大学入試対策勉強法の二つ目は、「数学の解法暗記」です。

一般的な高校では、3学期の間に、「ベクトル(数学B)」「式と証明(数学Ⅱ)」「複素数(数学Ⅱ)」などの単元を行っているはずです。

数学ⅠAの内容がしっかり復習できている人はこれらの単元の解法暗記を行っていきましょう。

一方で、数学ⅠAがよくわかっていない人は、ⅠAの内容を優先的に復習するようにして下さい。

それは、ⅠAの内容が分かっていないと、ⅡBやⅢの内容が十分理解できなくなるからです。

ですので、先にⅠAの復習から行い、終わり次第ⅡBの復習に行くようにしましょう。

また、数学の解き方を復習する際におすすめなのが、「白チャート」です。(進学校に通う生徒は「黄チャート」がおすすめです。

 

 

 

 

 

これらの本は定期テストや模試、大学入試でよく出る問題について分かりやすく説明されています。

そのため、チャートの基本例題や重要例題の問題を何度も解き直して、瞬時に答えが出るように練習していきましょう。

 

関連記事

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

<高1の定期テスト・大学入試対策勉強法>

NEXT→⑦「高1の春休みの定期テスト対策、大学入試の勉強法は?」
⑤「高1の冬休みの定期テスト対策、大学入試の勉強法は?」←BACK

 

 

「定期テスト勉強法、高1・2受験勉強法」記事一覧はこちら