高1の冬休みの定期テスト対策、大学入試の勉強法は?【581記事目】

 

高1の冬休みの定期テスト対策、大学入試の勉強法について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は581記事目です。)

 

 

①高1の冬休みの過ごし方、定期テストに向けた勉強法は?

【動画】【高1・2年生向け】冬休みパワーアップする勉強法!|受験相談SOS

 

 

 

ちゃちゃ丸
高1の冬休みはどのような心構えをもって勉強していけばいいのかニャー?
モモ先生
気が緩まないように毎日コツコツと勉強するようにしましょう。

 

 

ア 高1生の冬休みの過ごし方、勉強への心構え①(規則正しい生活をする)

→休みだからといってダラダラしないこと

 

高1生の冬休みの過ごし方、勉強への心構えの1つ目は、「規則正しい生活をする」ことです。

2学期が終わり、冬休みが始まるとどうしても気が緩んでしまいがちです。

「学校がないから夜更かししよう」

「勉強にやる気が出ずについスマホを触ってしまう」

このような気持ちになってしまう人が少なくありません。

しかし、冬休みで生活習慣などが崩れてしまうと、3学期になったときに学校の授業についていけなくなってしまう可能性が出てしまいます。

そうならないためにも、

①早寝早起きを徹底する
②冬休みの宿題を早めに終わらせる
③毎日コツコツと勉強をする
④スマホやゲームなどに夢中になりすぎない

といったことを行うようにしましょう。

また、冬の時期は体調を崩しやすいですので、体調管理をしっかりと行うようにして下さい。

 

 

イ 高1生の冬休みの過ごし方、勉強への心構え②(冬休みの宿題を早めに終わらせる)

→12月上旬から始めるのがおすすめ

 

高1生の冬休みの過ごし方、勉強への心構えの2つ目としては、「冬休みの宿題を早めに終わらせる」ことです。

冬休みの宿題範囲は早ければ12月上旬には発表されます。

ですので、その瞬間から課題を進めるのがベストです。

夏休みに比べて冬休みは期間が短いですので、早め早めに取り組むようにしましょう。

また、新学期(1月)の始めには課題テストがあります。

ここでしっかりと高得点を取ると3学期にむけていいスタートを切ることができますので、冬休みの後半は課題テストに向けて見直しをしっかりと行うようにしましょう。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

 

 

②高1の冬休みの大学入試に向けた勉強法は?

 

ちゃちゃ丸
高1の冬休みの時期には大学入試の勉強は何をしたらいいのかニャー?
モモ先生
英単語の暗記と数学の復習を優先して行っていきましょう。

 

 

ア 高1の冬休みの大学入試対策勉強法は?①(全体編)

→英単語の暗記と数学の解法暗記を中心に進めていこう

 

高1の冬休みは数学の勉強をメインにやっていくとよいでしょう。

「必携英単語LEAP Basic」などの英単語の暗記が順調に進んでいれば、英単語の暗記にかかる時間は少なくて済みます。

一方で、2学期に習った数学の内容は、

・二次関数
・図形と計量
・データの分析
・整数の性質
・図形の性質
・数学ⅡBの内容

と非常に多いため、数学の復習をメインでやっていくようにしてください。

 

 

イ 高1の冬休みの大学入試対策勉強法は?②(英単語の暗記)

→引き続き「LEAP Basic」の復習をしよう

 

高1の冬休みの大学入試対策勉強法の一つ目は、「英単語の暗記」です。

みなさんは2学期の間に1単語1秒を目標に、瞬間的に英単語の意味が言えるように練習していきました。

100個の英単語を2分以内で言えるようになった人は順調に来ています。

一方で、まだ素早く意味を言えない人は繰り返し練習をしていきましょう。

「必携英単語LEAP Basic」などの英単語帳は高校入試~高1・高2レベルの英単語が載っています。

ですので、高1のうちから大学入試用の難しい英単語帳をやるのではなく、まずは基本的な英単語帳を完璧にすることから始めていきましょう。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

 

ウ 高1の冬休みの大学入試対策勉強法は?③(数学の解法暗記)

→「白チャート」などを使って今まで習った内容を復習しよう

 

高1の冬休みの大学入試対策勉強法の二つ目は、「数学の解法暗記」です。

一般的な高校では、2学期の間に、「二次関数(数学Ⅰ)」「図形と計量(数学Ⅰ)」「図形の性質(数学A)」「整数の性質(数学A)」までは習ったと思います。(進度が速い学校では数学Ⅱ・Bの内容に入っていきます。)

1学期に比べ授業進度が速くなり、かつ難易度が上がっています。

そのため、冬休みの間に再度今まで習った内容を復習するようにしましょう。

ただし、冬休みは期間が短いので、全ての範囲を復習するのではなく、勉強をする単元の優先順位をつけていきましょう。

「二次関数」や「図形と計量」は内容が分かっていないと、数学Ⅱや数学Ⅲで苦しむことになるため、この2つの単元は特に重点的に復習するようにして下さい。

また、数学の解き方を復習する際におすすめなのが、「白チャート」です。(進学校に通う生徒は「黄チャート」がおすすめです。

 

 

 

 

 

これらの本は定期テストや模試、大学入試でよく出る問題について分かりやすく説明されています。

そのため、チャートの基本例題や重要例題の問題を何度も解き直して、瞬時に答えが出るように練習していきましょう。

 

関連記事

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

<高1の定期テスト・大学入試対策勉強法>

NEXT→⑥「高1の3学期の定期テスト対策、大学入試の勉強法は?」
④「高1の2学期の定期テスト対策、大学入試の勉強法は?」←BACK

 

 

「定期テスト勉強法、高1・2受験勉強法」記事一覧はこちら