【看護医療系】合格するための受験勉強法は?(学習塾での指導方法)【579記事目】

 

看護医療系入試に合格するために当塾でどのような勉強の教え方をしているかについてについて豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は579記事目です。)

 

 

①看護医療系入試に合格するためにはいつから勉強したらいいか?

【動画】【私が看護師になるまで】頭が良くなくても看護師になれる?【学歴は関係ない】

 

 

 

ちゃちゃ丸
看護医療系入試に合格するためにはいつから受験勉強を始めたらいいのかニャー?
モモ先生
遅くとも高3の7月から始めるようにしましょう。

 

 

ア 看護医療系入試の試験科目は?

→筆記試験+面接+書類審査(+小論文)の形が多い

 

看護学校の入試科目は、

・筆記試験
・書類審査
・小論文
・面接

の組み合わせで出題されます。(これら全てが必ずしも出題されるわけではなく、どの組み合わせで出るかは学校ごとに異なります。)

また、筆記試験は大学と専門学校で出題科目が異なります。

大学の場合は、英語、数学、国語、理科から2~3科目の学校が多く、一方で専門学校の場合は、英語、数学、国語(現代文)という組み合わせの学校が多いです。

 

 

イ 看護医療系入試に合格するためにはいつから勉強を始めたらいいか?

→高3の1学期期末テスト終了後から受験勉強を始めよう

 

看護医療系入試では、

・筆記試験(英語、数学、国語など)
・面接、志望理由書
・小論文

と多くの科目が試験範囲となっています。

また、入試も一般入試と推薦入試があるため、推薦入試を受験する人はこちらの対策も必要になってきます。

そうなると、早い時期から受験勉強を始める必要が出てきます。

もちろんできるのであれば、高3の春から勉強をやってほしいですが、とはいえ1学期は、

・部活動がある
・中間テスト、期末テストの勉強をしないといけない(特に推薦で入ろうと考えている人)

といったことがあり、なかなか忙しいのが現状です。

ですので、6月末の期末テストが終わってから受験勉強を始めるようにしましょう。

 

 

 

 

ウ 看護医療系入試に合格するためにはいつから塾に入った方がいいか?

→一般入試か推薦入試狙いで入塾時期は変わる

 

学習塾に入って看護医療系の入試対策をしてほしいと思っている人もいるでしょう。

では、その場合、いつ塾に入塾すればいいのでしょうか?

それは、一般入試か推薦入試、どちらを受験するかによって時期は変わってきます。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

A 一般入試受験の場合

 

一般入試の場合は、高3の4月末(部活引退後)がオススメです。

先ほど入試勉強は6月末から始めたほうがいいといいました。

しかし、普段の学習習慣が身についていない人や漢字や英単語などを覚えていない人は、助走期間として1~2か月間あったほうがいいと思います。

つまり、高3の4月末から1,2か月かけて勉強する習慣や基本的な内容の復習をし、6月末から本格的に受験勉強ができるようにもっていくのです。

そうすることで、スムーズに受験勉強に入ることができます。

 

B 推薦入試の場合

 

推薦入試で合格を目指す場合は、高1からの入塾をおすすめします。

それは、特に学校推薦型入試の出願条件を満たすには、一定以上の内申点が必要です。

また、

①高1~高3の1学期期末テストまでの平均内申点で決まる
②定期テストの出来で内申点が決まる

といったことがあるため、高1の定期テストから真剣に取り組まないといけません。

そのために、塾を利用して定期テストで高得点が取れるように勉強していきましょう。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

 

 

②看護医療系入試合格のための塾での指導法は?

 

ちゃちゃ丸
看護医療系入試に合格するためには塾でどんな指導をしているのかニャー?
モモ先生
ここでは当塾でどのような指導をしているかについてみていきますよ。

 

 

ア 看護医療系入試合格のための塾での指導方法①(定期テスト対策)

→数学を中心に定期テスト対策を行っています

 

高1~高3の1学期期末テストまでは定期テスト対策を中心に行っています。

それは、定期テストで高得点が取ることができれば、内申点の評価が上がり、推薦の出願条件を満たすことができるからです。

また、当塾で特に重点的に指導をしている教科は数学です。

それは、

①数学は一度分からなくなってしまうと、学校の授業についていけなくなる
②生徒からの質問が多い教科

であるからです。

そのため、数学を中心に指導しています。

また、テスト前には英語や化学、物理といった他の教科の対策も行っています。

 

 

イ 看護医療系入試合格のための塾での指導方法②(筆記試験対策)

→基本的な問題が完璧に解けるようになるまで指導します

 

高3の6月末(期末テスト終了後)からは本格的に筆記試験の対策を行います。

入試までにやるべきことは多いですので、「塾で指導する内容」「宿題として出す内容」に分けて効率よく短期間で仕上がるように指導しています。

まずは、

①英単語の暗記
②数学の解き方を理解する
③国語や英語の文章問題を解いてくる

といったことを宿題で出し、

授業では、分からなかった問題の解説や覚えてきたかどうかの確認などを行います。

また、いきなり過去問などを解くのではなく、最初は基本的な内容が完璧にできるようになるまで繰り返し問題を解いていくことから行っています。

 

 

 

 

ウ 看護医療系入試合格のための塾での指導方法③(面接・小論文・志望理由書対策)

→面接・小論文対策や志望理由書作成のサポートなども充実しています。

 

当塾では面接・小論文対策や志望理由書作成のフォローなどもしています。

面接や志望理由書では、よく聞かれる「志望動機」「高校生活で頑張ったこと」「大学・短大・専門学校入学後頑張りたいこと」といった定番の質問にまず答えられるようにしていきます。

面接で何を話したらいいか分からない、志望理由書で書く内容が思いつかないという人向けに、アイデアの出し方や話し方、書き方などを丁寧に指導していきます。

また、小論文対策対策では、原稿用紙の書き方から始め、小論文と作文の違い、頻出テーマの内容をつかむ、添削指導などを行い、上質な文章が書けるようにサポートしていきます。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

<看護医療系の勉強法>

⑤「看護医療系の小論文頻出テーマ」←BACK

 

 

「大学入試教科別勉強法」記事一覧はこちら