【看護医療系】合格するための受験勉強法は?(筆記試験・面接・志望理由書)【578記事目】

 

【看護医療系】合格するための受験勉強法(筆記試験・面接・志望理由書)について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は578記事目です。)

 

 

①看護医療系入試に合格するためにはいつから勉強したらいいか?

【動画】入試まであと40日!勉強の仕方を教えて!【看護受験チャンネル】

 

 

 

ちゃちゃ丸
看護専門学校や短大に合格するためにはいつから勉強を始めたらいいのかニャー?
モモ先生
遅くでも1学期の期末テストが終わってから始めるようにしましょう。

 

 

ア 看護医療系入試の試験科目は?

→筆記試験+面接+書類審査(+小論文)の形が多い

 

看護学校の入試科目は、

・筆記試験
・書類審査
・小論文
・面接

の組み合わせで出題されます。(これら全てが必ずしも出題されるわけではなく、どの組み合わせで出るかは学校ごとに異なります。)

また、筆記試験は大学と専門学校で出題科目が異なります。

大学の場合は、英語、数学、国語、理科から2~3科目の学校が多く、一方で専門学校の場合は、英語、数学、国語(現代文)という組み合わせの学校が多いです。

 

 

イ 看護医療系入試に合格するためにはいつから勉強を始めたらいいか?

→高3の1学期期末テスト終了後から受験勉強を始めよう

 

看護医療系入試では、

・筆記試験(英語、数学、国語など)
・面接、志望理由書
・小論文

と多くの科目が試験範囲となっています。

また、入試も一般入試と推薦入試があるため、推薦入試を受験する人はこちらの対策も必要になってきます。

そうなると、早い時期から受験勉強を始める必要が出てきます。

もちろんできるのであれば、高3の春から勉強をやってほしいですが、とはいえ1学期は、

・部活動がある
・中間テスト、期末テストの勉強をしないといけない(特に推薦で入ろうと考えている人)

といったことがあり、なかなか忙しいのが現状です。

ですので、6月末の期末テストが終わってから受験勉強を始めるようにしましょう。

6月末~夏休み終わりまでの約2か月間が勝負です。

ここでしっかりと勉強しないと2学期以降はまた忙しい日々が待っていますので、夏休み中に学習習慣をつけることと、基礎学力をつけることをやっていきましょう。

 

 

 

 

ウ 看護医療系入試に合格するためには何から勉強を始めたらいいか?

→筆記試験対策がメインで合間に小論文・面接対策などをしていこう

 

看護医療系入試に合格するためには、まず筆記試験対策から始めましょう。

それは、筆記試験の内容が広いため、早い時期から対策をしないと試験本番までに間に合わないからです。

また、筆記試験は英語・数学・国語がメインですが、その中で英語が最も時間がかかります。

なぜなら、英語ができるようになるには、

・英単語、英熟語の暗記
・英文法の復習
・長文読解、会話文の練習

などとやるべきことがたくさんあるからです。

そのため、英語や数学の勉強をメインに進めていきましょう。

また、勉強の間に小論文や面接、志望理由書の作成も同時進行で進めていくようにして下さい。

これらは直前になって始めようとすると結構時間がかかりますので、コツコツとやっていくようにしましょう。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

 

 

②看護医療系入試合格のための勉強法は?

 

ちゃちゃ丸
看護医療系入試に合格するためにはどんな勉強をしたらいいのかニャー?
モモ先生
ここでは科目別にどんな勉強をしたらいいのかをみていきますよ。

 

 

ア 看護医療系入試合格のための勉強法①(国語)

→漢字・語句の知識をつける+現代文の問題をたくさん解こう!

 

国語は現代文のみの学校が多いですが、問題のレベルは中堅私大レベルと難しめです。

また、現代文は大きく、「漢字・語句などの知識問題」と「読解問題」に分かれます。

最初に漢字や語句(慣用句・四字熟語)などの知識問題の対策からしていきましょう。

これらの問題は覚えれば覚えるほど点数が取れるようになってくるため、問題集等を使ってしっかりと覚えるようにしていきましょう。

また、文章問題を解く際には、解答の根拠となる部分を本文中から探す癖をつけるようにしましょう。(直感で解いているうちはできるようにはなりません。)

また、間違えた問題は解説をしっかりと読み、「なぜ間違えたのか?」「本文のどこに解答の根拠があるのか?」を確認するようにしましょう。

 

 

イ 看護医療系入試合格のための勉強法②(数学)

→教科書レベルができればOK!捨て分野を作らないようにしよう!

 

数学は多くの学校で「数学Ⅰのみ」「数学Ⅰ+数学A」の出題となっています。

レベルとしては学校で使っている問題集よりも易しめです。(普通科で使う問題集と比較しています)

問題を解き、できなかった問題は解説を読み、「なぜそうなるのか?」を理解するようにしましょう。

また、問題集の解説を読んだだけでは分からない場合は、必ず教科書や参考書を使って疑問点を解決するようにして下さい。

そして、最も大事なことは、できなかった問題をできるように復習をすることです。

できなかった問題は解き直しをしない限りはいつまでたってもできるようにはなりません。

ですので、定期的に復習をして完璧にできるようにしましょう。

 

 

 

 

ウ 看護専門学校・短大合格のための勉強法③(英語)

→高1レベルの単語力・文法力が必要!

 

英語は文法問題、並び替え問題、長文問題、会話文と学校の定期テストに近い形式で出題されます。(長文のテーマは看護医療系であることが多いです。)

レベルとしては高1終了程度のものですので、高1で習った文法の復習及び英単語の暗記をするとよいでしょう。

英単語の暗記は一般的な英単語に加えて看護医療系の英単語(例 症状「symptom」)も覚えておくとよいでしょう。

英文法は薄めの基本レベルの文法問題集(高校初級レベル)を1冊解いてから過去問に移るとよいでしょう。

長文読解は自信のある人はいきなり過去問でもいいですが、読解に不安な人は文法と同様、高校初級レベルの問題集を先に解き、読み方のコツをつかんでいくとよいでしょう。

 

関連記事

 

 

エ 看護医療系入試合格のための勉強法④(面接)

→志望動機+看護師に関する内容について問われる!

 

多くの看護学校では、入試で面接が必須となっています。

これは、面接を行うことで、「看護師への意欲」や「看護師に向いている性格」かどうかを試験管が判断することができるからです。

よく聞かれる内容は、「志望動機」や「高校生活で頑張ったこと」、「入学してから頑張りたいこと」といった一般的な質問に加えて、「なぜ看護師になりたいのか?」「理想とする看護師像は?」「臓器移植についてどう思うか?」といった看護師や医療分野に関する質問も出されます。

そのため、一般入試の勉強に加え、面接でスラスラと言えるように、普段から面接練習をすることが大切になってきます。

また、志望理由書の提出が義務付けられているときは、面接練習とあわせて志望理由書の作成をすると効率的に進めることができます。

 

関連記事

 

 

 

 

オ 看護医療系入試合格のための勉強法⑤(小論文)

→面接対策と同時並行で進めよう!

 

看護学校の中には小論文が試験内容にある場合もあります。

小論文というと、みなさんの中には、「難しそう」「作文なんて書けない」と思う人もいるかもしれません。

しかし、それはただ書く練習が不足していたり、医療看護に対する知識が少なかったりしている場合が多いため、書く練習をして、知識を身につけば、合格点レベルの文章は書けるようになります。

よく出るテーマは、「臓器移植とは?」「チーム医療とは?」といった看護医療に関するテーマが多いです。

これらの内容を学ぶことは実は面接対策にもつながりますので、小論文と面接は同時進行でやっていくとよいでしょう。

もちろん、書いた文章を学校の先生や塾の先生等に添削してもらうと、いい文章が書けるようになります。

また、高校によっては、小論文模試を実施している所もありますので、ぜひ模試に積極的にチャレンジしていくようにしましょう。

 

関連記事

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

「大学入試教科別勉強法」記事一覧はこちら