高校英語おすすめ問題集~定期テスト対策(7)~「スクランブル英文法・語法Basic」【571記事目】

 

 

高校英語おすすめ問題集~定期テスト対策(7)~「スクランブル英文法・語法Basic」の使い方について豊橋の学習塾の教室長の西井が紹介していきます。(この記事は571記事目です。)

 

「スクランブル英文法・語法Basic
①対象者 英文法・語法・熟語の問題を解きたい高3生・受験生
②特徴 類書に比べて問題数が少ないため短期間で仕上げることができる

 

 

①「スクランブル英文法・語法Basic」とはどのような英文法・語法問題集か?

 

ちゃちゃ丸
「スクランブル英文法・語法Basic」とはどんな問題集なのかニャー?
モモ先生
文法・語法・熟語の確認が短期間でできる問題集ですよ。

 

 

ア「スクランブル英文法・語法Basic」とはどんな問題集か?

→中堅私大~MARCH・関関同立レベルの文法・語法問題が載っている問題集

 

「スクランブル英文法・語法Basic」とは、旺文社が出版している英文法・語法・熟語を復習できる問題集です。

この本は、左ページに問題と解答、日本語訳が、右ページに解説が載っています。

また、他の文法問題集に比べると問題数が少なく、かつ基本的なレベルの問題に絞り込まれているため短期間で仕上げることができます。(一般的な問題集は1000問以上あるものが多いですが、この本は約750問と少なめです。)

共通テストではセンター試験にあった文法・語法問題がありません。

そのため、英語が共通テストのみの人や二次試験で文法問題の配点が低い、難易度が難しくない場合は、この本1冊で十分です。

 

 

 

 

イ「スクランブル英文法・語法Basic」を使うべき人は?

→単語・熟語・文法・英語構文が仕上がった人向け

 

「スクランブル英文法・語法Basic」を使うべき人は、「単語・熟語・文法・英語構文が一通り仕上がった人」です。

この本は中堅私大~MARCH・関関同立レベルの問題が中心です。

そのため、いくら解説が詳しいとはいえ、最低限の知識がないと十分に解くことができません。

ですので、英単語(「必携英単語 LEAP」など)や英熟語(「ターゲット英熟語1000」など)、英文法(「基礎からのジャンプアップノート英文法演習ドリル」など)といったものをまず行い、基礎力を十分につけてから解くようにしましょう。

基礎を固めた後の、最終チェック用の教材として使うようにして下さい。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

 

 

②定期テスト(英語コミュ・英語表現)対策向けおすすめ英文法・語法問題集は「スクランブル英文法・語法Basic」で決まり!

 

ちゃちゃ丸
「スクランブル英文法・語法Basic」のおすすめポイントを知りたいニャー
モモ先生
解説が詳しいところが一番のおすすめですよ。

 

 

ア「スクランブル英文法・語法Basic」が定期テスト(英語コミュ・英語表現)対策向けおすすめ英文法・語法問題集である理由①(中堅私大~MARCH・関関同立レベルの問題が中心)

→難易度の高い問題はあまりない

 

「スクランブル英文法・語法Basic」が定期テスト(英語コミュ・英語表現)対策向けおすすめ英文法・語法問題集である理由の一つ目は、「中堅私大~MARCH・関関同立レベルの問題が中心」だからです。

この本は難問や発展問題はなく、基本~標準レベル(中堅私大~MARCH・関関同立レベル)でよく出る問題が載っています。(問題ごとに「基本」「頻出」と表示されています。)

また、問題数も少ないため、短時間で仕上げることができます。

文法・語法問題があまり出ない大学を志望する場合は、この本で文法・語法問題を短時間で終わらせて長文読解やリスニング、英作文の対策に時間を回すといいでしょう。

 

 

イ「スクランブル英文法・語法Basic」が定期テスト(英語コミュ・英語表現)対策向けおすすめ英文法問題集である理由②(ポイントが簡潔にまとめられている)

→使用者に易しい工夫がされている

 

「スクランブル英文法・語法Basic」が定期テスト(英語コミュ・英語表現)対策向けおすすめ英文法・語法問題集である理由の二つ目は、「ポイントが簡潔にまとめられている」からです。

この本は、途中で「Power Up!」があり、そこでは文法や語法、熟語、紛らわしい問題などが簡潔にまとめられています。

例えば、Power Up!70の「料金・お金」を表す名詞では、

①charge「(サービスに対する)料金、(電気・ガスなどの)公共料金」
②fare「(乗り物の)運賃」
③fee「(専門職の人への)謝礼・報酬、(受験・入会・入場)料金」
④toll「(有料道路などの)通行料」

といったように、間違えやすい英単語が一覧に並んでいるため覚えやすいです。

ですので、ただ問題を解いて終わりではなく、Power Up!などのポイントをしっかりと読むようにしましょう。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

 

 

③定期テスト(英語コミュ・英語表現)対策向けおすすめ英文法・語法問題集「スクランブル英文法・語法Basic」の使い方は?

 

ちゃちゃ丸
「スクランブル英文法・語法Basic」はどうやって使っていけばいいのかニャー?
モモ先生
3~5問おきに解いていくことをおすすめします。

 

 

ア「スクランブル英文法・語法Basic」を解く前にすべきことは?

→単語・熟語・文法をしっかり復習しよう

 

「スクランブル英文法・語法Basic」は入試問題が載っている英文法・語法の問題集ですので、単語や熟語、文法の基礎知識がないとスラスラと解くことができません。

そのため、この本に取り掛かる前に、英単語・熟語・文法をしっかりと復習するようにしましょう。

 

A 英単語

英単語の意味が分かっていないと、英語で点数を取ることができません。

そのため、「必携英単語LEAP」などを使って、早急に英単語の意味を覚えるようにしましょう。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

B 英熟語

「スクランブル英文法・語法Basic」が英熟語の意味を問う問題が多く出ます。

また、文法や語法問題でも熟語の意味を知らないと理解できない問題もあります。

そのため、「英熟語ターゲット1000」などを使って、英熟語の意味を覚えていきましょう。

 

 

 

 

C 英文法

「スクランブル英文法・語法Basic」では、全問題の3分の2が文法・語法問題です。

そのため、文法のしくみがわかっていないとスラスラと解くことができません。

「基礎からのジャンプアップノート英文法演習ドリル」などを使って、高1で習った内容を再度復習しましょう。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

D 英語構文

英文法だけでなく英語構文の内容もしっかりと復習するとよいでしょう。

「英語の構文150」などの例文暗記集を使って、例文を暗唱するようにして下さい。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

イ「スクランブル英文法・語法Basic」の使い方は?

→3~5問おきに解いていこう

 

ここでは定期テスト(英語コミュ・英語表現)対策向けおすすめ英文法・語法問題集である「スクランブル英文法・語法Basic」の使い方についてみていきます。

この本の使い方は、

①左ページの問題を解く(3~5問おきに解くのがおすすめ)
②右ページの解説を読む、PowerUp!を読む
③間違えた問題は後日解き直す

といった流れで進めていくとよいでしょう。

ここでのポイントは、「3~5問おきに解く」ことです。

「スクランブル英文法・語法Basic」は最初に文法・語法、次に英熟語・会話表現となっています。

そして、文法は、比較・仮定法・関係詞といったように、単元ごとに問題がまとまっています。

例えば、時制の問題は51~80番にあります。(全部で750問)

そうなると問題集の前半にありますので、500番くらいの問題を解いているときには、比較の内容を忘れている可能性もあります。

ですので、そうならないためにも3問おき、もしくは5問おきに解くことをすすめます。

例えば、5問おきに解く場合は、1番、6番、11番、16番・・・といった感じで解いていきます。

こうすることで、5倍のスピードで最後まで行くことができますし、750番まで解き終えたら次は2番、7番、12番、17番・・・と解いていけばいいため、最初から最後までの内容を何回も解くことができます。

このように解き方を工夫してやっていくと、より効果的に解けるようになります。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

 

 

④塾講師が「スクランブル英文法・語法Basic」を解いてみた

 

最後に、塾講師の西井が実際に「スクランブル英文法・語法Basic」を解いてみた感想について話していきます。

やってみた感想としては、単語・熟語・文法の知識がないと難しく感じるということです。

例えば、「You‘ll catch up with him if you leave at once.」という問題で、「catch up with~」と意味が同じものを①~④で選べという問題があったとします。

そして、正解が③で「overtake」とします。

この場合、「catch up with~」の意味を知っているかどうかについて問われていますが、それと同時に「overtake」の単語の意味も分かっていないと正解にたどり着くことができません。(さらに言えば問題文中の「at once」も意味を知っていなければ難しいでしょう。)

そのため、まずはしっかりと英単語・英熟語・英文法をしっかりと復習してから臨むようにしましょう。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

「定期テスト勉強法、高1・2受験勉強法」記事一覧はこちら