高校数学おすすめ問題集~定期テスト対策編~(1)「白チャート数学ⅠA・ⅡB・Ⅲ」【57記事目】

 

 

高校数学おすすめ問題集~定期テスト対策~(1)「白チャート数学ⅠA・ⅡB・Ⅲ」について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は517記事目です。)

 

「白チャート数学ⅠA・ⅡB・Ⅲ
①対象者 高校数学の内容を理解したい高1生~受験生
②特徴 解説が詳しいため初学者でも使いやすい

 

 

①「白チャート数学ⅠA・ⅡB・Ⅲ」とはどのような参考書か?

【動画】数学の基礎はコレで完璧!白チャートの使い方

 


 

 

 

ちゃちゃ丸
「白チャート数学ⅠA・ⅡB・Ⅲ」とはどんな参考書なのかニャー?
モモ先生
教科書レベルの問題が一通り載っている参考書ですよ。

 

 

ア 「白チャート数学ⅠA・ⅡB・Ⅲ」とはどんな参考書か?

→高校の教科書に出てくるような内容が一通り載っている参考書

 

「白チャート数学ⅠA・ⅡB・Ⅲ(正式名称は「チャート式基礎と演習」)」とは、数研出版が出版している定期テストや共通テストなどでよく出る数学の問題について、その解き方が詳しく書かれている参考書です。

「数学ⅠA」「数学ⅡB」「数学Ⅲ」と分かれていますが、1冊のボリュームはかなり多いです。

また、問題ごとに難易度表示がされており、基本例題・発展例題・補充例題に分かれています。

この本のレイアウトは、上に問題が、そのすぐ下に解答・解説が、一番下にEX(類題)が載っていることです。

例題のすぐ下には「CHART&GUIDE」や詳しい解説などがあり、解き方を理解することができます。

ただ、問題を解く際には、紙などで隠して下の解答解説が見ないようにして解くようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

イ 「白チャート数学ⅠA・ⅡB・Ⅲ」を使うべき人は?

→定期テストで80点以上取れない人が対象

 

「白チャート数学ⅠA・ⅡB・Ⅲ」を使うべき人は、高校の定期テストで80点以上取れない人です。

実はチャート式は大きく4種類あり、表紙の色から難易度が分かれています。

そして、易しい順に並べると、「白→黄→青→赤」となり、青チャートや赤チャートは難関大学志望者向けの難しい問題で構成されています。

一方で白チャートは教科書レベルの問題が中心に載っているため、難しい問題はあまり載っていません。

そうなると、「俺は進学校に通っているから白では物足りない」「私は●●大学を狙っているから青チャートをやるべき」と思う人が出てくるかもしれませんが、基礎力がないのに難しい参考書をやっても消化不良で終わってしまいます。

ですので、定期テストで80点取れない人や、模試でよい結果を出していない人は白チャートを使って基礎固めをするようにsてください。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

 

 

②定期テスト対策向けおすすめ高校数学の参考書は「白チャート数学ⅠA・ⅡB・Ⅲ」で決まり!

 

ちゃちゃ丸
「白チャート数学ⅠA・ⅡB・Ⅲ」のおすすめポイントを知りたいニャー
モモ先生
教科書に出るような問題が漏れなく載っている点がオススメですよ。

 

 

ア「白チャート数学ⅠA・ⅡB・Ⅲ」が定期テスト対策向けおすすめの高校数学の参考書である理由①(学校の問題集と問題の順番が非常に似ている)

→学校の問題集と「チャート式」は同じ出版社が発行している

 

「白チャート数学ⅠA・ⅡB・Ⅲ」が定期テスト対策におすすめの高校数学の参考書である理由の一つ目は、「学校の問題集と問題の順番が非常に似ている」からです。

学校の問題集を解いていてやり方が分からないときに、白チャートなどの参考書を使って解き方を調べる人が多いでしょう。

しかし、今解いている問題と似たような問題がどこにあるのかが分からないと調べるのに時間がかかってしまいます。

また、それが続くとだんだんと調べるのがおっくうになってしまい、数学の勉強に身が入らなくなってしまいます。

ただ、「チャート式」の場合、学校の問題集と出版社が同じであり、出る問題の順番が似ています。

そのため分からない問題があってもスムーズに「チャート式」で調べることができるのです。

 

 

イ 「白チャート数学ⅠA・ⅡB・Ⅲ」が定期テスト対策向けおすすめの高校数学の参考書である理由②(解説が詳しく独学で勉強する人に向いている)

→使用者に易しい工夫がされている

 

「白チャート数学ⅠA・ⅡB・Ⅲ」が定期テスト対策におすすめの高校数学の参考書である理由の二つ目は、「解説が詳しく独学で勉強する人に向いている」からです。

具体的には、

・「偏差とは?」「条件付き確率とは?」といった用語(定義)の説明が分かりやすい
・解くための指針が書かれており、どうやって解けばいいかが分かる
・教科書レベルの問題が中心で難しい問題はあまり載っていない

といった工夫がされており、理解しやすいです。

また、定期テストは教科書レベルの問題が中心に出るため、白チャートで大半の問題はカバーできます。(下手に黄チャートや青チャートに手を出さない方がいいです。)

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

 

 

③定期テスト対策向けおすすめ高校数学の参考書「白チャート数学ⅠA・ⅡB・Ⅲ」の使い方は?

 

ちゃちゃ丸
「白チャート数学ⅠA・ⅡB・Ⅲ」はどうやって使っていけばいいのかニャー?
モモ先生
教科書や問題集で分からないところがあれば、この本で調べるようにしましょう。

 

 

ア 「白チャート数学ⅠA・ⅡB・Ⅲ」を解く前にすべきことは?

→中学数学の復習を先にやろう

 

「白チャート数学ⅠA・ⅡB・Ⅲ」は教科書レベルの問題を丁寧に解説していますが、それでも最低限中学数学の内容が分かっていないとチャートの内容を理解できない可能性が高くなります。

そのため、中学数学の内容に不安のある人は、「中学数学の解き方をひとつひとつわかりやすく」「ニューコース中学数学」といった中学生向けの問題集を使って、中学数学の復習をしていきましょう。

最初に「中学数学の解き方をひとつひとつわかりやすく」で全体的な復習をし、追加で復習したい単元を「ニューコース中学数学」で補っていくやり方がおすすめです。

中学数学をマスターすれば、白チャートの内容が分かるようになってきます。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

イ「白チャート数学ⅠA・ⅡB・Ⅲ」の使い方は?①(解き方が分からないときにやり方を調べる)

→どうやって解けばいいか分からないときには「白チャート」で調べよう

 

定期テスト対策向けおすすめ高校数学の参考書「白チャート数学ⅠA・ⅡB・Ⅲ」の使い方の一つ目は、「解き方が分からないときにやり方を調べる」ために使います。

みなさんが学校で使っている問題集(4STEP・クリアー・3TRIALなど)を解いている時に解き方が分からない問題があっととします。

ただ、解説を見ても分からなかったり、学校によっては別冊の解答集をもらえないこともあります。

そうなると、どうやって解けばいいかがよくわからないままです。

そのような時には、「白チャート数学ⅠA・ⅡB・Ⅲ」を使って解き方を調べるようにしましょう。

4STEP・クリアー・3TRIALなどの問題集と「白チャート」は同じ出版社(数研出版)が発行している問題集であるため、問題の順番が似ています。

そのために、分からない問題があっても白チャートですぐに調べることができるため便利です。

 

 

 

 

ウ「白チャート数学ⅠA・ⅡB・Ⅲ」の使い方は?②(復習用に例題だけ解く)

→テスト前にもう一回学校の問題集を全て解いている時間はない!

 

定期テスト対策向けおすすめ高校数学の参考書「白チャート数学ⅠA・ⅡB・Ⅲ」の使い方の二つ目は、「復習用に例題だけ解く」ために使います。

テスト勉強では、同じ問題を繰り返し解くのが鉄則です。

しかし、学校の問題集は量が極めて多く、また同じような問題が続くため、これを全て解き直すのは非常に非効率です。

ですので、一通り提出物を終えたら、2周目以降は白チャートの例題だけを解くようにしましょう。

白チャート(進学校の生徒は黄チャート)の例題だけであれば、多くても2教科併せても100問はないはずです。

その100問が完璧にできるように繰り返し解くようにして下さい。(下のEXERCISEなども基本的にはやる必要はありません。)

問題数を絞って解かないと、中途半端な状態でテスト本番を迎えてしまいがちです。

また、他の教科の勉強もできなくなってしまいますので、科目のバランスを考えて勉強するようにしましょう。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

「定期テスト勉強法、高1・2受験勉強法」記事一覧はこちら