高校数学おすすめ問題集~中学数学の復習~(1)「高校入試突破計算力トレーニング」【540記事目】

 

高校数学おすすめ問題集~中学数学の復習~(1)「高校入試突破計算力トレーニング」の使い方について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は540記事目です。)

 

「高校入試突破計算力トレーニング」
①対象者 計算のスピードを上げたい高校生
②特徴 計算を速く解くためのテクニックがたくさん書かれている

 

 

①「高校入試突破計算力トレーニング」とはどのような問題集か?

【動画】「高校入試突破計算力トレーニング」とはどのような問題集か?

 

 

ちゃちゃ丸
「高校入試突破計算力トレーニング」とはどんな問題集なのかニャー?
モモ先生
中学数学の計算練習に特化した問題集ですよ。

 

 

ア 「高校入試突破計算力トレーニング」とはどんな問題集か?

→中学数学の計算問題に特化した問題集

 

「高校入試突破計算力トレーニング」とは、桐書房が出版している小学算数や中学数学の計算問題の復習ができる問題集です。

左ページに計算問題を速く解くテクニックが載っており、右ページにたくさんの計算問題が載っています。

この本の最大の特徴は、計算を解く上での制限時間が非常に厳しいということです。

例えば、平方根の計算問題は51問を2分30秒で解かなくてはいけません。

そのため、テクニックを身につけること、何度も練習することが大前提となってきます。

 

 

 

 

イ 「高校入試突破計算力トレーニング」を使うべき人は?

→計算スピードが遅い高校生はぜひこの本を使うべし

 

「高校入試突破計算力トレーニング」を使うべき人は、計算スピードが遅い人です。

この本は因数分解、平方根、二次方程式など中学生の時に習った単元が載っている問題集です。

これらの単元は高校数学でも土台となる部分ですので、中学数学の計算が遅いと高校の定期テストや模試、入試などでも点数が取れなくなってしまいます。

逆に言えば、中学数学の計算スピードが速くなると、高校で習う計算(数列・微積・三角比など)も速くなっていきます。

ですので、計算スピードが遅いと自覚している人は、この本を使ってスピードを上げるようにしましょう。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

 

 

②中学数学の復習をしたい、数学が苦手な高校生に「高校入試突破計算力トレーニング」を勧める理由は?

 

ちゃちゃ丸
「高校入試突破計算力トレーニング」はどういう点がいいのかニャー
モモ先生
計算問題を解くスピードを上げることができるのがおすすめですよ。

 

 

ア「高校入試突破計算力トレーニング」が中学数学の復習ができるおすすめ問題集である理由①(速く解くテクニックがたくさん書かれている)

→速く計算問題を解くテクニックが分野ごとに書かれている

 

「高校入試突破計算力トレーニング」が計算スピードを上げたい中学生におすすめな問題集である理由の一つ目は、「速く解くテクニックがたくさん書かれている」からです。

この本の左ページには、分野ごとに計算を速く解くための方法が書かれています。(他の本にはなかなか見られない計算方法です。)

ですので、まずは左ページにある計算テクニックを読み、その上で計算練習をするようにしましょう。

テクニックを使いこなすまでは時間がかかるかもしれませんが、何度か練習することで次第に身につくようになります。

 

 

イ「高校入試突破計算力トレーニング」が中学数学の復習ができるおすすめ問題集である理由②(問題量が多い)

→時間制限が厳しいため何度も練習して計算スピードを上げよう

 

「高校入試突破計算力トレーニング」が計算スピードを上げたい中学生におすすめな問題集である理由の二つ目は、「問題量が多い」からです。

全部は数えていませんが、この本1冊で1000問以上は確実にあります。(一部高校の内容や難しい計算もあります。)

そのため、様々なパターンの問題を解くことができます。

また、ページごとにある解答制限時間が非常に厳しいのが特徴です。

例えば、「連立方程式の計算15問を4分以内で解く」、「平方根の簡単な計算51問を2分30秒以内で解く」といったような感じです。

そのため、多くの人は何度も繰り返し解かないとできないようになっています。

定期テストはもちろん、模試や共通テスト、大学入試では計算がある程度速くないと時間内に解ききれない可能性が高くなってしまいます。

そのため、こまめに計算練習をして計算スピードを上げるようにしましょう。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

 

 

③中学数学の復習をしたい、数学が苦手な高校生向け問題集「高校入試突破計算力トレーニング」の使い方は?

【動画】今すぐ出来る!数学の参考書・問題集の効率的な使い方「圧縮勉強法」を解説!

 

 

ちゃちゃ丸
「高校入試突破計算力トレーニング」はどうやって使っていけばいいのかニャー?
モモ先生
時間を計って同じ問題を何度も解きましょう。

 

 

ア 「高校入試突破計算力トレーニング」の使い方は?

→問題を拡大コピーして何度も解くようにしよう

 

最後に、計算スピードを上げたい中学生向けおすすめ計算問題集である、「高校入試突破計算力トレーニング」の使い方についてみていきます。

計算スピードを上げるには、毎日少しずつ解くことが大切です。

そのため、計算が速くなるまでは1日1~2ページ分は解くようにしましょう。

また、解く前に右ページの計算問題を何枚かコピーしておきましょう。(できれば拡大コピーをするとより書きやすくなります。)

これにより、何回も計算練習ができるようになるためオススメです。

そして、解き方ですが、最初に左ページを見て解き方を理解します。

その後はストップウォッチを使って、制限時間内に解けるかどうかを練習しましょう。

なお、本に書かれている制限時間はかなり厳しいですので、相当練習しないと時間内には解ききれません。

何度も練習して計算スピードを上げるようにしましょう。

 

 

イ 「高校入試突破計算力トレーニング」を解くペースは?

→短期集中で一気に計算力を付けよう

 

「高校入試突破計算力トレーニング」を解くペースとしては、1日2~3単元程度解くのがオススメです。

それは、これくらいのペースで解かないと、計算力を身につけることができないからです。

この問題集の一つの単元の設定タイムは長くても5分ですので、

①テクニック確認
②問題を解く
③答え合わせ・解き直し

を含めても15~20分あれば1セットは終わるはずです。(同じ問題を繰り返しやればやるほどかかる時間はより短くなります。)

それを2~3セット行いますので、1日あたりの計算にかける時間は1時間くらいになります。

これを本に書かれている設定タイムを切ることができるようになるまで繰り返しましょう。

そうすることによって、計算スピードが飛躍的に上がっていきます。

 

 

 

ウ 「高校入試突破計算力トレーニング」を解き終えたら次は何をする?

→「白チャート」などを使って高校数学の勉強に取り掛かろう

 

「高校入試突破計算力トレーニング」で計算のスピードを上げたら、いよいよ高校数学の勉強に入っていきます。

とはいえ、いきなり大学入試レベルの問題集を使っても難しいと感じるでしょうから、まずは教科書レベルの問題が確実に解けるようにしましょう。

おすすめ教材は「白チャート」です。

「白チャート」は「チャート式」問題集の中で一番易しいレベルの参考書ですが、教科書に出るような問題がほぼ網羅されていますので、この本を使って今まで習った内容の復習をするようにしましょう。

白チャートの問題がスラスラと解けるようになれば、高校数学の土台が出来上がっていきます。

 

 

 

 

 

関連記事

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

「高校生向けおすすめ参考書・問題集」記事一覧はこちら