【高校生定期テスト古文】おすすめ参考書・問題集(2)「望月光の古文教室(古典文法編)」【535記事目】

 

 

【高校生定期テスト古文】おすすめ参考書・問題集(2)「望月光の古文教室(古典文法編)」の使い方について豊橋の学習塾の教室長の西井が紹介していきます。(この記事は535記事目です。)

 

 

「望月光の古文教室(古典文法編)
①対象者 古典文法の内容を理解したい高1生~受験生
②特徴 レイアウトが見やすい。基礎の基礎から説明しているため初学者が使いやすい。

 

 

①「望月光の古文教室(古典文法編)」とはどのような参考書か?

【動画】参考書MAP|望月光の古文教室 古典文法編【武田塾】

 

 
 

 

ちゃちゃ丸
「望月光の古文教室(古典文法編)」とはどんな参考書なのかニャー?
モモ先生
高1生や古文の苦手な人向けに書かれた古典文法の参考書ですよ。

 

 

ア 「望月光の古文教室(古典文法編)」とはどんな参考書か?

→古典文法の基礎の基礎から書かれている分かりやすい参考書

 

「望月光の古文教室(古典文法編)」とは、旺文社が出版している参考書で、代々木ゼミナールの望月光先生が書かれた参考書です。

この本は、高1生や古文が苦手な受験生向けに、古典文法の基礎の基礎から扱っている参考書です。

そのため、細かい内容や発展内容は載っていませんが、この本だけでも十分に高校の古典文法の内容は理解できます。

下手に難しい内容まで扱っている参考書を使うよりも、「望月光の古文教室(古典文法編)」を使ったほうがいいでしょう。

 

 

 

 

イ 「望月光の古文教室(古典文法編)」を使うべき人は?

→古文をこれから習う高1生や古文の苦手な受験生向けの参考書

 

「望月光の古文教室(古典文法編)」を使うべき人は、「古文をこれから習う高1生や古文の苦手な受験生」です。

この本は対象レベルが「高校基礎~センター(共通テスト)」となっていますので、初学者向けの教材と言えます。

中を見ると、基本的な内容に絞った印象を受けます。

ですので、古典文法をこれから習う高1生や古文が苦手な受験生向けの教材といえます。

定期テストの文法の問題はそこまで難しいものが出ません。

ですので、この本で十分対応ができます。

学校の文法問題集などを使っていて解説を読んでも分からないことがあれば、この本で調べていくとよいでしょう。

 

豊橋の個別指導塾「とよはし練成塾」

TEL(0532)-74-7739

 

 

 

 

②定期テスト対策向けおすすめ古典文法の参考書は「望月光の古文教室(古典文法編)」で決まり!

 

ちゃちゃ丸
「望月光の古文教室(古典文法編)」のおすすめポイントを知りたいニャー
モモ先生
基本的な内容に絞っている点がオススメですよ。

 

 

ア「望月光の古文教室(古典文法編)」が定期テスト対策向けおすすめ古典文法の参考書である理由①(細かいものまで載っていない)

→書き下し文と現代語訳がないと人によっては理解しづらい

 

「望月光の古文教室(古典文法編)」が定期テスト対策におすすめの古典文法の参考書である理由の一つ目は、「細かいものまで載っていない」からです。

古典文法の参考書によってはかなり細かい内容まで解説しているものがあります。

しかし、高1生や古文の苦手な受験生がこのような参考書を使ってしまうと、読むべき量が多くなってしまい負担がかかってしまいます。

そのため、古文をこれから勉強しようと思っている人は、最小限の内容(最も重要な内容)に絞ってある参考書を読んだ方が効率的です。

「望月光の古文教室(古典文法編)」はそういったコンセプトで書かれているため、非常に使いやすいです。

 

 

イ 「望月光の古文教室(古典文法編)」が定期テスト対策向けおすすめ古典文法の参考書である理由②(解説が詳しい)

→使用者に易しい工夫がされている

 

「望月光の古文教室(古典文法編)」が定期テスト対策におすすめの古典文法の参考書である理由の二つ目は、「解説が詳しい」からです。

具体的には、

・講義調で書かれており読みやすい
・説明がシンプルで読みやすい(情報量がいい意味で少ない)
・重要部分は太字で書かれている

といった工夫がされており、理解しやすいです。

そのため、学校の文法問題集や「古典文法マスタードリル」などの問題集を解いているときに、分からないところが出てきたらこの本を使って調べていくとよいでしょう。

 

 

 

 

関連記事

 

豊橋の個別指導塾「とよはし練成塾」

TEL(0532)-74-7739

 

 

 

 

③定期テスト対策向けおすすめ古典文法の参考書「望月光の古文教室(古典文法編)」の使い方は?

 

ちゃちゃ丸
「望月光の古文教室(古典文法編)」はどうやって使っていけばいいのかニャー?
モモ先生
教科書や問題集で分からないところがあれば、この本で調べるようにしましょう。

 

 

ア 「望月光の古文教室(古典文法編)」の使い方は?

→教科書や問題集で分からないところがあればこの本で調べるようにしよう

 

ここでは定期テスト対策向けにおすすめの古典文法の参考書である「望月光の古文教室(古典文法編)」の使い方についてみていきます。

この本の使い方は、教科書を読んでいるときや問題集を解いているときに分からないことがあれば調べる用に使ってください。

それは「望月光の古文教室(古典文法編)」は全部で250ページ近くあり、一から全て読むと時間がかかってしまうからです。

ですので、この本を最初から全部読むのではなく、分からないところがあればその内容を確認するために使うようにして下さい。

古典文法はただ覚えればできるというものではなく、助動詞や敬語などでは理解が必要な内容もあります。

ですので、「なぜそうなるのか?」が分からない場合は、「望月光の古文教室(古典文法編)」を読んで疑問点を解決するようにしましょう。

それでも分からない場合は、学校の先生や塾の先生に聞くようにして下さい。

 

豊橋の個別指導塾「とよはし練成塾」

TEL(0532)-74-7739

 

 

「定期テスト勉強法、高1・2受験勉強法」記事一覧はこちら