高校入試合格に向けた理科の勉強法⑤ (塾での指導方法)【506記事目】

 

愛知県高校入試問題の理科の塾での指導方法について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は506記事目です。)

 

 

①愛知県高校入試の理科で高得点を取るための学習塾での指導法は?

【動画】【高校受験の勉強法】中学生向けに国語、社会、数学、理科、英語別で元教師が完全解説

 

 

ちゃちゃ丸
愛知県高校入試の理科で高得点を取るためにはどんな勉強をしたらいいのかニャー?
モモ先生
今回は愛知県高校入試の理科で高得点を取るために、当塾がどのような指導をしているかについて紹介していきます。

 

 

とよはし練成塾では、5教科に対応している個別指導塾です。

基本的には英語・数学の指導を中心に行っています。

一方で、国語・理科・社会は土曜日の午後の集団授業で対応させていただいています。

ここでは、

①1学期 中1~中3の1学期までの復習(基礎固め)
②2学期 中3の2学期の内容の復習+応用問題を解く
③冬休み以降 過去問演習+弱点分野の復習

といった流れで個々に合わせた授業を行っています。

 

 

ア 愛知県高校入試(理科)で高得点を取るための学習塾での指導法①(基礎知識を身につける)

→いきなり問題集を解くのではなく、最初に用語や公式をしっかりと覚えるところから始まる

 

愛知県高校入試(理科)で高得点を取るための学習塾での指導法の一つ目は、「基礎知識を身につける」ことです。

理科ができるようになるには、まずは基礎知識を身につけることが必要になってきます。

最初は「フォレスタステップ理科」という塾教材を使い、中1から中3までの習った内容を総復習していきます。

具体的な授業の流れとしては、

・宿題でフォレスタステップの赤字部分を覚えてくる
・授業の最初に覚えたかどうかをチェック(しっかりと覚えていない場合はその場で覚え直す)
・社会の場合は用語を漢字で書けるかどうか、理科の場合は基本問題が解けるかどうかチェック
・できたら次の単元へ進む。そうでない場合は解説をし類題を解く。

となっています。

知識がないのにいきなり問題を解いてもあまり効果はありません。

そうではなく、最初に用語や公式を覚え、その上で基本問題ができるようにすることを重視しています。

また、一回解いただけでは時間が経つと忘れてしまいますので、定期的に復習をしていくようにしています。

 

 

イ 愛知県高校入試(理科)で高得点を取るための学習塾での指導法②(応用問題を解く)

→入試問題レベルの問題に慣れる

 

愛知県高校入試(理科)で高得点を取るための学習塾での指導法の二つ目は、「応用問題を解く」ことです。

「フォレスタステップ理科」で基礎を固めた後は、「フォレスタゴール理科」を使って応用問題を解いていきます。

「フォレスタゴール理科」は全国の都道府県の過去問が単元別に並んでいる問題集です。

ここもいきなり問題を解くのではなく、

・宿題でフォレスタゴールの赤字部分を覚えてくる
・授業の最初に覚えたかどうかをチェック(しっかりと覚えていない場合はその場で覚え直す)
・社会の場合は用語を漢字で書けるかどうか、理科の場合は基本問題が解けるかどうかチェック
・できたら次の単元へ進む。そうでない場合は解説をし類題を解く。

といった流れで授業を進めていきます。

フォレスタゴールの内容ができるようになれば、愛知県の入試問題もスラスラと解ける力がつくようになります。

 

 

 

ウ 愛知県高校入試(理科)で高得点を取るための学習塾での指導法③(過去問演習)

→過去問を解き、できなかった問題は解説を読んで理解を深めます

 

愛知県高校入試(理科)で高得点を取るための学習塾での指導法の三つ目は、「過去問演習」です。

最後に愛知県の過去問を解いていきます。

事前に家で問題を解いてきてもらい、(答えは塾で回収します)その後間違えた問題については解答解説を見て理解をします。

また、問題集に戻って復習したほうがいい場合には、「フォレスタステップ理科」や「フォレスタゴール理科」に戻って再度基礎固めを行っていきます。

なお、早めに過去問が終わった生徒には、「愛知の理科」などの教材も使用していきます。

 

 

NEXT→⑥「高校入試理科のおすすめ参考書・問題集」
④「高校入試理科の勉強法④(入試問題の解き方)」←BACK

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

「高校入試教科別勉強法」記事一覧はこちら