高校入試合格に向けた英語の勉強法⑦(和文英訳・自由英作文)【482記事目】

 

高校入試合格に向けた英語の勉強法で和文英訳・自由英作文対策について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は482記事目です。)

 

 

①中学英語の定期テストで差がつきやすいのは英作文と英問英答です

【動画】英作文中学生よくあるミス5選

 

 

ちゃちゃ丸
中学生の英語の定期テストで難しい単元はどこかニャー?
モモ先生
英作文と英問英答が特に難しいですよ

 

 

中学英語の定期テストでは、

①リスニング
②文法問題
③教科書本文に関する長文問題
④ワークやプリントにある長文問題
⑤和文英訳・自由英作文

が出題されます。

その中で特に難しいのは英作文英問英答です。

英作文は、最近では条件英作文が多く出題されています。(「あなたが昨日したことを英語で書きなさい」といった問題が条件英作文です。)

また、英問英答とは長文読解問題の中で出題されるもので、「Where did he play soccer?」といった問いに対して英語で答えるといったタイプの問題です。

この2つは、

①英単語・英熟語を覚えている
②英文法のルールを知っている
③何について答えればいいか問題の意味が分かっている

といった力が求められるため、難易度が高くなっています。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

②高校入試の英語で高得点を取りたい中学生の英作文の解き方、勉強法は?

【動画】英作文のコツを伝授!【考え方・心構え】

 

 

ちゃちゃ丸
英作文が得意になるにはどんな勉強をしたらいいのかニャー?
モモ先生
英語の知識を増やすことから始めましょう。

 

 

ア 高校入試の英語で高得点を取りたい中学生の英作文の勉強法は?

→まずは英語の知識を増やすことから始めよう

 

最初に高校入試の英語で高得点を取りたい中学生の英作文の勉強法についてみていきます。

英作文ができるようになるには、知識を増やすことが必要です。

具体的には、

①英単語や英熟語を覚える
②文法のルールを覚える
③並び替え問題をたくさん解く

といったことをやっていきましょう。

知識がないことには英作文はできませんので、最初に必ずやるようにして下さい。

また、基本例文を覚える際には、文のルールを理解することや主語や動詞を意識しながら覚えていくと効果的になります。

なお、文法の復習は、動画授業を見ることができる「やさしくまるごと中学英語」がおすすめです。

この本の中にある問題を解いて、できなかった問題は動画授業を見て理解するようにしましょう。

 

関連記事

 

 

イ 高校入試の英語で高得点を取りたい中学生の英作文の解き方は?

→英語の文章は「主語+動詞」の順番で始まることを意識しよう

 

次に高校入試の英語で高得点を取りたい中学生の英作文の解き方や注意点についてみていきます。

 

A 主語+動詞の順で書く

 

英作文の基本は「主語+動詞」の順に書くことです。

例えば、「私は英語の勉強をします」であれば、「I【主語】study【動詞】 English.」となります。

また、「彼女は美しかった」という文になると、「She beautiful.」としてしまう人がいます。

ただこれでは動詞がありませんので、「She【主語】 was【動詞】 beautiful.」のように必ず動詞をつけるようにしましょう。(be動詞を忘れる人が非常に多いです。)

 

 

B 名詞の前にaやtheをつけることを意識する

 

次によくやるミスは名詞をそのまま書いてしまうことです。

例えば、「これはペンです」という文を「This is pen.」という風に書いてしまうと減点されてしまいます。

そうではなく、「This is a pen.」とpen【名詞】の前にaやtheをつける癖をつけるようにしましょう。

ただし、複数形の名詞や不可算名詞の場合もありますので、何でもかんでもaやtheをつければいいというわけではないので気を付けてください。

 

 

 

C 場所や時を表したい時は前置詞をつけることを意識する

 

「私は公園でサッカーをします」という文で、「I play soccer the park.」と間違えてしまう人がいます。

基本的に場所や時を表す語句には名詞の前に前置詞(inやatなど)をつけることを意識しましょう。

上の文の場合であれば、「公園で」が場所を表す言葉になりますので、「in the park」という風に前置詞inを公園の前につける必要があります。

 

 

D 書きやすい文章で書く

 

条件英作文の場合は自分自身について基本的に書いていくことになりますが、正直に書いてしまうと英単語をどう書けばいいかが思いつかない時もあります。

例えば、「あなたが昨日したことを英語で書きなさい」という問題で、本当は「私は昨日、書道教室に行った」とします。

ただ、「書道」が英語で書けないと手が止まってしまいます。

その場合は、「私は公園でサッカーをした」といったように書きやすい文章で書くようにしましょう。

 

 

 

E 英問英答問題の解き方は?

 

最後に英問英答問題の解き方についてみていきます。

例題として「Where did Ken play soccer?」とし、答えを「公園でサッカーをした」とします。

英問英答問題の解き方は以下の通りです。

①主語を確認する:主語は「Ken」なので「he」に変える
②動詞の時制を確認する:「did」があるので過去形
③名詞を代名詞に変える:「soccer」を「it」にする
③主語+動詞の順で書く:「He played it in the park.」となる

この順番でやっていけば、間違えることなく英問英答問題ができるようになります。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

③高校入試対策向けおすすめ英作文問題集はどの問題集?

【動画】ズルい!自由英作文の書き方!英語力がなくても書けてしまうwww【篠原好】

 

 

 

ちゃちゃ丸
高校入試向けおすすめ英作文用問題集を知りたいニャー
モモ先生
解説が詳しい問題集を使うとよいでしょう。

 

 

ここでは、高校入試用の英作文問題集で特におすすめするものを紹介していきます。

 

 

ア 「高校入試スーパーゼミ英作文」

→文法の復習からできる英作文専用の問題集

 

 

 

高校入試対策の英作文用おすすめ問題集の一つ目は、「高校入試スーパーゼミ英作文」です。

「高校入試スーパーゼミ英作文」が、高校入試向けのおすすめ英作文問題集である理由は、「英文法の復習ができる」からです。

いきなり英作文の問題から始まってしまうと、英文法の知識が十分ない人は問題を解くことができません。

ですので、最初は文法の確認をして、そこで忘れてしまった内容は復習する方が効果的です。

「高校入試スーパーゼミ英作文」は、第1章が「文法項目別導入編」となっており、そこで文法の確認ができるようになっているため、おすすめです。

また、この本はテーマ別に英作文の練習ができます。

テーマ別とは、

・家事、料理
・学校生活
・趣味
・旅行

 

といったように、高校入試や英検でよく出るテーマごとに英作文の練習ができるようになっています。

そのため、ここで出てきた表現や言い回しを覚えていくと、自然と自由英作文の対策にもなっていきます。

量は多いですが、英語で高得点を取りたい人は、ここで出てくる文章を全て暗唱するようにしましょう。

 

関連記事

 

 

イ 「高校入試たった7日で超攻略英作文」

→自由英作文の書き方のコツが分かる問題集

 

 

 

高校入試対策の英作文用おすすめ問題集の二つ目は、「高校入試たった7日で超攻略英作文」です。

「高校入試たった7日で超攻略英作文」が、高校入試向けのおすすめ自由英作文問題集である理由は、「解き方が詳しく書かれている」からです。

そもそも自由英作文に特化した問題集はあまりありません。

ただ、その中でもこの本は、自由英作文への解き方が非常に詳しく書かれています。

例えば、自分の考えに理由を添えて書く問題では、「考え+because+理由」の形を使おうという風に、どう書けばいいのかについて詳しく説明がされています。

また、例題に対しては、「問題を解く手順」があり、その通りに書いていけば、自由英作文を書くことができるようになっています。

そのため、独学で自由英作文をやる人や英作文が苦手な人にも非常に使いやすくなっています。

また、この本はテーマ別に英作文の練習ができるようになっています。

テーマ別とは、

・自分の考えとその理由を書く問題
・イラストを見て英文を書く問題
・英文を読んで自分の意見を書く問題

といったように、高校入試でよく出るテーマごとに自由英作文の練習ができるようになっています。

そのため、まずはそれぞれの問題ごとの解き方を理解し、その後は実践問題でできるかどうかを確かめて下さい。

なお、書いた英文は学校の先生などに添削してもらうといいでしょう。

 

関連記事

 

 

NEXT→⑧「高校入試英語の勉強法⑧(入試問題の解き方)」
⑥「高校入試英語の勉強法⑥(リスニング対策)」←BACK

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

「高校入試教科別勉強法」記事一覧はこちら