【中学生・高校生】勉強計画の立て方と計画通りに進まないときの対処法は?【473記事目】

 

中学生や高校生向け勉強計画の立て方と計画通りに進まないときの対処法は?について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は473記事目です。)

 

 

①中学生や高校生が勉強計画を立てる意味は?

【動画】勉強計画を立てろ!なぜ難関大合格には「勉強計画」が必要不可欠なのか?~受験を成功に導くために必要なこと~京大模試全国一位の勉強法【篠原好】

 

 

ちゃちゃ丸
定期テストや入試勉強の前に勉強の計画を立てた方がいいのかニャー?
モモ先生
計画を立てることで何をしたらいいかが分かるようになりますよ。

 

 

ア 中学生や高校生はなぜ勉強計画を立てる必要があるのか?

→計画を立てることで効率よく勉強することができる

 

みなさんは定期テストや入試勉強をする前に学習計画を立てていますか?

中には計画を立てずにやみくもに勉強をする人がいるかもしれませんが、必ず勉強をする前に勉強計画を立てるようにしましょう。

それは、計画を立てることで、

①いつまでに何をしなければいけないかが分かる
②一日の中でどの時間帯なら勉強できるかが把握できる
③一日の勉強ペースが分かる
④好きな科目だけ勉強し、苦手な科目はやらないといった勉強の偏りを防ぐことができる

といった効果が望まれるからです。

計画を立てずに勉強をすると、無駄な勉強をしてしまったり、何のために勉強しているのかが分からなくなったりしがちです。

そうならないためにも、勉強をする前に必ず計画を立てるようにしましょう。

 

 

イ 中学生や高校生が自分に合う勉強計画を立てることは難しい

→勉強法に関する本やYouTube動画などを見て、自分に合う学習計画を立てよう

 

とはいえ、中学生や高校生が自分に合う勉強計画を立てることはなかなか難しいです。

定期テストであれば何回も受けているため、まだ計画を立てやすいですが、高校入試や大学入試の場合は受けたことがない人が多いため、どうやって計画を立てたらいいかが分からない人が多いでしょう。

そのため、計画を立てるにしても、

①入試までにどんな勉強をしたら分からない
②どの参考書や問題集を使ったらいいかが分からない
③どこまで仕上げれば合格できる力がつくのかが分からない
④過去問をいつから始めたらいいかが分からない

といったところでつまづいてしまいます。

そのため、仮に受験に向けた計画を立てたとしても、それが自分に合っているかどうかはやってみないと分からないのです。

ですので、まずは計画を立てる前に「正しい計画の立て方」を知る必要があります。

それには、

・勉強に関する本を読む
・YouTube動画で計画の立て方について学ぶ
・学校の先生や塾の先生に聞く
・学習計画アプリを使う

といったことをして、自分に合った学習計画が立てられるようにしましょう。

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

②中学生や高校生で勉強が計画通りに進まないときの対処法は?

【動画】「勉強しなきゃ…」と思ってもなかなか勉強に手がつかない?計画倒れにならない方法!!|受験相談SOS

 

 

ちゃちゃ丸
勉強が計画通りに進まないときはどうしたらいいのかニャー?
モモ先生
自分の立てた計画に無理がないかしっかりと見直してみましょう。

 

 

ア 中学生や高校生の勉強が計画通りに進まない理由は?①(急に学習時間を増やしてしまった)

→徐々に勉強時間を増やすようにしよう

 

中学生や高校生の勉強が計画通りに進まない理由の一つ目は、「急に学習時間を増やしてしまった」からです。

今まで学習習慣がなかった人が、いきなり「毎日10時間勉強しよう」と思って計画を立てたとしても、やはり長くは続きません。(三日坊主で終わってしまいがちです。)

勉強時間は急に増やしてもうまくいかないことが多いです。

徐々に増やしていき、最終的に長い時間勉強ができるようにしていきましょう。

 

関連記事

 

 

イ 中学生や高校生の勉強が計画通りに進まない理由は?②(予備日を作っていない)

→予備日を作ることで計画の遅れを挽回できる

 

中学生や高校生の勉強が計画通りに進まない理由の二つ目は、「予備日を作っていない」からです。

毎日コツコツと勉強できればいいですが、時には

・風邪を引いて勉強ができなかった
・やる気が出ずに勉強したくない
・家の用事が急にできて勉強ができなかった

ということで勉強ができないときも出てきます。

そしてそれが続くと最初に立てた計画から遅れてきて、計画通りにいかなくなってしまいます。

ですので、ガチガチの学習計画を立てるのではなく、予備日(空き時間)を作り、万が一勉強が計画通りに進まなかったときにも調整できるようにしましょう。

そうすることで、勉強が遅れ気味になっても、予備日で勉強すれば計画の遅れをなくすことができるようになります。

 

関連記事

 

 

 

ウ 中学生や高校生の勉強が計画通りに進まない理由は?③(自分のレベルにあった問題集を使っていない)

→難しすぎる問題集を使うと、思ったよりも時間がかかってしまう

 

中学生や高校生の勉強が計画通りに進まない理由の三つ目は、「自分のレベルにあった問題集を使っていない」からです。

自分のレベルに合っていない問題集を使うと、解くのに時間がかかりなかなか進めることができません。

ですので、少し解いてみて「難しい」「解説を見ても分からない」と思ったら、その問題集よりも易しめの問題集を使った方がいいでしょう。

易しめの問題集を完璧にするまで何度も繰り返すことで、知識が頭の中に入ってきます。

そのためにも、自分のレベルに合った問題集を使うようにしましょう。

 

関連記事

 

 

NEXT→⑪「受験勉強は量と質どちらが大事?」
⑨「起きる時間や寝る時間を固定しよう」←BACK

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

「勉強の心構え」記事一覧はこちら