【中学生・高校生】数学で分からない問題が出たらどうする?おすすめ解決法は?【467記事目】

 

中学生や高校生で数学で分からない問題が出たらどうするか、分からない問題が出てきた時のおすすめ解決法について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は467記事目です。)

 

 

①中学生や高校生が数学で分からない問題が出てきた時の対処法は?

【動画】問題解けない→解説分からない→イライラ

 

 

 

ちゃちゃ丸
数学で分からない問題にどう対処したらいいのかニャー?
モモ先生
人に聞く、動画授業を見る、アプリを使うなどして解決しましょう。

 

 

ア 中学生や高校生が数学で分からない問題が出てきた時の対処法は?①(何時間も考えて解かない)

→5分くらい考えて分からない問題は答えを見よう

 

中学生や高校生が数学で分からない問題が出てきた時の対処法の一つ目は、「何時間も考えて解かない」ことです。

よく数学の先生などが、「分からない問題はあきらめずにじっくりと考えて解きなさい」と言います。

確かにその意見は正しいのですが、それはあくまである程度数学が解ける人(定期テストで80点以上取れる人)がやるべきことなのです。

基礎が固まっている人は、応用問題に慣れるためにも難しい問題にじっくり取り組むことには意味があります。

しかし、数学が苦手な人や解き方を忘れてしまっている人が考えても時間の無駄です。

解き方の分からない問題に1時間も2時間もかけて解くくらいであれば、さっと答えを見て解き方を理解したほうがいいでしょう。

数学を解く上で大事なのは、

①問題の解き方を理解する
②自力で解けるように練習する
③類題を解く

といった流れで進めることです。

そのため、5分くらい考えて分からない問題は、答えを見てやり方を理解するようにしましょう。

 

 

イ 中学生や高校生が数学で分からない問題が出てきた時の対処法は?②(先生などに質問する)

→一番手っ取り早く解決できるが、質問をするタイミングがつかみづらい

 

中学生や高校生が数学で分からない問題が出てきた時の対処法の二つ目は、「先生などに質問する」ことです。

ここからは解説を見ても分からないときの対処法についてみていきます。

まずは、学校の先生や塾の先生に解き方を聞くことです。

これが一番疑問点を解決できる方法です。

ただし、学校の先生の場合は学校のワーク、塾の先生の場合は塾で使っている教材しか基本的には答えてくれません。(市販の問題集の問題にも答えてくれる先生もいるとは思いますが。)

また、

・先生が忙しい場合は、質問するタイミングがつかみづらい
・何問もまとめて質問しづらい

といったこともありますので、質問をする際には周りへの配慮をするようにして下さい。

 

 

 

ウ 中学生や高校生が数学で分からない問題が出てきた時の対処法は?③(参考書で調べる)

→「ニューコース」や「白チャート」などを使って解き方を理解しよう

 

中学生や高校生が数学で分からない問題が出てきた時の対処法の三つ目は、「参考書で調べる」ことです。

家にいる場合には、先生に聞くことができません。

そこで参考書を使って解き方を調べることになります。

市販の参考書の中にはとても分かりやすいものがあります。

それらを使って解き方を理解するようにして下さい。

なお、おすすめの参考書は以下の通りです。

 

関連記事

①中学生 「ニューコース中学数学」
→途中式の説明が日本語で書かれているため、内容を理解しやすい
②高校生 「白チャート」
→教科書レベルの問題の解説が詳しい

 

これらの参考書を使うことで、分からない問題が理解できるようになります。

 

 

エ 中学生や高校生が数学で分からない問題が出てきた時の対処法は?④(YouTube動画を見る)

→動画授業で分かりやすいがどこにあるのかが探しにくい

 

中学生や高校生が数学で分からない問題が出てきた時の対処法の四つ目は、「YouTubeの授業動画を見る」ことです。

YouTubeの授業動画には、塾の先生などが分かりやすく数学の問題の解き方を説明しているものがたくさんあります。

参考書を見てもなかなか理解できない人は、それらの動画を見るようにしましょう。

YouTubeの検索欄に「学年+数学+単元名(+問題名)」を入力すると該当する問題が出てきます。

例えば、中2の連立方程式(文章題)で割合の問題が分からない場合は、「中2 連立方程式 文章題 割合」と入力すると出てくるようになります。

その動画を何度も見て、内容を理解するようにしましょう。

 

 

 

オ 中学生や高校生が数学で分からない問題が出てきた時の対処法は?⑤(スマホのアプリを使う)

→動画授業で分かりやすいがどこにあるのかが探しにくい

 

中学生や高校生が数学で分からない問題が出てきた時の対処法の五つ目は、「スマホのアプリを使う」ことです。

「数学検索アプリークァンダ」というアプリでは、分からない問題をスマホで撮影すると、類似問題の解説をさっと表示してくれます。

また、東大や京大などの名門大学の生徒がリアルタイムで質問に答えてくれるという非常に便利なアプリです。

小学生から高校生までの数学に対応しているので、分からない問題が多い人はこのアプリを活用していくといいでしょう。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

<中学数学について>

③「数学の文章題が苦手になる原因は?」←BACK

 

 

「中学生の勉強法」記事一覧はこちら