【中学生・高校生】一週間の学習スケジュール(週間計画表)の立て方は?【463記事目】

 

中学生や高校生の一週間の学習スケジュール(週間計画表)の立て方について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は463記事目です。)

 

 

①中学生・高校生が週間学習計画を立てる意味は?

【動画】【勉強計画の立て方】おすすめの計画表の書き方!1週間の計画ノートを作ろう!

 

 

ちゃちゃ丸
勉強の計画は立てた方がいいのかニャー?
モモ先生
勉強計画を立てることでいつどこで何を勉強したらいいかが分かるようになりますよ。

 

 

中学生・高校生が週間学習計画を立てるべき理由は、

・週のどの曜日が部活動や習い事で忙しいのか?
・普段の宿題の量はどれくらいなのか?
・どの時間帯で勉強ができるのか?

といったことを把握するためです。

みなさんの中には、テスト週間以外は学校の宿題をやって終わりという人がいるかもしれません。

しかし、普段の勉強をコツコツとやることで、定期テストや入試勉強がスムーズに進めることができます。

そのため、計画を立てることで空いている時間を見つけ、そこで自主的に勉強をすることが大切なのです。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

②中学生・高校生向けおすすめ週間学習計画の立て方は?

【動画】【勉強計画の立て方】中学生は1時間刻みでスケジュールを組むべきか?【元中学校教師道山ケイ】

 

 

ちゃちゃ丸
一週間の学習スケジュールの立て方を知りたいニャー
モモ先生
自分の月曜日から日曜日の一週間の動きを振り返ることから始めましょう。。

 

 

ア 中学生・高校生向けおすすめ週間学習計画の立て方は?①(部活動や習い事の時間を把握する)

→どこの時間帯で勉強できるのか現状把握をしよう

 

中学生・高校生向けおすすめ週間学習計画の立て方の一つ目は、「部活動や習い事の時間を把握する」ことです。

週間計画表を立てる際には、月曜日から日曜日の一週間の中で、

・起床時間、就寝時間(できれば固定してほしいです)
・晩ごはん、お風呂の時間
・部活動がある曜日と活動時間
・習い事がある曜日と活動時間

がいつなのかを確認するところから始めるようにしましょう。

そうすることでどの時間帯であれば勉強ができるのかが分かるようになります。

例えば、

①帰宅時間19:00
②塾(月曜日と水曜日)
③就寝時間23:00
④起床時間6:00

であれば、平日で勉強ができる時間帯が、朝と夜(月曜日と水曜日以外)となります。

このように勉強できる時間帯を把握できると、効率よく勉強ができます。

 

関連記事

 

 

イ 中学生・高校生向けおすすめ週間学習計画の立て方は?②(宿題の量を把握する)

→宿題の少ない日にはそれだけ自分の勉強に時間を充てることができる

 

中学生・高校生向けおすすめ週間学習計画の立て方の二つ目は、「宿題の量を把握する」ことです。

自分の一週間の動きを把握した後は、学校や塾などで出る宿題の内容や量を把握しましょう。

例えば、一週間で出る宿題が、

なし英単語小テスト勉強

古文予習

数学問題集4ページ古文単語小テスト勉強数学問題集6ページ

だったとします。

すると、火曜日は英単語の小テストに向けた勉強と古文の予習があり、宿題にかける時間は多くなります。

一方で、月曜日は学校の宿題がないため、自分の勉強に時間を費やすことができます。

そのため、宿題の量を把握することで、どの曜日にどれくらい自主勉強ができるのかが分かるようになるのです。

 

 

 

ウ 中学生・高校生向けおすすめ週間学習計画の立て方は?③(勉強に優先順位をつける)

→苦手科目の克服は最優先で勉強したい

 

中学生・高校生向けおすすめ週間学習計画の立て方の三つ目は、「勉強に優先順位をつける」ことです。

「自主的な勉強をしなさい」と言われても、具体的に何をやったらいいかが分からない人もいるかもしれません。

そこで、特にみなさんにやってほしい勉強は、

①苦手科目の克服
②英語・数学の復習(基礎固め)

です。

これらを順番にみていきます。

 

A 苦手科目の克服

苦手科目の克服は特に重点的にやってほしいことです。

それは、苦手科目は放置したままでは、いつまでたってもできるようにはならないからです。

そのため、普段の学習では苦手科目ができるようにするための勉強をするようにしましょう。

具体的には、

①分かりやすい参考書を読んで内容を理解する(YouTubeの授業動画もおすすめ)
②用語や公式、基本的な解き方を暗記する
③基本的なレベルの問題集を一冊完璧にする

といったことを行うようにしましょう。

 

関連記事

 

 

B 英語や数学の復習(基礎固め)

また、英語や数学の復習も大切です。

それは、英語や数学は積み重ね教科であるため、今まで習った内容をしっかりと復習しないと、今後授業の内容が分からなくなってしまう可能性が出てくるからです。

また、普段から勉強することで、高校入試や大学入試の基礎固めにもつながります。

英語は、「英単語、英熟語の暗記」や「英文法の理解」を、数学は「基本問題の解き方の復習」をコツコツとしていくとよいでしょう。

 

関連記事

 

さらに時間に余裕があれば、

・漢字の勉強をする
・語彙力を高める
・読書をする

といったことを行い、国語の読解力を高めることをしていくとなおいいでしょう。

 

 

NEXT→⑧「夏休み・冬休みなどの長期休暇の過ごし方は?」
⑥「隙間時間を使った勉強法は?」←BACK

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

「勉強の心構え」記事一覧はこちら