【中学生・高校生】勉強への心構え①(メンタル・心理面)【452記事目】

 

中学生・高校生が成績がアップするための受験勉強への心構え(メンタル・心理面)について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は452記事目です。)

 

目次

①受験勉強における様々なメンタル(気持ち)への向き合い方は?(1)

【動画】【最強のメンタルの作り方】8つの方法で勉強の成果を最大化

 

 

ちゃちゃ丸
テスト前に緊張して力が出せないニャー
モモ先生
今回は勉強する上においてメンタル(精神)面とどう向き合っていくかについてみていきます。

 

 

ア 受験勉強におけるメンタル面との向き合い方①(なぜ勉強をするのか?)

 

「なぜ勉強をするのか?」に対する私の答えは、「将来の選択肢を広げる」ためだと考えています。

勉強をすることで様々な生き方を選ぶことができます。

逆に言うと、勉強をしないと大人になった時にできることが限られてしまいます。

そうならないためにも、学生の時にしっかりと勉強をして自分を高め、自分のしたいことができる人生を歩めるようにしましょう。

 

関連記事

 

 

イ 受験勉強におけるメンタル面との向き合い方②(勉強でやる気が出ない原因は?)

 

「勉強でやる気が出ない原因」は、

・体が疲れている
・部屋が汚い
・レベルに合った問題集を使っていない
・勉強をする目的が分かっていない

といった原因があります。

ですので、自分がなぜ勉強にやる気が出ないのかを見つめ直し、どうすればやる気が出るのかを考えるようにしましょう。

 

関連記事

 

 

 

ウ 受験勉強におけるメンタル面との向き合い方③(スランプになる原因は?)

 

「勉強でスランプになる原因」は、

・勉強をしても成績が上がらない
・勉強へのやる気が出ない

といったことが考えられます。

また、スランプから抜け出すには、「勉強の環境を変える」「基本的な内容を完璧にする」といったことがありますので、スランプ気味の人はこれらのことをやってみるといいでしょう。

 

関連記事

 

 

エ 受験勉強におけるメンタル面との向き合い方④(三日坊主になる原因は?)

 

「勉強が続かず、三日坊主になる原因」は、

・計画が無謀すぎる
・目標が高すぎる
・キリのいいところで勉強が終わってしまう

といったことがあります。

また、三日坊主にならないためには、「目標を現実的なものにする」「休む日は休む」といったことがありますので、少しずつ勉強の負荷をかけていくようにしましょう。

 

関連記事

 

 

 

オ 受験勉強におけるメンタル面との向き合い方⑤(自分は頭が悪いと思ってしまう人へ)

 

「自分は頭が悪いと思ってしまう人」に対するアドバイスとしては、

・遺伝による頭の良し悪しはほぼない
・幼少期の生活と家庭環境で地頭に差が出てくる
・勉強の量や質が悪いと結果が出にくい

といったことです。

そのため、自分の勉強方法を見直し、質を改善していけば結果が出るようになりますので、「頭が悪い」と思わないようにしましょう。

 

関連記事

 

 

カ 受験勉強におけるメンタル面との向き合い方⑥(勉強が楽しくなる方法)

 

「勉強が楽しくなる方法」は、

・小さな成功体験を積み重ねる
・一科目を集中的に勉強する
・勉強に関する漫画を読む
・スマホのアプリを使う

といったことがあります。

今、勉強してもつまらないと思っている人は、これらの方法を試してみるといいでしょう。

 

関連記事

 

 

 

キ 受験勉強におけるメンタル面との向き合い方⑦(勉強に集中できない原因)

 

「勉強に集中できない原因」は、

・食べすぎ、眠い、部屋が暑い(寒い)
・部屋が汚い
・時間を決めてやっていない
・周りに言われてイヤイヤ勉強している

などがあります。

そのため、集中して勉強をするには、「部屋を片付ける」「時間を決めて行う」「勉強をする意味を考える」といったことを行うようにしましょう。

 

関連記事

 

 

ク 受験勉強におけるメンタル面との向き合い方⑧(ケアレスミスをしてしまう原因)

 

「ケアレスミスをしてしまう原因」は、

・問題文をきちんと読んでいない
・焦りやプレッシャーによるミス
・途中式を書かない
・実はよくわかっていない

といったことがあります。

そして、ミスを減らすには、「問題文に線を引く」「なぜミスをしたのかを考える」といったことを意識して取り組むようにしましょう。

 

関連記事

 

 

 

ケ 受験勉強におけるメンタル面との向き合い方⑨(勉強疲れをとる方法)

 

「勉強疲れを取る方法」は、

・休憩をこまめに取る
・軽い運動をする
・たっぷりと睡眠をとる
・週に1回は勉強しない日を作る

といったことがあります。

勉強を続けて疲れていると感じた場合は、このような方法を試してみるといいでしょう。

 

関連記事

 

 

コ 受験勉強におけるメンタル面との向き合い方⑩(勉強で自信をつける方法)

 

「勉強で自信をつける方法」は、

・小さな成功を積み重ねる
・毎日継続して勉強に取り組む
・一冊を完璧にする
・勉強のやり方を変える

といったことがあります。

勉強に自信がない人は、上のようなことを取り入れてみてください。

 

関連記事

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

②受験勉強における様々なメンタル(気持ち)への向き合い方は?(2)

【動画】最も大事な科目「メンタル」受かる人の発想の転換方法!|受験相談SOS

 

 

 

ア 受験勉強におけるメンタル面との向き合い方①(勉強してもすぐに忘れてしまう)

 

「勉強してもすぐに忘れてしまう原因」は、

・復習をしていない
・暗記のやり方が間違っている

などがあります。

そのため、正しい暗記の方法を知り、何度も繰り返して覚えるようにしましょう。

 

関連記事

 

 

イ 受験勉強におけるメンタル面との向き合い方②(勉強のやり方が分からない)

 

「勉強のやり方が分からない」人は、次の3段階で勉強するといいでしょう。

①教科書や参考書をさらっと読む
②用語の暗記や例題(基本問題)を完璧にする
③段階的に問題のレベルを上げる

流れをつかみ、基本を完璧にした後で、難しい問題にチャレンジするようにして下さい。

 

関連記事

 

 

 

ウ 受験勉強におけるメンタル面との向き合い方③(入試で緊張しない方法)

 

「高校入試や大学入試で緊張しない方法」は、

・過去問を本番形式で解き、入試問題に慣れる
・受験会場に事前に行き、雰囲気を感じとる
・試験の流れを頭の中でシミュレーションする
・入試本番では外の景色を見てリラックスする

といったことがあります。

事前にしっかりと練習し、本番は外の景色を見るなどをすると落ち着いて試験に臨むことができます。

 

関連記事

 

 

エ 受験勉強におけるメンタル面との向き合い方④(受験勉強でライバルは必要か)

 

「受験勉強でライバルは必要か」どうかですが、私はライバルがいたほうがいいと思います。

それは、受験勉強をしていると、孤独な気持ちになったり、時には不安やプレッシャーで押しつぶされそうになるからです。

そういう時にライバルが身近にいると、「頑張ろう」という気持ちになり、気持ちを立て直すことができます。

受験勉強の中でライバルと切磋琢磨することで、お互いに成長することができます。

 

関連記事

 

 

 

オ 受験勉強におけるメンタル面との向き合い方⑤(1教科集中勉強法)

 

「1教科集中勉強法」は勉強に自信がなくなった人向けにおすすめの勉強法です。

それは、1教科に絞って勉強することで短期間で成績を上げることができるからです。

そのため、勉強しても成績が上がらない、勉強に後ろ向きな気持ちになっている人は思い切って1教科に絞って勉強していくことをおすすめします。

 

関連記事

 

 

カ 受験勉強におけるメンタル面との向き合い方⑥(受験前のプレッシャーや不安を解消する方法は?)

 

「受験前のプレッシャーや不安を解消する方法」は、

・しっかりと寝る
・親に正直な気持ちを話す
・とにかく勉強をする
・入試本番の雰囲気に慣れる

といったことがあります。

入試前は誰でもプレッシャーを感じたりや不安な気持ちになりますが、自分の気持ちと向き合い克服することで人間的にも成長できます。

 

関連記事

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

「勉強の心構え」記事一覧はこちら