中学社会の定期テストの点数を上げる勉強法③(白地図・資料問題対策)【422記事目】

 

中学生で社会の定期テストで高得点を取るために社会の白地図・資料問題対策の勉強法について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は422記事目です。)

 

 

①中1~中3生の勉強法を知りたい方は
「中学生の勉強法」
②中学社会のテスト勉強法を知りたい方は
「社会のテスト勉強法」

 

 

①中学社会の定期テスト勉強は白地図・資料問題対策もしっかりやろう

【動画】社会で90点以上取るための具体的な勉強法【定期テスト勉強法】

 

 

ちゃちゃ丸
社会のテスト勉強において大事なことは何かニャー?
モモ先生
地図の中で用語を覚えることが大事です。

 

 

白地図・資料問題とは、主に地理の中で地図やグラフが絡んだ問題のことを指します。

中学社会の定期テスト勉強において、教科書を読み返し、さらに一問一答で用語を覚えたら白地図・資料問題対策を行っていきます。

社会が得意な人はいきなり学校のワークやプリントを解いていけばいいですが、社会が苦手な人は基礎知識をしっかりと固めてから問題演習に取り組んだほうが効果的です。

白地図や資料問題対策をしっかりとすることで基礎力をつけることができます。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

①中1~中3生の勉強法を知りたい方は
「中学生の勉強法」
②中学社会のテスト勉強法を知りたい方は
「社会のテスト勉強法」

 

 

②社会の定期テストで高得点を取りたい中学生の一問一答の覚え方は?

【動画】【中学生向け】社会の勉強法!定期テストの点数UP、高校受験の合格率UPに効果的な方法【元中学校教師道山ケイ】

 

 

ちゃちゃ丸
白地図・資料問題対策の勉強をするときはどんなことを気を付ければいいのかニャー?
モモ先生
用語を覚えるときは地図やグラフの中で覚えるようにしましょう。

 

 

ア 社会の定期テストで高得点を取りたい中学生が白地図・資料問題対策の勉強をするときのポイント①(都道府県・世界の国々の場所を覚える)

→白地図・資料問題対策をする前に都道府県や国の場所を覚えよう

 

社会の定期テストで高得点を取りたい中学生が白地図・資料問題対策の勉強をするときのポイントの一つ目は、「都道府県・世界の国々の場所を覚える」ことです。

白地図や資料問題では、「米の生産量が多い都道府県は新潟県・北海道・秋田県の順」、「日本の石油の輸入量で多い国はサウジアラビア・UAE・カタールの順」といったように、日本の都道府県名や世界の国名が出ます。

そして、これらの勉強をする際は、大前提として日本の都道府県の場所と世界の国の場所を知っていないと解くことができません。

そのため、都道府県や国の場所をあまり覚えていない場合は、早急に場所を覚えるようにしましょう。(ついでに県庁所在地名や主な国の首都の名前も覚えてください。)

 

 

イ 社会の定期テストで高得点を取りたい中学生が白地図・資料問題対策の勉強をするときのポイント②(地図やグラフの中で覚える)

→覚えた用語が漢字で書けるかどうかを確認しよう

 

社会の定期テストで高得点を取りたい中学生が白地図・資料問題対策の勉強をするときのポイントの二つ目は、「地図やグラフの中で覚える」ことです。

それは、「米の生産量が多い都道府県は新潟県・北海道・秋田県の順」というデータを言葉として覚えるのではなく、ぜひ地図やグラフと絡めて覚えるようにして下さい。

その理由は、実際の定期テストでは、地図やグラフの中で出てくることが多いからです。

ですので、用語を文章の中で覚えるのではなく、地図やグラフの穴埋め形式で覚えるようにすると、より効果的に覚えることができます。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

①中1~中3生の勉強法を知りたい方は
「中学生の勉強法」
②中学社会のテスト勉強法を知りたい方は
「社会のテスト勉強法」

 

 

③中学社会の定期テスト対策向けおすすめ白地図・資料問題対策問題集は「中学まとめ上手白地図・資料問題」で決まり!

【動画】社会で90点以上取るための具体的な勉強法【定期テスト勉強法】

 

 

ちゃちゃ丸
中学社会の白地図や資料問題を対策するための問題集を使えばいいのかニャー?
モモ先生

 

 

「中学まとめ上手白地図・資料問題」が、定期テスト対策社会の白地図・資料問題対策問題集としておすすめな理由は、「覚えるべき数が絞られている」問題集だからです。

この本は、地図やグラフの中に用語が出てきて、それを覚えるスタイルとなっています。

ここで大事なのは、用語だけを覚えないことです。

例えば、「日本の主な漁港」というページの中に、「焼津(やいづ)」という町が出てきます。

これをただ「焼津」という用語だけを覚えるのではなく、

・焼津がどこにあるのか?
・焼津では何がとれるのか?

といったことを意識して覚えないと、実際の定期テストでは対応できません。

そのためにも、用語を覚える際には必ず地図で場所を確認しながら覚えるようにしましょう。

 

【中学社会問題集④】高校入試用おすすめ問題集(2)「中学まとめ上手白地図・資料問題」【339記事目】

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

①中1~中3生の勉強法を知りたい方は
「中学生の勉強法」
②中学社会のテスト勉強法を知りたい方は
「社会のテスト勉強法」