中学国語の定期テストの点数を上げる勉強法⑦(テスト前日・当日にすること)【411記事目】

 

中学生が定期テストで高得点を取るためにテスト前日・当日に何をすべきかについて豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は411記事目です。)

 

①中学生が国語の定期テストで高得点を取るにはテスト前日・当日には何をすべきか?

【動画】【テスト前日の勉強法】中学生が絶対にやってはいけないこととおすすめの過ごし方【元中学校教師道山ケイ】

 

 

ちゃちゃ丸
国語の定期テスト勉強はテスト前日や当日は何をしたらいいのかニャー?
モモ先生
知識があいまいなところをもう一回復習しましょう。

 

 

中学生が行う国語の定期テスト勉強は、

①漢字の読み書きを覚える
②文法を理解する
③教科書本文を読み返す(+古文の本文を暗唱する)
④記述問題対策をする
⑤学校のワークやプリントを繰り返し解く

などがあります。

そして、テスト前日には基本的には今まで習った内容を復習するようにして下さい。

それは、テストまでに残り時間があまりないからです。

そのため、限られた時間の中で効率よく見直すようにしましょう。

 

 

ア 中学生が国語の定期テストで高得点を取るためにテスト前日・当日にすべきことは?①(教科書本文を再度読み返す)

→さらっと黙読をすることで、どんな内容だったのかを思い出す

 

中学生が国語の定期テストで高得点を取るためにテスト前日・当日にすべきことの一つ目は、「教科書本文を再度読み返す」ことです。

教科書の本文を再度読み返すことで、文章の内容を理解することができます。

ただ、これまで最低1回は読み返しているはずですので、ここでは音読ではなく黙読で十分です。

さらっと読んでどんな内容であったのかを再度確認するようにしましょう。

また、古文の文章は暗唱できているかどうかも確かめていきましょう。

 

 

イ 中学生が国語の定期テストで高得点を取るためにテスト前日・当日にすべきことは?②(学校のワークやプリントを再度見直す)

→特に間違えやすい問題に絞って見直す

 

中学生が国語の定期テストで高得点を取るためにテスト前日・当日にすべきことの二つ目は、「学校のワークやプリントを再度見直す」ことです。

特に何度も間違えている問題や難しい問題はテスト前日に再度見直すようにしましょう。

全ての問題を見直そうとすると時間が足りなくなってしまいますので、問題を絞って見直すようにしましょう。

問題文(本文)を読み、本文から解答の根拠を探した上で答えを出すようにしましょう。

そうではなく、ただ答えを丸暗記しただけではできるようにはなりません。

また、記述問題に関しては、必ずノートに答えを書くようにしましょう。

 

 

 

ウ 中学生が国語の定期テストで高得点を取るためにテスト前日・当日にすべきことは?③(漢字、文法も見直す)

→漢字や文法の知識漏れがないようにしっかりと復習しよう

 

中学生が国語の定期テストで高得点を取るためにテスト前日・当日にすべきことの三つ目は、「漢字、文法も見直す」ことです。

まず、漢字はこれまで間違えた漢字を再度復習しましょう。

一度覚えたものでも、時間が経つと忘れがちです。

ですので、しつこいくらいまでにチェックをして、知識の漏れがないようにしましょう。

また、文法は問題を解きなおすだけではなく、ルール(活用形)を再度確認するようにして下さい。

理屈を知っておくことで、テスト当日で問題が解けないということを防ぐことができます。

 

 

エ 中学生が国語の定期テストで高得点を取るためにテスト前日・当日にしてはいけないことは?(新しい問題集を解き始める)

→今までの復習に力を入れよう

 

一方で、中学生が国語の定期テストで高得点を取るためにテスト前日・当日にしてはいけないことは、「新しい問題集を解き始める」ことです。

先ほども言ったように、テスト前日は今まで習ってきたことの復習に力を充てるべきです。

復習をしていく中で覚えていないところがあれば覚え直すのが前日にやるべきことなのです。

一方で、新しい問題集を解いて、もしできなかった問題が多ければかえって自信を失ってしまいます。

また、新しい問題集を解いた後にその復習をしなければ、問題集を解いた意味がありません。

そのため、定期テストの前日は今まで習った内容の見直しをしっかりと行うようにしましょう。

 

 

NEXT→⑧「中学国語のテスト勉強法(塾での指導方法)」
⑥「中学国語のテスト勉強法(長文読解問題)」←BACK

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

「中学生の勉強法」記事一覧はこちら