5教科でテストの点数が上がりやすい教科と上がりにくい教科は?【402記事目】

 

5教科(英語・数学・理科・社会・国語)で定期テストや模試の点数が上がりやすい教科と上がりにくい教科について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は400記事目です。)

 

 

①中1~中3生の勉強法を知りたい方は
「中学生の勉強法」
②テスト勉強の心構えを知りたい方は
「テスト勉強の心構え」

 

 

①5教科で定期テストで点数が上がりやすい教科、上がりにくい教科はどれ?

【動画】直前期に伸びやすい科目ランキング!手っ取り早く点数を上げるのに有効!!|受験相談SOS

 

 

ちゃちゃ丸
5教科の中でテストでの点数が上がりやすい教科を知りたいニャー
モモ先生
今回はどの科目がテストで点数を伸ばしやすいのかについてみていきます。

 

 

ア 5教科で定期テストの点数が上がりやすい教科は?①(全体)

→社会と理科は比較的点数を上げやすい

 

5教科で定期テストの点数が上がりやすい教科は、数学が得意(平均点以上取れるレベル)かどうかで変わってきます。

数学が得意な場合は、「①社会、②理科、③数学、④国語、⑤英語」の順となります。

一方、数学が苦手な場合は、「①社会、②理科(単元による)、③国語、④数学、⑤英語」の順となります。

これから分かるように、社会・理科は比較的短時間で成績が上がりやすい教科です。

一方で英語は相当勉強しないとなかなか点数が上がりにくい教科です。

このことを意識して普段から勉強するといいでしょう。

 

 

イ 5教科で定期テストの点数が上がりやすい教科は?②(社会)

→用語を完璧に覚えれば点数は上がりやすい

 

5教科で最も定期テストの点数が上がりやすい教科は、「社会」です。

それは、

①積み重ね教科ではない
②用語などを覚えればできる問題が多い
③計算問題がほとんどない

といったことが理由になります。

社会は英語や数学のように積み重ね教科ではないため、いつでも誰でも勉強すれば結果を出すことができます。

また、計算問題もほぼありません。(あって時差や地形図の縮尺の問題くらい)

そのため5教科の中で最も暗記的要素が高い教科が社会なのです。

そして、社会のテストで点数を上げるためには、

①教科書を読み返す
②用語を完璧に覚える
③教科書の太字の用語は漢字で書けるようにする
④学校のワークやプリントを完璧になるまで繰り返す

といったことを行っていきましょう。

基礎を完璧に暗記することですぐに点数が上がるようになります。

また、社会のテストで高得点を取りたい場合は、

①時事問題対策をする
②記述問題の練習をする

といったことにも取り組んでいきましょう。

 

 

 

ウ 5教科で定期テストの点数が上がりやすい教科は?③(理科)

→単元によって点数の取りやすさが変わってくる

 

5教科で社会の次に定期テストの点数が上がりやすい教科は、「理科」です。

それは、

①積み重ね教科ではない
②用語や実験の様子、結果などを覚えればできる問題が多い

といったことが理由になります。

理科は社会と同様、英語や数学のように積み重ね教科ではないため、いつでも誰でも勉強すれば結果を出すことができます。

但し、生物や地学では計算問題はあまりありませんが、物理や化学の単元では計算問題が出てきます。

そのため単元によって点数が上がりやすかったり、上がりにくかったりします

ただ、理科の計算は数学のように難しいものではないため、公式をしっかりと覚えたり、問題の解説を読んだりして基本的な問題はできるようにしましょう。

そして、理科のテストで点数を上げるためには、

①教科書を読み返す(実験のやり方、注意点、結果には特に注意して読む)
②用語や公式を完璧に覚える
③簡単な計算問題ができるようにする
④学校のワークやプリントを完璧になるまで繰り返す

といったことを行っていきましょう。

そうすることである程度の点数が取れるようになってきます。

また、理科のテストで高得点を取りたい場合は、

①応用問題を解く
②記述問題の練習をする

といったことにも取り組んでいきましょう。

 

 

エ 5教科で定期テストの点数が上がりやすい教科は?④(国語)

→漢字や文法など取れる単元でしっかりと取っていこう

 

5教科で3番目に定期テストの点数が上がりやすい教科は、「国語」です。

それは、

①積み重ね教科ではない
②漢字や文法、古文など読解力を必要としない問題がある

といったことが理由になります。

国語ができる人とそうでない人の違いは、読解力があるかないかです。

ただ、定期テストの場合は出てくる文章が教科書やワークに出てくるものであるため、文章の意味が分からないということは少ないはずです。(分からない人は「教科書ガイド」などを買って理解するとよいでしょう。)

そのため、まずは文章の内容を理解することから始めましょう。

また、国語のテストで点数を上げるためには、

①教科書を読み返す(分からない語句は辞典などで意味を調べる)
②漢字の読み書きができるようにする
③簡単な文法問題ができるようにする
④学校のワークやプリントを完璧になるまで繰り返す

といったことを行うとよいでしょう。

特に漢字の読み書きは単純に覚えるだけですので、ここはぜひ得点源にするようにして下さい。

さらに、国語のテストで高得点を取りたい場合は、

①記述問題の練習をする
②実力問題を解く

といったことにも取り組んでいくとよいでしょう。

 

 

 

オ 5教科で定期テストの点数が上がりやすい教科は?⑤(数学・理科)

→漢字や文法など取れる単元でしっかりと取っていこう

 

5教科の中で定期テストの点数が上がりにくい教科は、「数学」・「英語」です。

それは、

①積み重ね教科である
②点数が取れるようになるための勉強時間がかなり必要

といったことが理由になります。

まだ、数学は計算問題などがあればそこで点数を取ることができますが、英語の場合は、英単語・英熟語・英文法などの基礎がないとどうにもなりません。(加えて2021年度から教科書が改訂され、さらに内容が難しくなりました。)

ただ、だからといってこの2教科の勉強をしないとますます分からなくなってしまい、高校入試はもちろん、高校生になった時に非常に苦労してしまいます。

ですので、英語と数学にはしっかりと復習を行い、少しずつ点数を伸ばすようにしていきましょう。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

①中1~中3生の勉強法を知りたい方は
「中学生の勉強法」
②テスト勉強の心構えを知りたい方は
「テスト勉強の心構え」