家での勉強を続けるには、起きる・勉強を始める・寝る時間を固定しよう【400記事目】

 

家での勉強を続けるには起きる・勉強を始める・寝る時間を固定しよう(三点固定)について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は400記事目です。)

 

 

①家だと勉強が続かない、集中力が切れてしまう原因は?

【動画】【勉強に集中できない人必見】東大卒の私の「勉強に集中する方法」!

 

 

ちゃちゃ丸
家で勉強しているとだんだん集中力が切れてくるニャー
モモ先生
最初になぜ家で勉強があまりできないのかについてみていきます。

 

 

ア 家では勉強ができない原因①(勉強の妨げとなるものが部屋にある)

→家ではテレビやスマホ、漫画、ゲームなどがある

 

家では勉強ができない原因の一つ目は、「勉強の妨げとなるものが部屋にある」からです。

学校とは違い家では、スマホやテレビ、ゲーム、漫画などがあります(自由に使えます)。

そして多くの人は勉強よりもスマホやテレビを見る方が楽しいと感じるはずです。

そのため、仮に勉強を始めたとしても、「あっLINEが気になるな」「テレビが見たいな」と思うようになれば、そちらに気がいってしまうことになり、勉強時間が少なくなってしまうのです。

 

 

イ 家では勉強ができない原因②(自由に時間が使える)

→学校では行動が制約される

 

家では勉強ができない原因の二つ目は、「自由に時間が使える」からです。

学校では、1時間目から6時間目(高校生は7時間目)まで時間割があります。

そのため、国語の時間に数学の勉強はできませんし、まして勉強以外のこともできません。

ですので、学校にいる間はある意味行動が制約されます。

しかし、家では時間割がないため、何時に寝ようが、何時間ゲームをしようが自由です。

そのため、自分自身をコントロールできないと、いつまでもゲームやスマホに夢中になってしまい、勉強ができなくなってしまうのです。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

②家庭学習を習慣化するには起床時間、家庭学習開始時間、就寝時間を固定(三点固定)しよう

【動画】【中学生向け】勉強時間を増やす方法TOP3

 

 

ちゃちゃ丸
家での勉強を続けるにはどうしたらいいのかニャー?
モモ先生
起床時間、家庭学習開始時間、就寝時間を固定するとスムーズに動けますよ。

 

 

ア 家で勉強する習慣をつける「三点固定」とは?

→起床時間、家庭学習開始時間、就寝時間を固定することで規則正しい生活を過ごせる

 

家で勉強する習慣をつけるには、「三点固定」という勉強法を行うとよいでしょう。

「三点固定」とは、起床時間、家庭学習開始時間、就寝時間の3つの時間を固定することです。

起床時間と就寝時間を固定することで睡眠時間が一定になり、夜更かしすることもありません。

また、家庭学習開始時間を固定することで、家での勉強習慣が定着しやすくなります。

例えば、

・家に帰宅するのは6時半
・勉強を始めるのは7時半
・寝るのは11時
・起きるのは6時

という風に決めていくと、ダラダラした生活を防ぐことができます。

ただ、「水曜日は塾がある、金曜日は英会話がある」といったように曜日によっては忙しい日もあると思いますので、その辺りを考慮してください。

 

 

イ 家で勉強する習慣をつけるには「時間割」を作ろう

→自分の時間割を作ることでダラダラした時間を減らすことができる

 

また、家で勉強する習慣をつけるには、「時間割」を作ることをおすすめします。

時間割を作ることで学校にいる時に同じように規則正しく過ごすことができます。

例えば、上の例を使って、勉強する時間は7時半から10時半までとします。

そして、勉強する時間を

19:30~20:20 学校の宿題

20:30~21:20 苦手科目の勉強

21:30~22:20 英単語や古文単語の暗記

という風にすれば、学校にいる時と同じような感じで勉強することができます。

なお、自分が作った時間割を家族にも見せてみると、サボりにくくなりより効果的です。

また、時間割の中身は定期的に変えていきましょう。

例えば、英単語や古文単語を覚えたら、他の内容の勉強をするようにしましょう。

 

 

ウ 家で勉強する習慣をつけるのに、なぜ時間を固定した方がいいのか?

→「決断」の数を減らすことで精神的に疲れない

 

最後に「家で勉強する習慣をつけるのに、なぜ時間を固定した方がいいのか?」についてみていきます。

それは、習慣化することでいちいち決めなくて済むからです。

例えば、勉強する時間が毎日違っていると、「今日は8時に勉強しようかな」「明日は9時から勉強しようかな」という風に毎日考えなければいけなくなります。

人は一日の中で実は多くのことを決断しています。

例えば、「今日はどんな服を着ようか」「おやつは何を食べようか」「友達にどんなLINEを送ろうか」など、いろいろなことを決めています。

ただ、物事を決めるということは思った以上に疲れるものです。

そのため、決めごとはできるだけ少なくした方がスムーズにうまくいきます。

ですので、勉強する時間や起床時間、就寝時間などをあらかじめ決めておけば決断することがなくなりますので、精神的に疲れなくて済むのです。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00