令和4年度(2022年)愛知県公立高校入試情報(入試日程、倍率、偏差値、ボーダーライン、時間割)【385記事目】

 

令和4年度(2022年)愛知県公立高校入試情報について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は385記事目です。)

 

 

愛知県高校入試に関する情報を知りたい方は
「愛知県高校入試」

 

 

①愛知県公立高校入試のグループ分け、入試日程、時間割は?

【動画】【2021年愛知県公立高校受験】何点取れば受かる?合格決定方法は合計点?当日点?内申点?【#高校受験これだけおさえろシリーズ​】

 

 

ちゃちゃ丸
愛知県高校入試の仕組みがよく分からないニャー
モモ先生
最初に愛知県高校入試のしくみについてみていきましょう。

 

 

ここでは「愛知県高校入試の日程・時間割・グループ分け」についてみていきます。

 

 

ア 令和4年度(2022)の愛知県公立高校の入試日程

 

入学願書提出期日2022年2月18日(木)・21日(月)(一般選抜)
志願変更期日2022年2月22日(火)・24日(木)
学力検査実施期日Aグループ 2022年3月7日(月)
Bグループ 2022年3月10日(木)
面接実施期日Aグループ 2022年3月8日(火)
Bグループ 2022年3月11日(金)
合格者発表期日2022年3月18日(金)

 

 

イ 令和4年度(2022)の愛知県公立高校入試の時間割

 

【集合】8:30
【1時間目】国語(45分) 9:10~9:55
【2時間目】数学(45分) 10:15~11:00
【3時間目】社会(45分) 11:20~12:05
【4時間目】理科(45分) 13:05~13:50
【5時間目】英語(40分+10分) 14:10~15:15
*リスニングが10分程度、筆記試験が40分です。

 

 

ウ 令和4年度(2022)の愛知県公立高校のグループ分け

 

A 愛知県公立高校の東三河地区(Aグループ)

 

普通科豊丘・豊橋南・福江・国府・御津
専門学科豊丘(生活文化)・豊橋南(生活デザイン)・豊橋工科・豊橋商業・国府(総合ビジネス)・御津(国際教養)・宝陵・蒲郡

 

 

B 愛知県公立高校の東三河地区(Bグループ)

 

普通科時習館・豊橋東・成章・小坂井・蒲郡東・新城有教館(文理系)
専門学科豊橋西・成章(総合ビジネス・生活文化)・渥美農業・豊川工科・三谷水産・新城有教館(専門系)・田口(林業)

 

【令和4年度(2022)】愛知県高校入試の日程・グループ・時間割は?【153記事目】

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

愛知県高校入試に関する情報を知りたい方は
「愛知県高校入試」

 

 

②愛知県高校入試の東三河地区のボーダーライン・必要内申点は?

【動画】【公立高校受験】「倍率は気にしない。内心点は±2点が目安。」内申・倍率と受験校

 

 

ちゃちゃ丸
自分の行きたい高校の必要内申点とボーダーラインを知りたいニャー
モモ先生
東三河地区の主な高校の必要内申点とボーダーラインをまとめましたよ。

 

 

高校名内申点当日点高校名内申点当日点
時習館4190豊丘(生文)3155
豊橋東3780豊橋南(生文)2855
豊丘3570国府(総ビ)3055
国府3570豊橋商業3155
豊橋南3160豊橋工科2850
小坂井3160豊橋西2550
蒲郡東2855
成章2860

上の表にある点数が一つの目安です。

入試問題の難易度や倍率によってボーダーラインは変わることがあります。

 

令和4年度(2022)愛知県公立高校の偏差値・内申点・ボーダーライン・進学実績・倍率は?【154記事目】

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

愛知県高校入試に関する情報を知りたい方は
「愛知県高校入試」

 

 

③令和4年度(2022年)愛知県高校入試の東三河地区の倍率は?

【動画】【高校受験の倍率が高い悩み】進路は変えるべき?合格率を上げるためにできること

 

 

ちゃちゃ丸
自分の行きたい高校の倍率を知りたいニャー
モモ先生
例年10月、12月、2月に高校入試の倍率が愛知県教育委員会から発表されますよ。

 

 

ア 愛知県高校入試(令和4年度・2022)第1回進路希望調査

→全体的に倍率は高めに出る

 

毎年10月上旬に「愛知県高校入試の第1回進路希望調査」の発表が出ます。

ここでは基本的に倍率が高めに出ます。

それは、

①現状よりも高めの高校を書く人が多い
②私立高校志望者も志望校を書いている

といったことが理由にあるからです。

ですので、この時期の進路希望調査で倍率が高くてもあまり気にしないようにしましょう。

 

愛知県高校入試(令和4年度・2022)第1回進路希望調査の分析【380記事目】

 

 

イ 愛知県高校入試(令和4年度・2022)第2回進路希望調査

→倍率は落ち着いてくる

 

12月下旬に「愛知県高校入試の第2回進路希望調査」の発表が出ます。

ここでは10月の第1回進路希望調査よりも倍率が下がるところが多くなります。

それは、現実的な進路(行けるところを志望校にする)を選ぶ人が増えてくるからです。

ただ、ボーダーラインギリギリの人やボーダーラインより下の人が抜けるだけであって、激しい競争自体は変わりませんので、倍率が下がっても油断しないようにしましょう。

 

愛知県高校入試(令和4年度・2022)第2回進路希望調査の分析【121記事目】

 

 

ウ 愛知県高校入試(令和4年度・2022)の最終倍率

→倍率は落ち着いてくる

 

2月下旬に「愛知県高校入試の最終倍率」の発表が出ます。

ここでは私立高校専願者は調査に加わらないため、倍率がぐっと下がる高校も出てきます。

そして一度中間発表があった後に、志望校を変更できる期間があり、その後最終倍率が出ます。

倍率が高い・低いに惑わされず、入試当日までコツコツと勉強をするようにしましょう。

 

愛知県公立高校入試(令和4年度・2022)の最終倍率・定員の分析は?【279記事目】

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

愛知県高校入試に関する情報を知りたい方は
「愛知県高校入試」