中3の2学期の定期テスト対策、高校入試の勉強法、心構え(英語・数学・国語・社会・理科)は?【383記事目】

 

中3の2学期(秋)の定期テスト対策、高校入試の勉強法、心構えについて豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は383記事目です。)

 

 

①中3の2学期(秋)の過ごし方、勉強への心構えは?

【動画】【高校受験の勉強法】中学生向けに国語、社会、数学、理科、英語別で元教師が完全解説

 

 

ちゃちゃ丸
中3の2学期はどのような心構えをもって勉強していけばいいのかニャー?
モモ先生
今回は2学期にどんな受験勉強をすればいいのかについてみていきます。

 

 

ア 中3生の2学期(秋)の過ごし方、勉強への心構え①(復習をしっかりやる)

→問題を解いて終わりということがないようにしよう

 

中3生の2学期(秋)の過ごし方、勉強への心構えの1つ目は、「復習をしっかりやる」ことです。

秋になると、過去問を解いたり、入試対策用の問題集を解いたりと問題演習がメインになってきます。

しかし、ただ問題を解いて終わりでは効果がありません。

大事なのは、間違えた問題にどう向き合っていくかです。

解説を読む、忘れている公式や用語を思い出す、場合によっては参考書や問題集に戻って復習をするといったことを必ずするようにしましょう。

「できない」ところを「できる」ようにするのが勉強です。

ですので、「できなかった」ところを放置せずに、「できる」ようになるまで繰り返し問題を解くようにしましょう。

 

関連記事

 

 

イ 中3生の2学期(秋)の過ごし方、勉強への心構え②(効率よく勉強する)

→夏期講習を受けただけで満足しないようにしよう

 

中3生の2学期(秋)の過ごし方、勉強への心構えの2つ目としては、「効率よく勉強する」ことです。

夏休みは学校の授業がなかったため、長い時間受験勉強をすることができました。

しかし、2学期になると学校が再開する、体育祭や文化祭、合唱コンクールがある、定期テストがあるといった感じで学校行事で忙しくなってきます

そして、その中で入試勉強をするわけですから、限られた時間の中で効率よく勉強をする必要が出てきます。

自分のやっている勉強のやり方が正しいかどうか、もっと短い時間で仕上げることはできないかといったことを日々考えて改善していくようにしましょう。

 

関連記事

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

②中3の2学期(秋)の高校入試に向けた勉強法は?

【動画】【10月の勉強法】秋の勉強法全般【夏休み気分が続いてる中学生・高校生から】難易度別【本気になった受験生まで】4点あります。きちんと理解できている人はどれくらいいる

 

 

ちゃちゃ丸
中3の2学期の間はどんな勉強をしていけばいいのかニャー?
モモ先生
応用問題を解いていくことと今までの復習をするようにしていきましょう。

 

 

ア 中3の2学期(秋)の高校入試対策勉強法①(全体)

→入試レベルの問題を解き、できなかった問題は参考書や問題集に戻って復習しよう

 

中3の2学期(秋)の高校入試対策としては、「応用問題を解き、できなかった問題は復習をする」ことです。

夏休みの間で基礎は固まったと思いますので、ここからは実践問題に取り組んでいきます。

とはいえ、いきなり過去問(入試問題)では難易度が高いですので、入試問題が詳しく解説している問題集を使って問題演習をするようにしましょう。

また、解いてできなかった問題は解説を読み、解き方を理解しましょう。

特にあまり覚えていない単元は、一度参考書や基礎の問題集に戻って復習するようにして下さい。

 

 

イ 中3の2学期(秋)の高校入試対策勉強法②(国語)

→文章問題を解く時には本文中から答えを探す練習をしよう

 

中3の2学期(秋)の高校入試対策の国語の勉強法は、「長文読解の問題を解く」ことです。

国語の高校入試のメインはやはり文章読解です。

読解問題で点が取れるかどうかで、国語の出来も決まってしまいます。

そして文章問題には答えの根拠は必ず本文中にありますので、それを探しながら解くようにしましょう。

ただ、適当になんとなく解いているのでは、いつまでたってもできるようにはなりません。

また、同時に古文の対策も始めていきましょう。

古文は高校入試では全体の20%前後の配点ですので、しっかりと勉強するようにして下さい。

 

 

 

ウ 中3の2学期(秋)の高校入試対策勉強法③(英語)

→長文読解・リスニング・自由英作文の対策をしていこう

 

中3の2学期(秋)の高校入試対策の英語の勉強法は、「長文読解・リスニング・自由英作文に取り組む」ことです。

この段階ではまだ習っていない文法(関係代名詞・仮定法など)もありますが、冬以降にやっていたのでは間に合いませんので秋から長文読解の練習をしていきましょう。

長文読解を解く際には、

①段落ごとに簡単に要約する
②選択問題は本文のどこに解答の根拠があるのかを見つけだす
③覚えていない英単語や英熟語はその場で覚える

といったことを心掛けるようにしましょう。

また、リスニングや自由英作文は長文読解がある程度仕上がってから始めればOKです。

 

 

エ 中3の2学期(秋)の高校入試対策勉強法④(数学)

→入試でよく出る応用問題の解き方を学ぼう

 

中3の2学期(秋)の高校入試対策の数学の勉強法は、「入試でよく出る応用問題の解き方を復習」することです。

みなさんは夏休みまでに「ニューコース中学数学」「中学数学をひとつひとつわかりやすく」などを使って、今まで習った単元の基本問題と標準問題を一通り復習してきました。

そして、ここからは入試でよく出る応用問題(グラフの作図、一次関数と二次関数の融合、補助線を引いて求める図形問題など)に取り組んでいきます。

これらは解き方を知っていると対応できるようになりますので、2学期のうちに解き方を身につけるようにしましょう。

 

 

 

オ 中3の2学期(秋)の高校入試対策勉強法⑤(理科・社会)

→忘れていた内容をしっかりと思い出していこう

 

中3の2学期(秋)の高校入試対策の理科・社会の勉強法は、「入試でよく出る応用問題の解き方を復習する」ことです。

みなさんは夏休みまでに、用語の暗記と基本問題の解き方の確認を復習してきました。

そして、ここからは数学と同様に入試でよく出る応用問題(グラフの作図、表やグラフの読み取り問題、計算・記述問題など)に取り組んでいきます。

これらは解き方を知っていると対応できるようになりますので、2学期のうちに解き方を身につけるようにしましょう。

 

 

NEXT→⑤「中3の冬休みの定期テスト対策、高校入試の勉強法は?」
③「中3の夏休みの勉強法は?」←BACK

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

「高校入試勉強法」記事一覧はこちら