【中学理科問題集③】高校入試用おすすめ理科問題集(2)「高校入試塾で教わる理科の考え方・解き方」【336記事目】

 

中学生の勉強法などが満載!

 

【中学理科問題集③】高校入試用おすすめ理科問題集(2)「高校入試塾で教わる理科の考え方・解き方」を使おうです。高校入試用おすすめ理科問題集である「高校入試塾で教わる理科の考え方・解き方」について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は336記事目です。)

 

「高校入試塾で教わる理科の考え方・解き方」
①対象者 理科の高校入試対策をしたい中学生
②特徴 計算問題の説明が詳しい

 

 

①高校入試用理科問題集のおすすめは?

【動画】高校入試理科計算問題

 

 

ちゃちゃ丸
高校入試の理科はどんな勉強をしたらいいかが分からないニャー?
モモ先生
今回は高校入試用の理科の問題集を紹介していきます。

 

 

ア 高校入試用おすすめ理科問題集の選び方①(解説が詳しい)

→解説を読んで理解できるものを選ぼう

 

高校入試用おすすめ理科問題集を選ぶポイントの一つ目は、「解説が詳しい」ことです。

理科の中でも特に物理や化学といった分野やグラフを読み取る問題は難易度が高いものもあります。

こういった問題に対して解説が詳しい問題集を選んでいくと良いでしょう。

「なぜそうなるのか?」

「どこに注目して解いていけばいいのか?」

「どの公式を使えばいいのか?」

こういったことを詳しく書いてあるとよく理解できるようになるでしょう。

 

 

イ 高校入試用おすすめ理科問題集の選び方②(よく出る問題の解き方が書かれている)

→「オームの法則」「湿度」などよく出るパターンの問題の解き方がまとまっているものがオススメ

 

高校入試用おすすめ理科問題集を選ぶポイントの二つ目は、「よく出る問題の解き方が書かれている」ことです。

高校入試の理科では、オームの法則や仕事、溶解度や湿度など計算問題が多く出ます。

それらはかなりの頻度で入試に出ますが、そもそもそれらの解き方が分かっていないといつまで経っても解くことができません。

そのため、オームの法則や仕事などの計算問題について詳しく解説している問題集を選ぶようにしましょう。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

②高校入試用理科問題集のおすすめは「高校入試塾で教わる理科の考え方・解き方」で決まり

【動画】【中学勉強法】入試直前期の効率的な「理科・社会」勉強法!

 

 

ちゃちゃ丸
高校入試の理科を勉強するには、どんな問題集を使えばいいのかニャー?

 

 

ア「高校入試塾で教わる理科の考え方・解き方」がおすすめな理由①(計算問題の解説が詳しい)

→計算問題の解き方が詳しく書かれているため使いやすい

 

「高校入試塾で教わる理科の考え方・解き方」が高校入試用の理科問題集としておすすめの理由の一つ目は、「計算問題の解説が詳しい」ことです。

市販の多くの問題集は、問題が難しめ(高校入試レベル)、解説があっさりとしているため、受験生によっては解説を読んでもよく分からないことがありえます。

しかし、「高校入試塾で教わる理科の考え方・解き方」は、

・問題が単元ごとに並んでいる
・解き方のヒントが載っていること
・解説が詳しい(図やイラストによる説明も多い)

といった構成であるため、非常にわかりやすく、計算問題の解き方を理解することができるでしょう。

 

 

イ「高校入試塾で教わる理科の考え方・解き方」がおすすめな問題集である理由②(中1・2から使える)

→計算問題や図やグラフの読み取り方に対する解説が詳しい

 

「高校入試塾で教わる理科の考え方・解き方」が高校入試用の理科問題集としておすすめの理由の二つ目は、「中1・2から使える」ことです。

この本は問題ごとに学習する学年の表示がされています。

そのため、受験生だけでなく中1・中2の定期テスト対策用教材としても使うことができます。

しかし、2021年から中学校の教科書が改訂されたことで、一部の分野は学習する学年が変わりましたので、その辺りは注意が必要です。

 

【中学生の理科勉強法】定期テストで90点以上取る方法、コツは?【232記事目】

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

③高校入試用理科問題集「高校入試塾で教わる理科の考え方・解き方」の使い方は?

【動画】【高校受験の理科勉強法】計算問題や難問の解き方から、問題集の選び方まで解説【元中学校教師道山ケイ】

 

 

ちゃちゃ丸
「高校入試塾で教わる理科の考え方・解き方」はどうやって使っていけばいいのかニャー?
モモ先生
苦手な単元から解くようにしましょう。

 

 

最後に、高校入試用おすすめ理科問題集である「高校入試塾で教わる理科の考え方・解き方」の使い方についてみていきます。

この本は難易度が高く、またページ数も多いため、一から全ての問題を解くのではなく、まずは自分の苦手な単元や解き方がよく分からない単元から解いていくとよいでしょう。

まずは自力で問題を解いてみて、解き方が分からない所は解説を読んで理解するようにして下さい。

そして、数日間時間を空けて再度解き直すようにしましょう。(自力で解けるようになるまで繰り返しましょう。)

あとは、過去問などを解いている時に解き方が分からない問題が出てきたら、この本で解き方を調べていくようにして下さい。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00