【共通テスト英語リーディング】おすすめ参考書・問題集②「共通テスト対応英熟語750」【314記事目】

 

【共通テスト英語リーディング】おすすめ参考書・問題集②「共通テスト対応英熟語750」の使い方について豊橋の学習塾の教室長の西井が紹介していきます。(この記事は314記事目です。)

 

 

「共通テスト対応英熟語750
①対象者 共通テストレベル~大学入試レベルの英単語の知識を固めたい受験生
②特徴 例文がついており覚えやすい

 

 

①「共通テスト対応英熟語750」とはどんな参考書か?

【動画】英熟語の【効率的な】覚え方|東大医学部生が動画内で実践!

 

 

 

ちゃちゃ丸
「共通テスト対応英熟語750」とはどんな参考書なのかニャー?
モモ先生
共通テストや私大・国公立大学志望者に対応した英熟語帳ですよ。

 

 

ア「共通テスト対応英熟語750」とはどんな英熟語帳か?

→共通テストや大学入試などに対応している英熟語帳

 

「共通テスト対応英熟語750」とは、東進ブックスが出版している共通テストや大学入試などに対応している英熟語帳です。

この本は、センター試験や共通テストに出た文章を徹底的に分析し、その中で出題された英熟語が載っている英熟語帳です。

本のタイトルの通り、もちろん共通テスト対策としての教材ですが、主な国公立大学や私立大学に対応しています。

英熟語を覚えることで、読解力がついたり、得点力が上がっていきますので、ぜひしっかりとやっておきたい教材と言えます。

 

イ「共通テスト対応英熟語750」を使うべき人は?

→「必携英単語LEAP」を完璧にしたら、次は英熟語に取り組もう

 

「共通テスト対応英熟語750」を使うべき人は、「必携英単語LEAP」を終えた人です。

英熟語を覚える時には、英単語の知識があると楽に覚えられることがあります。

例えば、「cope with~」という熟語は、「~にうまく対処する」という意味ですが、「cope」という単語が「うまく対処する」という意味ですので、英単語の意味を知っているとスムーズに熟語も覚えることができます。

また、そもそも英語の勉強の順番として、まずは英単語を完璧に覚えるところから始まりますので、英単語をマスターしてから英熟語に入っていくのがいいでしょう。

 

関連記事

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 15:00~22:00

 

 

②共通テスト英語リーディング用おすすめ英熟語語帳は「共通テスト対応英熟語750」で決まり!

 

ちゃちゃ丸
「共通テスト対応英熟語750」のおすすめポイントをを知りたいニャー
モモ先生
暗記しやすい工夫がたくさんされているのでスムーズに覚えることができますよ。

 

 

ア「共通テスト対応英熟語750」が共通テスト英語リーディング用としておすすめ英熟語帳である理由①(共通テストに必要な英熟語が載っている)

→無駄なく短時間で覚えることができる

 

「共通テスト対応英熟語750」が共通テスト英語リーディング用としておすすめ英熟語帳である理由の一つ目は、「共通テストに必要な英熟語が載っている」からです。

英熟語帳の中には1000語とかなり多く熟語載っているものもあれば、300語と少ないものもあります。

ただ、やはりある程度の熟語を覚えないと長文をスラスラと読むことができませんので、おすすめは500~800語載っている熟語帳がいいでしょう。

この本は、過去のセンター試験や共通テスト(試行調査)を徹底的に分析したうえで、覚えるべきものを載せています。

ですので、しっかりと覚えることで共通テストの文章が読めるようになりますので、コツコツと覚えていくようにしましょう。

 

 

イ 「共通テスト対応英熟語750」が共通テスト英語リーディング用としておすすめ英熟語帳である理由②(覚えやすい工夫がされている)

→使用者に易しい工夫がされている

 

「共通テスト対応英熟語750」が共通テスト英語リーディング用としておすすめ英熟語帳である理由の二つ目は、「覚えやすい工夫がされている」からです。

それは、

・覚えるべき数が絞られている(他の英熟語帳は1000語であることが多い)
・共通テストに出る熟語が載っているため、そのまま共通テスト対策になる
・注釈を読むことで覚えやすくなる

といったことです。

そのため、他の英熟語帳に比べて短期間で覚えることができます。

ただ、右側のページには例文がありますが、そこの日本語訳は赤字にしてほしかったです。

それは、左の熟語を例文を使って覚える際に日本語訳が見えてしまうので、そこが若干使いにくい所ではあります。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 15:00~22:00

 

 

 

 

③共通テスト英語リーディング用おすすめ英単語帳「共通テスト対応英熟語750」の使い方は?

 

ちゃちゃ丸
「共通テスト対応英熟語750」はどうやって使っていけばいいのかニャー?
モモ先生
覚えていない熟語を繰り返し暗記するようにしましょう。

 

 

 

ア「共通テスト対応英熟語750」の使い方①(「必修英単語LEAP」の次に始めよう)

→「LEAP」を覚えたら英熟語の暗記に入ろう

 

一般的に英語の勉強法は、「英単語→英熟語→英文法→英文解釈」の順で行うのがいいとされています。

それは、英単語を知らなければ、長文読解やリスニング、英作文を解く際に分からない単語が出てきてしまい、仕上がりが悪くなってしまうからです。

ですので、「必携英単語LEAP」をまずはしっかりとマスターするところから受験勉強を始めていきましょう。(ひとまずはPart3までで十分です。)

その後、英熟語の暗記に入っていくと、スムーズに覚えることができます。

 

 

イ「共通テスト対応必修英熟語750」の使い方②(暗記方法)

→基礎からしっかりと勉強しよう

 

次に「共通テスト対応必修英熟語750」についてみていきます。

この本は1つの章に50の英熟語があり、それが15章まであります。(50語×15章=750語)

そのため、1日1章(50語)分暗記をするようにしましょう。

そうすれば2週間前後で1周終えることができます。

やり方としては、最初に赤シードで意味を隠し、熟語の意味を言えるかどうかをチェックします。

その時に意味が分からなかったものは、チェックをつけていきます。

50語確認した後は、チェックのついている熟語を覚えていきます。

翌日にはチェックのついている熟語だけを再チェックし、覚えていたらチェックを消します。

これを繰り返し、750語全てが言えるようになれば完了です。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 15:00~22:00

 

 

④塾講師が「共通テスト対応英熟語750」を覚えてみた

 

最後に、塾講師の西井が実際に「共通テスト対応英熟語750」を覚えてみた感想について話していきます。

当塾では生徒に「共通テスト対応英熟語750」を覚えてくる宿題を出しています。

しかし、スラスラと覚えることができる生徒がいる一方で、なかなか覚えられない生徒もいます。

そこで私自身もこの本で暗記をすることで、どうすれば効率よく覚えられるかを考えていきました。

いろいろ試した結果、おすすめの覚え方は以下の通りです。

①右ページの例文を使って暗記をする(複数意味が載っている場合は一番上の意味だけ覚える)
②100個ずつの英熟語の意味を何分で言えるかをストップウォッチで計る(最後だけ701番~750番の50語)

目標とする時間は100個の英熟語の意味を2分以内で言えるようにすることです。(できれば1分40秒を切ってほしいですが)

これより時間がかかっている場合は、まだしっかりと覚えられていない状況です。

ですので、その場合は何度も繰り返してスラスラと意味が言えるようにしましょう。

私は何度かやった結果、1分20秒~30秒くらいで100個の熟語の意味が言えるようになりました。

また、中にはなかなか覚えにくい熟語もあります。

その場合は、単語のもつイメージから想像していくとよいでしょう。(例「give way【負ける】→give(与える)way(道)から」

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 15:00~22:00

 

 

「共通テスト勉強法」記事一覧はこちら