【中学生・高校生】朝型と夜型勉強のメリット・デメリットは?【303記事目】

 

中学生や高校生は朝型と夜型勉強どちらがいいのかについてや、朝型勉強をすることで夜更かしはなくなるのかについて豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は303記事目です。)

 

 

①中学生や高校生は朝型勉強と夜型勉強どちらが効率的なのか?

【動画】【勉強は朝、夜どっちにやるべき?】集中する時間帯を調べる方法【元中学校教師道山ケイ】

 

 

ちゃちゃ丸
勉強は朝と夜のどちらに勉強したらいいのかニャー?
モモ先生
朝早く起きて勉強することをオススメしますよ。

 

 

ア 中学生や高校生が朝型勉強を行うメリット①(朝すぐは体が疲れていない)

→朝勉強することで集中して勉強ができる

 

中学生や高校生が朝型勉強を行うメリットの一つ目は、「朝すぐは体が疲れていない」ことです。

例えば、夜8時に帰宅し、そこから一休みして勉強をしようとします。

ただ、体が疲れていますので、どうしても勉強のペースは遅くなってしまいます。

加えて、朝までの時間が長いため、ダラダラと勉強しがちです。

そうなると寝る時間が1時や2時になってしまい、結果睡眠不足になってしまいます。

ただ、朝勉強に切り替えることで、それらを防ぐことができます。

例えば、夜8時に帰宅して、10時ごろ寝るとします。

そして朝5時に起きれば、2時間ほどは勉強ができるはずです。

そこでは、時間が限られているため集中して勉強ができますし、さらに寝たことで体が元気になっています。

そういうことから部活で忙しい人は朝勉強をすることをおすすめします。

 

 

イ 中学生や高校生が朝型勉強を行うメリット②(集中して勉強できる時間が増える)

→「夜勉強→寝る→朝勉強」が効果的

 

中学生や高校生が朝型勉強を行うメリットの二つ目は、「集中して勉強できる時間が増える」ことです。

また、受験生や定期テスト前など勉強にたくさん時間をあてたい場合も朝勉強は有効です。

朝勉強をする際の一日の基本的な流れは、

①夕方~夜に勉強をする
②夜は早めに寝る
③朝早く起きて前日の復習をする

といった感じになります。

ここで大事なのは

・寝る前に英単語や古文単語などの暗記を行う
・次の日の朝に前日の復習をする

ことです。

実は英単語や古文単語、社会の用語の暗記などは寝る前にやるのが一番脳に知識を定着できます。

ですので、寝る直前に英単語の暗記などをして、その後すぐに寝ます。

そして、起きてすぐに前日覚えた内容の復習をすることで、前日覚えた内容が忘れにくくなるのです。

それは寝ている間に脳内で情報が整理されるからです。

ですので、受験生などはこのタイムスケジュールで勉強をすると非常に効率よく勉強ができるようになります。

また、朝早く起きることで、先ほどと同様夜更かしや睡眠不足を防止することができます。

 

 

ウ 中学生や高校生が朝型勉強を行うメリット③(ベストな状態でテストを受けられる)

→テストは朝早くに始まることが多い

 

中学生や高校生が朝型勉強を行うメリットの三つ目は、「ベストな状態でテストを受けられる」ことです。

人間の脳は目覚めるまでに3時間ほどかかるほど言われています。

また、定期テストの1時間目は9時くらいに始まることが多いです。

そうなると、少なくとも朝6時には起きていないと脳が活発に動きません。

そういう意味でも普段から朝型の生活をしていれば、定期テストや模試を最初からベストの状態で受験することができます。

逆に夜遅くまで起きて、朝起きるのが遅い場合は、

・脳がまだ十分に動いていない状態でテストが始まる
・睡眠不足のままテストを受ける危険性がある

ということになり、ベストな状態でテストを受けることができません。

そのため、朝早く起きる習慣を身につけるようにしましょう。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

②中学生や高校生が朝早く起きて勉強をする方法は?

【動画】夜型から朝型に変える時期と方法は!?|受験相談SOS vol.373

 

 

ちゃちゃ丸
朝早く起きて勉強する方法を知りたいニャー
モモ先生
寝る前の過ごし方が大事ですよ。

 

 

ア 中学生や高校生が朝早くスッキリ起きる方法①(寝る前にスマホやテレビなどを見ない)

→寝る前に目や脳に刺激を与えないこと

 

中学生や高校生が朝早くスッキリ起きる方法の一つ目は、「寝る前にスマホやテレビなどを見ない」ことです。

寝る前にスマホやテレビなどを見てしまうと、目がさえてしまい寝つきが悪くなってしまいます。(コーヒーなども寝る前に飲むのもNGです。)

そうなると睡眠の質が悪くなり、朝すっきりと起きることができません。

そうならないためにも、寝る前はスマホやテレビなどを見ないようにしましょう。

また、そもそもの睡眠時間が少ないと朝型生活をすることは逆効果になりますので、遅くとも11時には寝るようにしましょう。

関連記事

 

 

イ 中学生や高校生が朝早くスッキリ起きる方法②(中途半端なところで終わらせる)

→中途半端な状態で終わらせると続きをやりたくなってくる

 

中学生や高校生が朝早くスッキリ起きる方法の二つ目は、「中途半端なところで終わらせる」ことです。

勉強はあえて中途半端な所でやめておくようにしましょう。

例えば、問題集を2ページやるのが目標だとしたら、あえて最後の1問はやらないのです。

どうしてもキリのいいところまでやりたくなるかもしれませんが、その心理を逆に利用してキリの悪い所で辞めておけば、朝起きた時に続きをやりたくなってきます。

そして、机の上にノートや参考書を開きっぱなしにして寝るようにしましょう。(続きがすぐにできる状態になります。)

こうすることで、朝起きた時にすぐに気持ちを入れ替えて勉強ができるようになります。

 

関連記事

 

 

 

ウ 中学生や高校生が朝早くスッキリ起きる方法③(部屋の環境を整える)

→快適な睡眠ができる環境を整えよう

 

中学生や高校生が朝早くスッキリ起きる方法の三つ目は、「部屋の環境を整える」ことです。

特に冬になると、「布団から出るのが寒くて外に出たくない」と思う人がいるでしょう。

それであれば、エアコンをかけるなどして寝るようにしてください。

そうすることで、朝スムーズに布団から出ることができます。

また、快適な睡眠ができるように布団や枕などにもこだわっていくといいかもしれません。(新しい寝具を買いたい場合はお金がかかりますので、保護者の方に相談してください。)

 

関連記事

 

 

エ 中学生や高校生が朝早くスッキリ起きる方法④(朝起きたらやってほしいこと)

 

最後に中学生や高校生が朝起きたらやってほしいことをまとめます。

 

A カーテンを開ける

日光を浴びることで体内にセロトニンが分泌されて目が覚めます。

 

B コップ一杯の水を飲む

夜寝ている間に水分は失われます。

起きたらコップ一杯の水を飲みましょう。

 

C 部屋の換気をする

部屋の換気をすることで室内の二酸化炭素が外に出ていき、代わりに酸素が入ってきます。

これにより集中して勉強ができるようになります。

 

D ストレッチをする

何時間も寝ていたことで体が硬くなっています。

ストレッチをして体を伸ばしましょう。

 

E 徐々に朝型の生活に変える

今まで夜の1時に寝ていた人が、急に11時に寝ようとしてもなかなか寝付くことができません。

一気に朝型の生活をするのではなく、徐々に変えていくようにして下さい。

今日は12時半に寝る、明日は12時に寝る・・・といったように少しずつ睡眠時間を早めていくといいでしょう。

 

 

NEXT→②「部活と勉強を両立する方法は?」
⓪「勉強への心構え②(生活習慣)」←BACK

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

「勉強の心構え」記事一覧はこちら