【中学生・高校生】学校と塾の勉強や宿題を両立する方法は?【301記事目】

 

中学生や高校生が学校と塾の勉強や宿題を両立する方法について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は301記事目です。)

 

 

①中学生や高校生で学校と塾が両立できない原因は?

【動画】学校の課題が多すぎ! 受験勉強と両立出来ない!?|受験相談SOS vol.140

 

 

ちゃちゃ丸
学校と塾の勉強が両立できないニャー
モモ先生
最初に学校と塾の勉強を両立させる方法からみていきましょう。

 

 

ア 中学生や高校生が学校と塾を両立させる心構え①(両立できないなら塾を辞める)

→学校の授業や宿題を優先してやろう

 

中学生や高校生が学校と塾を両立させる心構えの一つ目は、「両立できないなら塾を辞める」ということです。

学校と塾の勉強が両立できないと思うのであれば、塾を辞めるべきです。

それは、学校の授業や宿題の出来は内申点に関わるため、そちらに力を入れたほうがいいからです。

もし塾を辞めたら学校の授業や宿題に専念できる人はそうした方がいいでしょう。

くれぐれも塾の授業や宿題を学校よりも優先してやらないようにしましょう。(それでは本末転倒です。)

ただ、そうとはいえ塾に通いたい、もしくは通う必要があると思う人のが多いはずです。

ですので、学校の授業や宿題をやりつつ、塾の授業や宿題にどう向き合っていくかを考えることが大切になってきます。

 

 

イ 中学生や高校生が学校と塾を両立させる心構え②(学校と塾が両立できない理由を考える)

→まずは両立できない理由から考えよう

 

中学生や高校生が学校と塾を両立させる心構えの二つ目は、「学校と塾が両立できない理由を考える」ということです。

「もう無理。両立できない。」と悩む前に、「なぜ学校と塾が両立できないのか?」をよく考えてみるとよいでしょう。

例えば、両立できない原因が、「学校も塾も宿題が多いからそれをこなすだけで一日が終わってしまう」という理由だったとします。

そこで考えが止まってしまうのではなく、どうすれば両立できるようになるかまで考えることが大切です。

例えば、

・宿題を早く終わらせる方法はないか?
・スマホやゲームの時間など無駄な時間はないか?

というところまで考えてみて両立できる方法が見つかれば、そのやり方でやってみましょう。

 

関連記事

 

 

 

ウ 中学生や高校生が学校と塾を両立させる心構え③(学校や塾の先生に宿題の意図を聞く)

→人はやる目的があれば勉強をする

 

中学生や高校生が学校と塾を両立させる心構えの三つ目は、「学校や塾の先生に宿題の意図を聞く」ということです。

私たちは宿題をやる意味が分からないと、どうしてもダラダラとやりがちです。

ただ、宿題をやる目的が分かれば、やる気が出てくるようになります。

ですので、「なぜこの宿題を出すのか?」ということを学校の先生や塾の先生に聞いてみるとよいでしょう。

そこで納得のいく説明があれば、集中して勉強に取り組めるようになります。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

②中学生や高校生が学校と塾の宿題を両立する方法は?

【動画】学校を休んで勉強、はアリなのか?受験生の学校活用論~京大模試全国一位の勉強法【篠原好】

 

 

ちゃちゃ丸
学校と塾の宿題を両立する方法を知りたいニャー
モモ先生
いつまでに何をしなければいけないのかを決めてから勉強するといいでしょう。

 

 

ア 中学生や高校生が学校と塾の宿題を両立する方法①(一日の行動を紙にまとめる)

→自分の一日の流れを確認しよう

 

中学生や高校生が学校と塾の宿題を両立する方法の一つ目は、「一日の行動を紙にまとめる」ことです。

学校と塾の宿題を両立するためには、まずは一日の行動を紙に書き出すところから始めていきましょう。

・朝何時に起きるのか?
・夕方何時に家に帰るのか?
・食事、風呂、睡眠時間は何時間か?
・一日にどれくらい勉強しているのか?

このように一日の流れを書き出すことで、一日のどこで勉強しなければいけないのかが分かります。

その時間帯でしっかりと勉強していけば、効率よく学習を進めることができます。

 

関連記事

 

 

イ 中学生や高校生が学校と塾の宿題を両立する方法②(宿題の量と提出日を書き出す)

→忙しい日とそうでない日を把握しよう

 

中学生や高校生が学校と塾の宿題を両立する方法の二つ目は、「宿題の量と提出日を書き出す」ことです。

次に、学校と塾の宿題の量といつまでに提出したらいいかについて整理していきます。

例えば、

学校
英語の予習理科の問題集
古文単語の小テスト勉強

数学の予習

社会の問題集
数学の予習英語の問題集
英単語の小テストの勉強国語の問題集
週末課題数学の問題集
週末課題

といったように月曜日から日曜日までのスケジュールを書いていきます。

こうすると宿題がたくさんある日とあまりない日があります。(上の例では、金曜日が宿題がありません。)

その場合は、宿題がない日に前倒しで次の宿題分を進めていくと時間に余裕が出てきます。

また、土日は平日に比べると時間に余裕があるため、そこで一気に進めるというのもアリでしょう。(但し、部活の大会や模試、家族の旅行などが入ってくる可能性もあるので、土日に過度に頼りすぎないようにして下さい。)

 

 

 

ウ 中学生や高校生が学校と塾の宿題を両立する方法③(毎日コツコツ勉強する)

→毎日学校と塾の宿題をやること

 

中学生や高校生が学校と塾の宿題を両立する方法の三つ目は、「毎日コツコツ勉強する」ことです。

宿題をためる癖がある人は学校と塾が両立できない可能性が高くなります。

それは、テスト前などに急にやらなければいけない量が増えてくるからです。

例えばテスト前に、学校の提出物がまだ終わっていない状態でさらに塾のテスト対策の宿題もあるとすると、どうしても答えを写すなどして宿題に手を抜いてしまいがちです。

しかし、それでは成績を上げることはできません。

「忙しい」「時間がない」が口癖の人は、実は時間の使い方が下手くそであることが多いです。

テスト前も慌てることなく学校と塾の勉強を両立できるためにも、普段からコツコツと勉強するようにしましょう。

 

関連記事

 

 

エ 中学生や高校生が学校と塾の宿題を両立する方法④(宿題を早く終わらせる方法を考える)

→宿題のやり方を積極的に変えていこう

 

中学生や高校生が学校と塾の宿題を両立する方法の四つ目は、「宿題を早く終わらせる方法を考える」ことです。

宿題のやり方自体も変えていくこともおすすめです。

例えば、ノートに漢字5ページ分書く宿題があったとします。

その時に5ページ一気にやろうとすると、やはり集中力が下がり、書くペースも遅くなってしまいます。

ですので、例えば1ページやったら他の教科の勉強をし、またどこかのタイミングで漢字を1ページやるといったように一気に全部やろうとするのではなく、分割して勉強していくといいでしょう。

また、数学の問題も、分からない問題を1時間も2時間も考えていては時間の無駄です。

そうではなく5分考えて分からなければ、答えを見て、どのように解くのかを理解する、その後もう一度解き直すといったことをした方が効率よく進みます。

このように、「どうすれば短い時間で宿題が終わるのか?」ということを常に考えながら勉強するようにしましょう。(くれぐれも宿題に手を抜いていいというわけではないので誤解しないようにして下さい。)

 

 

NEXT→⑫「予習型の塾と復習型の塾の違いは?塾選びのポイントは?」
⑩「高校受験が終わっても塾を続けるべきか?」←BACK

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

「勉強の心構え」記事一覧はこちら