【中学生・高校生】勉強に自信がない、受験や定期テストで自信をつける方法は?【292記事目】

 

中学生や高校生で勉強に自信がない人や受験勉強や定期テストに向けて自信をつける方法について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は292記事目です。)

 

 

①中学生や高校生が勉強に自信がなくなる原因は?

【動画】【自信がない人向け】勉強で自信をつけるたった1つの方法

 

 

ちゃちゃ丸
勉強に自信が持てないニャー
モモ先生
最初に勉強していて自信がなくなる原因についてみていきましょう。

 

 

ア 中学生や高校生で勉強に自信がなくなりやすい人の特徴①(褒められたことがあまりない)

→自信のある・なしは親子関係が大きい

 

中学生や高校生で勉強に自信がなくなりやすい人の特徴の一つ目が、「褒められたことがあまりない」ことです。

人は褒められることで自信がついて成長します。

しかし、親が子供に対して褒めない場合や、子どもに無関心の場合、その機会がないため子どもが成長できないのです。

それどころか、親の理想が高すぎる場合、子どもに叱り続けることになりがちです。

例えば、テストで80点取って、本人は「よくできた」と思っていたとします。

そこで、親が、「なんで80点しか取れなかったの?勉強が足りなかったんじゃないの?」と言われると、子どもからすると認められた気がせず、やがて勉強に対して自信が持てなくなってしまいます。

 

 

イ 中学生や高校生で勉強に自信がなくなりやすい人の特徴②(ネガティブ思考が強い)

→「自分は勉強してもダメだから」と思う人は自信が持てない

 

中学生や高校生で勉強に自信がなくなりやすい人の特徴の二つ目が、「ネガティブ思考が強い」ことです。

普段からネガティブな思考を持ち続けている人は勉強になかなか自信を持つことができません。

「どうせやっても無駄だから」

「勉強しても成績が伸びないから」

というようなことが口癖の人は、自分を低く見てしまいます。

それは、「自分は勉強ができない人間だ」という考えが頭の中にあるからです。

そして、この考えを崩すにはそう簡単なことではないので、時間をかけてプラス思考になっていく必要があります。

 

関連記事

 

 

 

ウ 中学生や高校生で勉強に自信がなくなりやすい人の特徴③(成功体験がない)

→成功の積み重ねが自信になる

 

中学生や高校生で勉強に自信がなくなりやすい人の特徴の三つ目が、「勉強での成功体験がない」ことです。

勉強に自信がない人は、テストなどでの成功体験がない(少ない)人です。

例えば、小学校の算数では90点取れていたけど、中学校の数学になったら50点しか取れないとします。

「本当は70点くらい取りたいけど、どんなに頑張っても50点しか取れない」状態が続くと、努力したのに結果が出ないということになってしまい、自信がなくなってしまいます。

 

関連記事

 

 

エ 中学生や高校生で勉強に自信がなくなりやすい人の特徴④(他人と比べてしまう)

→比べるのは「過去」の自分!周りと比べないこと

 

中学生や高校生で勉強に自信がなくなりやすい人の特徴の四つ目が、「他人と比べてしまう」ことです。

「あいつは●●点取れているのに、俺は××点しか取れていない・・・」

「お姉ちゃんは●●大学に行ったのに、私はそこに行けそうにない・・・」

このように自分よりできる人と比べて、劣等感でいっぱいになる人がいます。

しかし、比べるのは「相手」ではなく、「自分」です。

過去の自分に比べてどれだけ成長しているかを見比べることが大事になってきます。

 

関連記事

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

②中学生や高校生が勉強で自信をつける方法は?

【動画】勉強しても成長できていない気がするあなたへ

 

 

ちゃちゃ丸
勉強で自信をつける方法を知りたいニャー
モモ先生
小さな成功体験を積み重ねていきましょう。

 

 

ア 中学生や高校生が勉強で自信をつける方法①(小さな成功を積み重ねる)

→目標を身近なものに変えてみよう!

 

中学生や高校生が勉強で自信をつける方法の一つ目は、「小さな成功を積み重ねる」ことです。

例えば、定期テストであれば、現状が50点とし、目標点数が80点だとします。

その場合、いきなり80点を目指すのではなく、まずは60点、次に65点というように、少しずつ点数を上げていく目標に変えるようにしましょう。

そうすることで、より目標が身近なものに思え、勉強に力を入れることができます。

また、高校入試や大学入試も同様で、まずは、自分の現状の偏差値よりも少し上の学校を目標にするようにし、そこに合格できるために勉強していきます。

模試などでそこの学校の判定がよくなったら、もうワンランク上の学校を目指すというようにしていくとよいでしょう。

このように身近な目標を一つずつクリアすることで成功体験が積み重なり、次第に自信がつくようになります。

 

 

イ 中学生や高校生が勉強で自信をつける方法②(毎日継続して勉強に取り組む)

→勉強時間の積み重ねも自信につながる

 

中学生や高校生が勉強で自信をつける方法の二つ目は、「毎日継続して勉強に取り組む」ことです。

とはいえ、苦手な教科で結果を出すことはなかなか難しいものです。

そこで、結果を出すことも大事ですが、まずは努力を積み重ねることを行っていきましょう。

勉強に自信のない人は、その教科の勉強から逃げがちです。

そうではなく、毎日少しでもいいので、最初はその教科に向き合って勉強をすることから行っていきましょう。

また、最初は易しめの教材を使ったり、前の学年の内容を復習したりと、できるだけ簡単な内容から始めるようにして下さい。

それを一つずつできるようになっていくことで、先ほどと同様、成功体験が積み重なり自信がついていきます。

 

関連記事

 

 

 

ウ 中学生や高校生が勉強で自信をつける方法③(問題集を一冊を完璧にする)

→「完璧にした」ことで自信をつけることができる

 

中学生や高校生が勉強で自信をつける方法の三つ目は、「問題集を一冊完璧にする」ことです。

問題集を1冊完璧にすることで達成感を得ることができます。

そのためには、問題数の多い教材ではなく、易しいレベルの問題が載っており、かつページ数が少なめの問題集を使っていくとよいでしょう。

それを完璧になるまで繰り返し復習するようにして下さい。

 

関連記事

 

 

エ 中学生や高校生が勉強で自信をつける方法④(勉強のやり方を変える)

→最短で結果を出すために勉強の方法を変えていこう

 

中学生や高校生が勉強で自信をつける方法の四つ目は、「勉強のやり方を変える」ことです。

勉強ができるようになるには、勉強の「量」と「質」が大事になってきます。

「私はそこそこ真面目に勉強しているのに勉強ができない」と言う人は、間違いなく勉強の「質」に問題があります。

勉強の質を高めることで、結果が出やすくなります。

一方で、

・問題集を解いて丸つけをして終わり
・教科書の重要部分に蛍光ペンで線を引く
・まとめノートをつくる

といったことは、一見勉強しているように見えますが、実は勉強ではありません。

「できない」ところを「できる」ようにするのが勉強です。

そのためには、問題を解いて「できなかった」ところを徹底的に復習する必要があるのです。

そのことを意識して勉強するようにしましょう。

 

関連記事

 

 

NEXT→⑪「いくら勉強しても覚えられない原因は?」
⑨「受験勉強のしすぎで脳が疲れる?」←BACK

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

「勉強の心構え」記事一覧はこちら