勉強のやり方が分からない中学生や高校生へ、まずは勉強の仕方を学ぼう【285記事目】

 

勉強のやり方が分からない中学生や高校生へ、まずは勉強の仕方を学ぼうについて豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は285記事目です。)

 

 

①勉強のやり方が分からない中学生や高校生へ

【動画】一生使える本当に正しい勉強法を紹介!こんな簡単に覚えられるなんて!

 

 

ちゃちゃ丸
勉強のやり方が分からないニャー
モモ先生
できないところをできるようにするのが勉強の基本ですよ。

 

 

「勉強のやり方が分かりません」

「自分なりに勉強をしているんですが、なかなか成績が上がりません」

このように思い始めている人はいませんか?

今回は勉強のやり方が分からなくて悩んでいる人向けに、勉強の仕方について話をしていきます。

まず、結論から言えば、正しい勉強法とは、できない所をできるようにすることです。

つまり、いくら勉強をしても成績が上がらない人は、できない所をできるようにするための勉強をしていない(足りない)のです。

今からはこのことをもう少し詳しく見ていきます。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

②中学生や高校生がやりがちな間違った勉強法は?

【動画】まちがった勉強法10選~「それ、誤解です!」と思う勉強の仕方【篠原好】

 

 

ちゃちゃ丸
間違った勉強のやり方を知りたいニャー
モモ先生
暗記をせず、作業で満足してしまってはいつまでたってもできるようにはなりませんよ。

 

 

ア 中学生や高校生の間違った勉強法①(作業をしているだけ)

→勉強の本質を見失わないこと

 

中学生や高校生の間違った勉強法の一つ目は、「実は勉強ではなく作業をしている」やり方です。

勉強とは先ほども言ったように、「できない所をできるようにする」ことです。

これをしない限り、成績が上がることができません。

ただ、中には作業をして満足してしまっている人がいます。

ここでいう作業とは、

・教科書の重要部分に蛍光ペンで線を引く
・ノートにきれいに重要部分をまとめだす
・宿題の漢字(英語)のノートを埋めるために同じ文字を何度も書く
・英単語カードを作って終わり
・問題集を解いて終わりで間違えた問題はそのまま

といったことです。

残念ながらこれらの勉強内容は作業にすぎず、できない問題を克服していることにはなりません。

そのため、こういったことだけをやって勉強をした気にならないようにしましょう。

 

 

イ 中学生や高校生の間違った勉強法②(得意科目しかやらない)

→5教科のバランスを考えて勉強しよう

 

中学生や高校生の間違った勉強法の二つ目は、「得意科目しかやらない」やり方です。

例えば、定期テストで英語が90点、数学が50点だとします。

このような状態にある人が力を入れてやるべきなのは数学です。

それは、英語はあと10点しか伸びしろがないのに対し、数学はまだ50点もあるからです。

英語の点数を90点から100点にするには相当の時間勉強する必要があります。

それは、残り10点を上げるには応用問題で点数を取る必要があるからです。

一方で、数学の点数を50点から70点に上げるには、それほど時間がかかりません。

それは、基本問題の復習を行えば点数が上がるからです。

そのため、得意科目だけ勉強するのではなく、苦手科目にもしっかりと向き合って勉強するようにしましょう。

 

関連記事

 

 

 

ウ 中学生や高校生の間違った勉強法③(繰り返し復習をしていない)

→知識を頭の中に定着させるにはとにかく復習をするしかない

 

中学生や高校生の間違った勉強法の三つ目は、「繰り返し復習をしていない」やり方です。

「できない所をできるようにする」ためには、何度も復習をする必要があります。

どんな人でも一回覚えただけでは全てを覚えることはできません。

むしろ、一生懸命覚えたとしても、悲しいことに次の日になるとほとんどの内容を忘れてしまいます。

では、忘れないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

それは、とにかく何度も復習をすることです。

2回、3回と復習をしていくうちに、少しずつ頭の中に知識が残るようになります。

また、一度完璧に覚えたとしても、時間が経てばそのほとんどを忘れてしまいます。

ですので、こまめに復習をしていき、少しずつ知識を頭の中に残すようにしましょう。

 

関連記事

 

 

エ 中学生や高校生の間違った勉強法④(自分のレベルに合っていない問題集を解いている)

→難問を解けばいいわけではない

 

中学生や高校生の間違った勉強法の四つ目は、「自分のレベルに合っていない問題集を解いている」やり方です。

特に進学校に通う生徒の場合、基礎が身についていないのに、応用問題集などをやりがちです。

ただ、基礎も身についていないのに難しい問題を解いても正答率は低いでしょうし、そもそも解説を読んでも理解できないでしょう。

ですので、「この問題難しいな」と思う問題が多い場合は、今使っている問題集のレベルがあっていないということですので、その場合は少し易しめの問題集に戻るようにしましょう。

 

関連記事

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

③勉強のやり方が分からない中学生・高校生向けの正しい勉強のやり方は?

【動画】一生使える本当に正しい勉強法【10選】をご紹介!

 

 

ちゃちゃ丸
正しい勉強のやり方を知りたいニャー
モモ先生
基礎をしっかりと固めてから難しい問題に取り組むようにしましょう。

 

 

ア 勉強のやり方が分からない中学生や高校生向けのおすすめ勉強法①(教科書や参考書をサラッと読む)

→どんな内容を習ったのかを確認するところから始めよう

 

勉強のやり方が分からない中学生や高校生向けのおすすめ勉強法の一つ目は、「教科書や参考書をサラッと読む」ことです。

いきなり問題集を解くのではなく、まずは基礎知識を固めることを優先してください。

それは、基礎知識がないのに問題集を解いてもあまり効果がないため、まずはこれから学ぶ内容を理解するところから始めていきましょう。

そのためには教科書や参考書を使って、今まで習った部分を読み返していきます。

そこで分からない所が出てきたら、用語集を使って意味を調べたり、学校の先生や塾の先生に質問したり、YouTubeの授業動画を見たりなどして疑問点を解決するようにしましょう。

おおよその内容を理解したら次のステップにいきます。

 

 

イ 勉強のやり方が分からない中学生や高校生向けのおすすめ勉強法②(用語の暗記や例題を解く)

→問題を解く前に基礎を完璧にする

 

勉強のやり方が分からない中学生や高校生向けのおすすめ勉強法の二つ目は、「用語の暗記や例題を解く」ことです。

教科書を読んだ後は、用語の暗記や基本的な問題を解いていきます。

英語や古文、社会などはそもそも単語(用語)や文法などを知っていなければ解けません。

そのため、問題を解く前に用語や文のルールなどを完璧に覚えるようにしましょう。

ここで完璧にしておかないと、問題を解く際に間違いが多くなってしまいます。

また、数学や理科も基本的な問題を解けなければ応用問題に手を付けることができないので、問題集を本格的に解く前に基礎をしっかりと固めるようにして下さい。

基本問題は即答でできるようになるまで何度も繰り返し解くようにしましょう。

 

 

 

ウ 勉強のやり方が分からない中学生や高校生向けのおすすめ勉強法③(段階的に問題のレベルを上げる)

→知識が十分に身についてから問題集に取り掛かること

 

勉強のやり方が分からない中学生や高校生向けのおすすめ勉強法の三つ目は、「段階的に問題のレベルを上げる」ことです。

基礎がある程度固まったら初めて問題集を解きます。

そもそも問題集を解く目的は、「知識が身についているかどうか確認する」ためにあります。

ですので、知識がないのに問題集を解いても意味がありません。(教科書や参考書を見ながら解くのはやめましょう。)

そして、問題を解いた後に丸付けをして、できなかった問題は解説を読みます。

なお、解説を読んでも理解できない場合は参考書を読んだり、学校や塾の先生に聞くなりして疑問点をなくすようにして下さい。

これを繰り返し行い、問題集の内容をマスターしたら、次のレベルの問題集に取り掛かっていきましょう。

まとめると、

・参考書などで内容を理解する
・用語の暗記や基本問題を完璧にできるようにする
・問題演習を行い、実践力をつける

といった流れで勉強していくと効果的にできます。

 

 

NEXT→⑬「勉強に自信がないときは1教科集中勉強法をしよう」
⑪「いくら勉強してもすぐに忘れてしまう原因は?」←BACK

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

「勉強の心構え」記事一覧はこちら