【中学生・高校生】勉強が楽しくなる方法・コツ、グッズ・アプリは?【276記事目】

 

中・高校生向けの勉強への心構えなどが満載!

 

【中学生・高校生】勉強が楽しくなる方法・コツについての記事です。中学生や高校生が勉強が楽しくなる方法やコツ、グッズやアプリについて豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は276記事目です。)

 

①勉強がつまらないと思える理由は?

【動画】「勉強がつまらない」なら、この動画を見てください~京大生が語る勉強の真実~つまらないから、意味がある。【篠原好】

 

 

 

「勉強が面白くありません」

「勉強よりもゲームやスマホの方が楽しいです」

このような思いを持っている人は多いでしょう。

今回は勉強はなぜつまらないと思えるのか?また、勉強を楽しくできる方法やコツについてみていきます。

最初は勉強がなぜつまらないのか、その理由からみていきましょう。

 

 

ア 誰かにやらされているから

→人に言われてやるものに面白さを感じない

 

私たちは自分で決めてやるものは楽しいです。

ただ、逆に人に言われて半ば強制的にやらされるものに関しては、「つまらない」「なんで俺(私)がやらないといけないの?」と思うようになります。

中学生や高校生のみなさんは保護者の方に、「勉強しなくていいの?」と言われたことはありませんか?

このセリフは言い換えると、「あんた遊んでばかりいないで勉強しなさいよ」ということであり、勉強をするように促されています。

そうなると、子どもからすると、勉強を強制されているように感じ、面白く思えないのです。

 

 

イ 結果が出るまでに時間がかかるから

→勉強は一日、二日で結果が出るものではない

 

ゲームが面白い一つの理由は、ある程度サクサクと進むことにあります。

数時間もすればどんどんレベルが上がり、自分(実際はゲーム内のプレイヤー)が成長したように感じられます。

そのため、ゲームは面白いのです。

一方で、勉強はすぐに結果が出るものではありません

特に苦手教科の場合、目に見える結果が出るまでには半年、一年かかることもあります。

そのため、結果が出ないと、自分が成長したと感じられずにつまらなく感じてしまうのです。

 

 

ウ 内容が分からないから

→内容が分からないと勉強に向き合うのが苦痛になってくる

 

また、勉強しようと思って、教科書を読んだり、問題集を解いたりしても内容がよく分からない時もあります。

それが続くと、だんだん勉強することが苦痛になり、ストレスが溜まります。

分からない問題が続くと、解くのが嫌になったことはありませんか?

勉強なんかしたくない、気分転換にゲームやスマホをしようとつい思いがちです。

 

 

エ そもそも面白くないから

→勉強よりも面白いものが世の中にはたくさんある

 

そして、最後はそもそも勉強は面白くはありません。

というよりも勉強よりも面白いものが世の中にはあります。

それは、ゲームやスマホ、漫画やテレビなどです。

もともとこういったものは、「面白く」なるように作られているため、いつまでも夢中になってやり続けることができます。

一方で、勉強はそうとは限りません。

英語や国語の長い文章を読むのが嫌な人もいるでしょう。

数学や理科の応用問題を解くのが難しすぎて向き合いたくない人もいるでしょう。

歴史の年号なんて何で覚える必要あるの?と思う人もいるでしょう。

このように、勉強は周りの物に比べると相対的に面白くないと感じる人が多いのです。

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

②勉強が楽しくできるための方法・コツは?

【動画】毎日の勉強が楽しくなる4つの方法

 

 

 

では、つまらないと思える勉強を楽しくやる方法についてみていきましょう・

 

ア 小さな成功体験を積み重ねる

→まずは小テストやコンクールで結果を出そう

 

上で見た勉強がつまらないと思える理由の一つに、自分の「成長」を感じにくいということがありました。

逆に言えば、「できるようになったなあ」と思えるようになれば、勉強をすることが好きになってきます。

そのためには、小さな成功体験を積み重ねることです。

いきなり、「定期テストで高得点を取る」を目標にするのではなく、中学生なら英単語コンクールや計算コンクールなどで、高校生なら小テストで満点を取るといったように、範囲が少なめなテストでいい結果を出すことから始めていくとよいでしょう。

それを積み重ねることで、「やればできる」と思うようになり、勉強に対して前向きにできるようになります。

 

 

イ 一科目を集中的に勉強する

→社会など点数を伸ばしやすい教科を徹底的に勉強する

 

また、一科目を集中的に勉強するのもありです。

5教科の中で一番成績を伸ばしやすいのが社会です。

ですので、例えば定期テストで社会の勉強だけに絞り、教科書や問題集の隅から隅まで覚えていくようにすれば、高得点が取れるようになります。

そして一教科ずついい点数が取れるようになれば、それが自信につながっていきます。

いきなり5教科全てできるようにするのではなく、一科目ずつやっていくことで勉強の面白さを感じることができるはずです。

 

 

ウ 勉強に関する漫画などを読む

→漫画から始めることで勉強へのハードルは低くなる

 

教科書や参考書は字が多く、特にその教科が苦手な人は教科書などを読むことが大変だと感じてしまいがちです。

そのような人はその教科に関する漫画を読んでいくと良いでしょう。

例えば、中学生向けの本であれば、

といったように、漫画で基本的な内容を把握することができます。(高校生向けの本もあります。)

そのため、教科書や参考書がどうしても・・・と言う人は漫画から入るのもありでしょう。

 

 

エ スマホのアプリを使う

→スマホと上手に付き合おう

 

最後にスマホのアプリを使うこともありでしょう。

例えば、「スタディプラス」というアプリでは、勉強内容や時間を記録したり、参考書ごとにどこまで進んだかを記録したりできるものです。

また、他の登録者と励まし合いながら勉強できるのもいいところです。

他にも、英単語が覚えやすくなる「英単語アプリ mikan」や、日本史の用語を覚える「日本史一問一答」など、中学生や高校生のみなさんが使えるアプリはたくさんありますので、皆さんにあうものを使うようにしていくとよいでしょう。

 

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00