【中学社会】定期テストに向けた社会のおすすめ勉強法は?【233記事目】

 

中学生の社会の定期テストに向けたおすすめ勉強方法について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は233記事目です。)

 

 

①中学生の定期テストでは何が出る?(社会)

【動画】【中学社会の勉強法】定期テスト90点以上なんて楽勝です!

 

 

 

中学校の定期テストでは一般的に、地理・歴史・公民の内容が出題されます。

学年ごとで習う内容をまとめると、

歴史地理公民
中1旧石器~室町世界地理
中2安土桃山~明治日本地理
中3大正~令和全範囲

となっており、3年間かけて3分野を学ぶことになります。

(近年は、地理の内容が増えたため、その分歴史が終わる時期が中3の1学期と遅くなっています。そして2学期から公民を習うため、かなり急ピッチで学校で公民の授業が進むことになります。)

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

②中学生が社会の定期テストで高得点を取るための勉強法(1)

【動画】【社会マスターが解説】1日で成績が劇的に上がる社会の勉強法とは?

 

>

 

ちゃちゃ丸
社会の定期テストで高得点を取るためにはどんな勉強をしていけばいいのかニャー?
モモ先生
ここでは定期テストで高得点を取るための勉強を順番にみていきますよ。

 

 

ア 中学生の社会の定期テストに向けた勉強法①(教科書を読み返す)

→教科書を読み返すことでこれから習う内容の全体像が分かる

 

中学生が社会の定期テストに向けた勉強法の一つ目は、「教科書を読み返す」ことです。

社会の教科書を読むことで今まで習った内容を思い出すことができます。

また、教科書で出てくる史料や図、写真などもあわせてよく読むようにして下さい。

これらは定期テストでよく出るため、目を通しておくとスムーズに問題を解くことができます。(資料集があれば資料集にも目を通しておきましょう。)

 

関連記事

 

 

イ 中学生の社会の定期テストに向けた勉強法②(一問一答の暗記をする)

→最初は太字から覚えていこう!

 

中学生が社会の定期テストに向けた勉強法の二つ目は、「一問一答の暗記をする」ことです。

最初は教科書の太字レベルの用語から覚えるようにしてください。

それは最初から細かい内容の言葉を覚えようとするとあまりにも時間がかかってしまうからです。

そうではなく、最初は重要度の高いもの、つまり教科書の太字の言葉を覚えるようにしてください。

また、太字の用語は漢字で書ける必要があるため、(テストでは漢字指定されることが多い)、用語を覚えた後は、漢字で書けるかどうかチェックしましょう。

特に歴史で出てくる用語の漢字は難しいものが多いため、しっかりと練習するようにしましょう。

さらに白地図や資料問題対策の対策もしておくと、地理の問題に強くなります。

 

関連記事

 

 

 

ウ 中学生の社会の定期テストに向けた勉強法③(学校のワーク・プリントの見直しをする)

→理解をしながらできるようになるまで繰り返し復習しよう

 

中学生が社会の定期テストに向けた勉強法の三つ目は、「学校のワーク・プリントの見直しをする」ことです。

みなさんの中には、「何度も繰り返しワークを解き直す」というと、答えを丸暗記してしまう人がいます。

例えば、ある問題の答えが「エ」であれば、答えの「エ」だけ覚えてしまうのです。

ただ、それでは物事の本質が分かっていないため、問題の形を変えられると途端にできなくなってしまいます。

ですので、間違えた問題はしっかりと解説を読み、「なぜそうなるのか?」「どうやって解けばいいのか?」を意識しながら解き方を理解するようにしましょう。

ただ、中には解説を読んでも分からないところも出てきます。

その場合は参考書に戻るか、学校や塾の先生に聞くなどして疑問点をなくすようにしていきましょう。

 

関連記事

 

 

エ 中学生の社会の定期テストに向けた勉強法④(歴史年号の暗記)

→語呂合わせなどを使って何度も覚え直そう

 

中学生が社会の定期テストに向けた勉強法の四つ目は、「歴史年号の暗記」をすることです。

歴史の年号はなかなか覚えにくいです。

そこで多くの問題集では、生徒が年号を覚えやすくするために、語呂合わせがついているものがあります。

そして、語呂合わせで覚えることで年号が意味を持つようになり、覚えやすくはなりますが、それでもやはり数日するとほとんどは忘れてしまいます。

ですので、一回覚えただけで満足せず、テスト当日までに何度も覚え直すようにしましょう。

繰り返し覚えることで、段々と頭の中に知識として入ってきます。

 

関連記事

 

 

 

オ 中学生の社会の定期テストに向けた勉強法⑤(時事問題対策)

→時事問題がまとまっているサイトを積極的に活用していこう

 

中学生が社会の定期テストに向けた勉強法の五つ目は、「時事問題対策」をすることです。

定期テストが近づくと、みなさんは時事問題の対策にあまり時間をかけることができないと思います。

そこで、時事問題がまとまっているサイトを活用することで、この1~2か月で起きた出来事を整理することができます。

また、サイトによっては予想問題がついていることもあるので、その問題を解いて定着度を確認していきましょう。

なお、時事問題は漢字で書くように指定されることもあるので、漢字で用語が書けるようにしっかりと練習をしていきましょう。

 

関連記事

 

 

カ 中学生の社会の定期テストに向けた勉強法⑥(応用問題・難問対策)

→史料やグラフをしっかりと読み取る練習をしていこう

 

中学生が社会の定期テストに向けた勉強法の六つ目は、「応用問題・難問対策」をすることです。

ただ、応用問題になると、ついつい解くのを逃げ出してしまう人がいます。

彼らは少し考えて分からないと、解くのを諦めてしまい、すぐに答えあわせをしてしまいがちです。

そして練習の段階でできないことはテストや模試本番でできるはずがありません。

テストでできるようになるには、練習(家での勉強)の段階から粘り強く応用問題に立ち向かっていく必要があります。

そのため、時にはじっくりと考えて、どうやって解けばいいのかを考えるようにしましょう。(ただ、だからといって何時間も考えるのは時間の無駄ですので適度な時間で切り上げるようにしましょう。)

 

関連記事

 

 

 

キ 中学生の社会の定期テストに向けた勉強法⑦(テスト前日・当日にすべきこと)

→史料やグラフをしっかりと読み取る練習をしていこう

 

中学生が社会の定期テストに向けた勉強法の七つ目は、「テスト前日・当日にすべきこと」についてです。

学生が理科の定期テストで高得点を取るためにテスト前日・当日にすべきことは、

・用語の意味や年号を再度覚える
・学校のワークやプリントを再度解き直す
・章末問題を再度解く

といったことです。

時間が限られているため、短時間で効果が出るような勉強をしていきましょう。

 

関連記事

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

③中学生が社会の定期テストで高得点を取るための勉強法(2)

【動画】【中学生向け】社会の勉強法!定期テストの点数UP、高校受験の合格率UPに効果的な方法【元中学校教師道山ケイ】

ちゃちゃ丸
社会の定期テストで高得点を取るためにはどんな勉強をしていけばいいのかニャー?
モモ先生
ここでは定期テストで高得点を取るための勉強方法の追加情報をみていきますよ。

 

 

ア 中学生の社会の定期テストに向けた勉強法①(学習塾での指導方法)

→用語を覚えてから問題演習に取り掛かる指導をしています

 

ここでは、中学生が社会の定期テストに向けて高得点を取るために、当塾でどんな指導をしているか紹介していきます。

とよはし練成塾では個別指導塾であるため、生徒の学力にあった指導をしています。

ただ、普段は英語・数学の指導が中心になるため、社会のテスト対策は定期テスト週間前がメインとなります。

また、定期テスト前には最短最速で仕上がるような指導をしています。

当塾での社会のテスト対策は、

・宿題で塾の問題集の赤字部分を覚えてくる
・授業時及びテスト対策勉強会で覚えたかチェック
・社会の場合は用語を漢字で書けるかどうか、理科の場合は基本問題が解けるかどうかチェック
・学校の問題集やプリントを復習する

といったことを行っています。

 

関連記事

 

 

イ 中学社会のテスト問題の解き方

→解ける問題から確実に解いていこう

 

ここでは、「社会のテスト問題の解き方」についてみていきます。

社会のテスト問題のおすすめの解き方は、

①最初に全体を見渡す
②漢字を間違えずに書く
③グラフ・表の読み取り問題は数字の変化を意識して読む
④記述問題は配点が高いので空欄にしない

といったことです。

また、見直しの際は、「問題文を読み間違えていないか」といったことを意識して確認するようにしましょう。

 

関連記事

 

 

ウ 中学社会の定期テスト対策おすすめ参考書・問題集は?

→まずは学校のワークやプリントを完璧にして、あとは必要に応じて使っていこう

 

ここでは、「中学生が社会の定期テスト対策として使うべきおすすめ参考書や問題集」についてみていきます。

基本は「学校のワークやプリント」がメインとなりますが、これを補う教材として、

①教科書
②一問一答集、歴史年号問題集、白地図・資料問題集
③参考書
④応用問題集

といったものを必要に応じて使っていけばよいでしょう。

 

関連記事

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

「中学生の勉強法」記事一覧はこちら