【国語】文章や問題を読むのが遅い!?読むスピードを上げる方法は?【226記事目】

 

国語の文章を読むのが遅い人が速く読み解く方法や、読解スピードを上げるコツについて豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は226記事目です。)

 

 

①中1~中3生の勉強法を知りたい方は
「中学生の勉強法」
②中学国語のテスト勉強法を知りたい方は
「国語のテスト勉強法」

 

 

①国語の文章を読むスピードが遅い原因は?

【動画】文章を早く読めるようになるトレーニング法【国語の勉強法】

 

 

 

「国語の文章問題を読むのが遅いです」

「どうしたら文章を速く読むことができますか?」

こういった悩みを抱えている人は少なくないでしょう。

今回は国語の文章問題を速く読むための方法についてみていきます。

その前に、読むスピードが遅い原因からみていきます。

 

 

ア 国語の文章を読むスピードが遅い理由①(漢字が読めない、言葉の意味を知らない)

→漢字が読めない、語句の意味が分からないでは文章は読めない!

 

文章で出てくる漢字が読めない、言葉の意味を知らない、ということが続くと、その言葉が出てくるたびに読むのがストップしてしまいます。

そのため、どうしても読むスピードが遅くなってしまいます。

特に説明文では、普段聞き慣れない抽象的な言葉が数多く使われるため、説明文のような硬い文章を読む習慣がない人からすると、難しく感じるはずです。

そのため、まずは途中で止まらないように、

・漢字の読み方を覚える
・言葉の意味を覚える

ということをやっていくとよいでしょう。

 

 

 

イ 国語の文章を読むスピードが遅い理由②(背景知識を知らない)

→文章にはある程度の決まったパターンがある

 

説明文では、よく出るジャンルがあり、それは、「近代」「現代」「科学」「哲学」「言語」といったものです。

そして、これらの話にはある程度決まった話の展開があります。

例えば、科学であれば、

「科学が発達した→人々の生活は便利になった→環境問題など問題点もある」

といったパターンです。

つまり、ジャンルごとのあらすじを知っておけば、多少文中に分からない言葉が出ても大意をつかむことができます。

「現代文のコア 読解のための最重要テーマとキーワード」はそのようなテーマについて分かりやすく説明している参考書ですので、ぜひこの本を読んであらすじをつかむようにしましょう。(この本は高校生向けですが、中学生が読んでも分かる内容となっています。)

 

 

ウ 国語の文章を読むスピードが遅い理由③(最初から全てを理解しようとしている)

→1回で理解しようとしない

 

みなさんは知りたい情報をインターネットで見つけたとき、その記事を隅々まで読むでしょうか?

おそらく多くの人は自分の知りたい情報だけさっと読み、細かい内容は飛ばし読みすることでしょう。

国語の文章もそれと同じで、「ポイントをつかむ」ように読んでいけばよいのであって、文章の全ての意味を理解する必要はありません。

そもそもただでさえ内容の難しい文章を1回読んだだけで全て理解できるはずがありません。(私ですら無理です。)

1回目はさらっと読み、どんなことが書いてあるかだけをつかみ、あとは問題を解きながらじっくり解いていくようにしましょう。

基本的には、傍線部の近くに解答の根拠が載っていることが多いので、2回目は傍線部周辺をよく読むようにしましょう。

また、選択肢に目を通すことで、本文の内容を理解できることもあります。

そのため、

全体をさっと読む→問題文を読む→傍線部中心及び選択肢を読む

といったことを行うことで、「あっ、この文章はこういうことを聞いているのか」というのが分かるようになってきます。

くれぐれも最初の1回で全てを理解しようとしないようにしましょう。

 

 

エ 国語の文章を読むスピードが遅い理由④(対比・具体抽象などの関係を意識していない)

→論理構造をつかみながら文章を読もう!

 

文章を読む際に何となく読んでいるだけでは速く読むことができません。

そうではなく、説明文を読む際に、

・対比関係
・具体抽象の関係
・原因結果の関係

を意識して読むと内容を理解できるようになります。

例えば、

(抽象)「私は果物が好きだ。」
(具体)「例えば、ハスカップやポーポーが好きだ」

という文であれば、ハスカップやポーポーを知らなくても、この2つが果物であることが分かります。

また、

(対比)「わたしは相撲が好きだ」
(対比)「しかしスカッシュはあまり好きではない」

という文であれば、スカッシュを知らなくても、スカッシュがスポーツであることが分かります。

さらに言えば、先の例の「私は果物が好きだ。例えば~」であれば、「果物が好きだ」さえ読み取っていれば、「例えば~」以降は読み飛ばしてもいいことになります。

このように、論理構造を意識しながら読むことで、文章が理解できるようになり、結果読むスピードを上げることができるのです。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

①中1~中3生の勉強法を知りたい方は
「中学生の勉強法」
②中学国語のテスト勉強法を知りたい方は
「国語のテスト勉強法」

 

 

②国語の文章を読むスピードを上げる方法は?

【動画】「現代文を読むスピードが遅い」をプロファイリング!!… 「読んで全内容を理解」しようとしすぎてませんか? それが目的化してませんか??|受験相談SOS vol.1331

 

 

 

次に国語の文章で読むスピードを上げる方法についてみていきます。

 

 

ア 国語の文章を読むスピード上げる方法①(言葉の意味を覚える)

→単語帳などを使って国語の文章に出てくる語句を覚えていこう

 

「アイデンティティ」「イデオロギー」「コンセンサス」。

こういった言葉は普段皆さんはなかなか口にしないものですが、国語の文章ではよく出てくる単語です。

これらの語句の意味を知らないとそこで立ち止まってしまい、文章を速く読むことができません。

そのため、国語の文章でよく出てくる単語の意味を最初に覚えておくといいでしょう。

おすすめは、「この1冊で「言葉力」が伸びる! 中学生の語彙力アップ 徹底学習ドリル1100」です。

この本は分野ごとに言葉がまとまっている、例文を通じて言葉の意味を覚えることができるなどに工夫がされています。

国語の文章を読むのが遅い人や国語が苦手な人はぜひやっておきたい1冊です。

 

 

イ 国語の文章を読むスピード上げる方法②(最初に問題文を読む)

→先に問題文を読むことで何について問われているかが分かる

 

みなさんは国語の問題を解く時に、いきなり文章を読み始めていませんか?

そうではなく、最初は問題文を読むことをおすすめします。

それは問題文を読むことで、何について問われているかが分かり、どこを意識して読めばいいかが分かるようになるからです。

ただし、選択肢まで読んでしまうとかえって時間がかかってしまうため、問題を軽く読んだら本文を読むようにしましょう。

 

 

ウ 国語の文章を読むスピード上げる方法③(一回目で全てを理解しようとしない)

→一回読んだだけで全てを理解できる人はほとんどいない

 

国語の文章は、内容が難しくかつ話の途中から始まることが多いため、一回読んだだけで全てを理解することは難しいです。

そのため、「何が書いてあるか全然わからない」という気持ちになってしまう人が多いですが、それは他の人も同じなので心配する必要はありません。

一回目はおおよその話が分かればOKで、後は問題を解く際に再度傍線部前後をじっくり読むことで次第に分かってくるようになります。

逆に一回目を読み切るのに時間がかかりすぎてしまうと問題を解く時間がなくなってしまいますので気をつけましょう。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

①中1~中3生の勉強法を知りたい方は
「中学生の勉強法」
②中学国語のテスト勉強法を知りたい方は
「国語のテスト勉強法」