【中学生】1日の平均勉強時間と理想の勉強時間は?【220記事目】

 

中学生の1日の平均勉強時間と理想の勉強時間について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は220記事目です。)

 

 

①中学生の一日の平均勉強時間、理想の勉強時間は?

【動画】中学生の勉強時間<<理想と平均>>受験生の場合休日は何時間やればいいの?(道山ケイ)

 

 

ちゃちゃ丸
中学生は一日どのくらい勉強したらいいのかニャー?
モモ先生
中1・中2は2時間半、中3は3時間半が理想ですよ。

 

 

ア 中学生の一日の平均勉強時間は?

→中学生の平均勉強時間は90分!

 

ベネッセの統計(2015年)によると、中学生の平均勉強時間は90分(1時間30分)です。

こう見ると、「意外に多いかも?」と思う人がいるかもしれませんが、これには宿題や塾の時間なども含まれます。

さらに、学年ごとに見ていくと、

・中1 105分(1時間45分)
・中2 102分(1時間42分)
・中3 134分(2時間14分)

となっています。

中3は受験生ですので、中1・中2よりも勉強時間が多いことが分かります。

ただ、これらの時間の中で家庭学習の時間が中1・中2で約30分、中3で約40分と少ないのが気になります。

多くの生徒は宿題と塾に通って終わりという傾向がありますので、家庭学習をどれだけ増やせるかがカギとなってきます。

 

 

イ 中学生の理想の学習時間は?

→家庭学習の時間を増やそう!

 

次に理想の勉強時間ですが、中1・中2は2時間、中3の部活引退後は3時間半が理想の勉強時間だと思います。

これは、中1・中2は毎日30分、中3は1時間20分くらい勉強時間を増やす必要があるということです。

では、どんな勉強をする時間を増やしていけばいいかというと、先ほど言ったように家庭学習の時間です。

中3生は受験勉強の時間を増やしていけばいいですが、中1・中2は英単語や漢字を覚えたり、今までの復習をしたり、英検や漢検の勉強をしたりといった勉強をしていけばいいでしょう。

勉強する習慣を早い時期から身につけておくことで、中3や高校生になった時に他の人と差が出てきます。

 

関連記事

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

②中学生の家庭学習のおすすめなやり方は?

【動画】【中学生向け】勉強時間を増やす方法TOP3

 

 

ちゃちゃ丸
中学生の家庭学習のポイントを教えてほしいニャー
モモ先生
目標を持って勉強するようにしましょう。

 

 

ア 中学生の家庭学習のおすすめなやり方①(目的を持って勉強をする)

→目的を持って毎日勉強をしよう

 

中学生の家庭学習のおすすめなやり方の一つ目は、「目的を持って勉強をする」ことです。

先ほどは「勉強時間を増やした方がいい」と言いました。

だからといって、ただなんとなく時間を増やしていたのでは意味がありません。

そもそも勉強とは、自分に足りないものや覚えていないところや、力を入れて復習したいところをやるものです。

ですので、何のために勉強するのか、どの部分に力を入れて勉強をしたらいいのかといった、目的意識がないと勉強の効果が出てきません。

特に受験生は、「俺(私)は受験生だから、とりあえず受験勉強しよう」という気持ちで、何となく勉強している人もいます。

そうならないように、何をしなければいけないのかを考えた上で、日々勉強するようにしましょう。

 

関連記事

 

 

イ 中学生の家庭学習のおすすめなやり方②(中1・2は英検・漢検・コンクールを目標にする)

→検定試験やコンクールの合格を目標にすると勉強へのモチベーションが上がる

 

中学生の家庭学習のおすすめなやり方の二つ目は、「中1・2は英検・漢検・コンクールを目標にする」ことです。

高校入試まで時間のある中1・中2は、定期テスト以外の時期には勉強するモチベーションを上げにくいのが現状です。

ですが、勉強するにあたって何か目標がないと、集中して勉強に取り組むことができません。

ですので、英検などの検定試験や学校での英単語コンクールなどを目標に勉強をするようにしましょう。

英検や漢検、数検に合格すると高校の推薦入試を受験できる可能性が増えます。

また、学校のコンクールは内申点の評価の対象になります。

ですので、定期テストだけでなく、これらの試験に向けて頑張ることで受験で有利になりますので、しっかりと勉強するようにしましょう。

 

 

 

ウ 中学生の家庭学習のおすすめなやり方③(受験生は積極的に模試や過去問を解く)

→模試や過去問を解いて自分の課題を把握しよう

 

中学生の家庭学習のおすすめなやり方の三つ目は、「受験生は積極的に模試や過去問を解く」ことです。

中3の受験生は、受験勉強がメインになります。

とはいえ、多くの人はどんな勉強をしたらいいかが今一つ分からないと思います。

ですので、手始めに模試や過去問を解いてみましょう。(模試は塾に通っていない人でも公開会場で受験することができます。)

模試や過去問を解くことで、苦手な科目や単元が分かり、何をしなければいけないかが分かります。

例えば、数学ができて、英語があまりとれなかった場合は、高校入試の勉強は英語を中心にやればいいことになります。

また、できていた数学でも、計算やグラフはできたけど、確率の問題ができなかった場合は、確率の復習をする必要があります。

このように模試や過去問を受けることで、みなさんが今後やるべきことが分かりますので、効率的に受験勉強を進めることができます。

 

関連記事

 

 

NEXT→⑥「隙間時間を使った勉強法は?」
④「1日1教科勉強法はアリか?」←BACK

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

「勉強の心構え」記事一覧はこちら