勉強に集中できる机の上は?整理して何も置かないようにしよう【218記事目】

 

中・高校生向けの勉強への心構えなどが満載!

 

勉強に集中できる机の上は?整理して何も置かないようにしようです。勉強に集中できる机の上は?整理して何も置かないようにしようについて豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は218記事目です。)

 

①集中できる勉強部屋のレイアウトは?

【動画】【勉強部屋の作り方】集中力が上がる机レイアウトとは?【元中学校教師道山ケイ】

 

 

詳しくは「【勉強部屋のレイアウト】集中力・成績が上がる部屋作りは?」をご覧ください。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

②勉強に集中できる勉強机とは?

【動画】【まとめ5選】成績・偏差値をぶち上げる勉強机の作り方

 

 

 

ア 机の上には極力物を置かない

→机の上は物を置かずスッキリさせよう

 

机の上にはできるだけ物を置かないようにしましょう。

それは、物がたくさん置いてあると、目がそれらを見てしまい、情報として受け取ってしまい脳に蓄えられます。

そうなると余計に疲れてしまうことになるため、机の上にはできるだけ物を置かない方がいいでしょう。(また、本などが置いてあると、そちらの内容が気になってしまうこともあります。)

また、机の上に物があることで、

・すぐに散らかってしまいがち
・物を書くスペースが少なくなる

といったデメリットも出てきます。

そのため、教科書やノートなどはできるだけ本棚に置くようにしましょう。

そうすることで、物を書くスペースを確保することができます。

 

 

 

イ ゲームやスマホ、漫画は手の届かない所に置く

→勉強の妨げになるものは、部屋の中に置かない

 

また、ゲームやスマホ、漫画などを机の近くに置かないようにしましょう。

これらが近くにあると、どうしても勉強中気になってしまいます。

そうなるとなかなか勉強に手がつかずに、サクサクと進めることができません。

ですので、勉強部屋には勉強に関係のないもの、勉強の妨げになるものは置かないようにしましょう。

 

 

 

ウ よく使うものは机の近くに置く

→机の近くに文房具や教科書などを置くようにしよう

 

先ほど言ったように、机の上にはできるだけ物を置かないのが基本です。

そうなると文房具や教科書などはどこに置けばいいのでしょうか?

それは、机の近くです。

例えば、文房具であれば、机の引き出しに入れましょう。

また、教科書やノートは本棚に入れましょう。

手に届く所に置いておくことで、散らかりを防ぐことができます。

また、置く場所を決めておくことも大切です。

それは、定位置を決めておくことで、物をなくすことを防ぐことができるからです。(文房具の場合なら、あとどれくらい残っているかが一目で分かる)

 

 

 

エ あえて教科書を机の上に置く

→机の上に物を置くことでスムーズに勉強が進めることができる

 

今までとは反対のことを言いますが、時によってはあえて教科書や問題集を机の上に置いた方がいい時もあります。

例えば、一日の勉強の終わりに、次の日にやる所のページを開いた状態で机の上に教科書や問題集を置くことで、次の日、起きたらすぐに勉強に取りかかることができます。

それが、本棚に閉まった状態だと、教科書を開くところから始めないといけなくなります。

そこには、「どの教科をやるんだっけ?」「あれ何ページだっけ?」といった迷いが出てくることもあるでしょう。

下手をすると、前日にやろうと思っていたことを思い出せずに違うことをやってしまうということもありえます。

そうなると、効率よく勉強をすることができません。

一方で、教科書などを開いたままにした状態にしておけば、次の日はスムーズに進めることができます。

ですので、時には机の上に物を置くこともアリなのです。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00