【中学生・高校生】集中力や成績が上がる部屋のレイアウトは?【217記事目】

 

中学生や高校生が集中力・成績が上がる部屋のレイアウトについて豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は217記事目です。)

 

 

①中学生や高校生が集中して勉強ができる勉強部屋のレイアウトは?

【動画】【勉強部屋の作り方】集中力が上がる机レイアウトとは?【元中学校教師道山ケイ】

 

 

ちゃちゃ丸
自分の部屋ではなかなか勉強に集中できないニャー
モモ先生
今回は集中できる部屋のレイアウトについて紹介していきますよ。

 

 

ア 中学生や高校生が集中して勉強できる部屋のレイアウト①(机の位置)

→机の前は広く、後ろは狭くしよう!

 

中学生や高校生が集中して勉強できる部屋のレイアウトの一つ目は、「机の位置」についてです。

机の位置を変えることで集中力が増すようになります。

基本的には、机の前にはできるだけ空間があるようにし、逆に机の後ろは空間をなくすようにしましょう。

それは、目の前がすぐ壁であると、圧迫感を感じ、イライラしてしまうからです。

また、机の後ろが空いていると、(特に後ろに窓がある場合)、「急に誰かが来るのでは?」という気持ちが自然と起こり、緊張感が起きてしまいます。

そうならないように、机の前は広く、後ろは狭くしましょう。

また、窓から入ってくる光も工夫するとよいでしょう。

利き手とは逆の方向から太陽光が入ってくるようにすると、手元を明るくすることができます。

例えば、右利きなら左側に窓があるといいということです。

 

 

イ 中学生や高校生が集中して勉強できる部屋のレイアウト②(椅子の高さ)

→椅子の高さを変えると体が疲れにくくなる!

 

中学生や高校生が集中して勉強できる部屋のレイアウトの二つ目は、「椅子の高さ」についてです。

椅子の高さも気にするようにしましょう。

それは高さがあっていないと、体に負担がかかり疲れやすくなってしまうからです。

おすすめの高さは、肘の角度が90度になるような高さです。

この角度にならないときは、椅子の高さを調整しましょう。

また、背中の角度が100~110度と少し後ろに傾くような感じの椅子を使うといいそうです。

 

 

ウ 中学生や高校生が集中して勉強できる部屋のレイアウト③(色)

→カーテンなどは青色がおすすめ!

 

中学生や高校生が集中して勉強できる部屋のレイアウトの三つ目は、「色」についてです。

人は色を見ることで、様々な気持ちになります。

例えば、赤だと気持ちが高まります。

また緑は自然の色であるため、気持ちが落ち着きます。

そして、勉強する上に一番いい色は「青」です。

青色には気持ちを落ち着かせる効果があるため、集中力を維持しやすい色なのです。

そのため、カーテンやカーペット、文房具などは青色を使っていくことをおすすめします。

また、照明も同じく青色系統のものを使っていくと良いでしょう。

一般的に、照明は、

・電球色
・昼白色
・昼光色

の3つの光がありますが、「昼光色」は青みがかかった色であるため、集中力を出しやすい環境にすることができます。

 

 

エ 中学生や高校生が集中して勉強できる部屋のレイアウト④(ベッド・棚)

→勉強の妨げになるものは、棚に置かないようにしよう

 

中学生や高校生が集中して勉強できる部屋のレイアウトの四つ目は、「ベッドや棚」についてです。

まず、ベッドは勉強机から近い所にあるといいでしょう。

それは朝起きた時に近くに机があることで、スムーズに勉強をすることができるからです。(特に冬などはベッドと机の距離が離れていると、寒くてなかなか勉強したくないですよね。)

また、棚の置き方の工夫も大事です。

棚には勉強に関係のあるものだけ置き、漫画やゲームなど勉強の妨げになるものは置かないようにしてください。

 

 

オ 中学生や高校生が集中して勉強できる部屋のレイアウト⑤(音・香り・気温など)

 

その他気を付けるべきポイントは以下の通りです。

 

A 音

音は完全にないよりも、適度にあった方が集中できます。

ただ、工事の音など外からの音が大きすぎる場合は、耳栓などをしながら勉強をするとよいでしょう。

 

 

B 香り

ペパーミントやローズマリーなどの香りをかぎながら勉強をすることで集中力が上がります。

しかし、個人的には日常的に使うことはおすすめしません

それは、テスト本番では香りを使うことができないからです。

家でずっと使っていると、その環境に慣れてしまいます。

逆に言えば、香りがない所では集中できなくなってしまう危険性があるのです。

そのため、アロマなどを使って香りを出す時は、「ここぞ」と言う時に限定するようにしましょう。

 

 

C 気温

勉強する上でおすすめの気温は25度前後です。

この温度で勉強すると集中して勉強できます。

また、冬は加湿器で湿度を保つこと、換気を行うことなどをして、集中しやすい環境を保つようにしましょう。

 

 

D 集中力を高めるグッズ

他にも観葉植物を置く、「絶対合格するぞ」といった貼り紙を壁に貼る、部屋に余分なものは置かない、部屋を綺麗にするといった工夫をすることで集中力を上げることができます。

 

机の位置やいすの高さなど、できることを一つずつ行っていって、集中できる勉強部屋になるようにしましょう。

 

 

NEXT→⑨「勉強に集中できる机の上は?」
⑦「集中力が上がる!タイマー式勉強法とは?」←BACK

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

「勉強の心構え」記事一覧はこちら