【暗記法】確実に覚えられる、効率のよい暗記のやり方・コツは?【216記事目】

 

中・高校生向けの勉強への心構えなどが満載!

 

【暗記法】確実に覚えられる、効率のよい暗記のやり方・コツは?です。【暗記法】なかなか覚えられない人が確実に覚えられる、効率のよい暗記のやり方・コツは?について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は216記事目です。)

 

①暗記をしてもすぐに忘れてしまう原因は?

【動画】覚えたことを忘れてしまう!勉強後に【絶対にしてはいけないこと】とは

 

 

「勉強してもすぐに内容を忘れてしまいます。」

「どうやったらいつまでも覚えていることができますか?」

このような悩みを抱えている人は少なくないでしょう。

今回は、そのような人向けに、効率よく暗記ができる方法について紹介をしていきます。

その前に、最初は「なぜ、なかなか覚えられないのか?」というところからみていきます。

 

ア 暗記をしてもすぐに忘れる理由①(集中して覚えていない)

→暗記するときに近くにゲーム・スマホ・テレビがあるのはNG!

 

まず考えられるのが、集中して覚えていないということです。

すぐに忘れてしまう英単語や漢字、社会の用語を一生懸命覚えることは、脳にとって結構大変な作業です。

そのため、暗記に集中しないと覚えることができません。

なのに、近くにスマホやゲーム、テレビなどがあると、ついそっちの方に意識が行ってしまいます。

英単語を覚えているときに、LINEの着信音が鳴ると、「あっ、●●からだ。どんな内容かな?」と思ってLINEを見て返信をする。

また、しばらく暗記をしていると、今度は違う人からLINEが来て、返事をする。

この繰り返しでは、暗記に集中できていないのも同然です。

暗記をすることは全力で取り組まないとできないことですので、暗記の妨げになることはやめるようにしましょう。

 

イ 暗記をしてもすぐに忘れる理由②(繰り返し暗記をしていない)

→1回だけでは完璧に覚えることはできない!

 

人は覚えた内容をすぐに忘れてしまいます

どんなに楽しかった映画やドラマの内容でも、一日経つと全てのセリフや内容を覚えている人はいないでしょう。

ましてや、ドラマや映画よりもつまらない勉強の内容であれば、なおさらです。

みなさんの中には、「あんだけ苦労して覚えたんだから、忘れるはずはない。」と思うかもしれません。

しかし、悲しいことに、次の日になると、私たちはほとんどの内容を忘れてしまっています。

ということは、何回も繰り返して覚えないと、頭の中には入ってこないのです。

定期的に復習をして、暗記をするようにしましょう。

 

 

ウ 暗記をしてもすぐに忘れる理由③(理解をしながら覚えていない)

→丸暗記はできるだけしないこと

 

丸暗記ではすぐに忘れてしまいがちです。

例えば、「どあうらううあえああうもううあんあうあ」という言葉をすぐに覚えられるでしょうか?

これは意味のない言葉が並んでいるだけですので、多くの人は覚えるのに時間がかかるはずです。

また、意味のない言葉はたとえ覚えたとしてもすぐに忘れてしまいます。

しかし、この「どあうらううあえああうもううあんあうあ」から、「あ」と「う」の言葉をとってみると、

あうううあああうううああうあ」、つまり「どらえもん」となります。

これであれば、あのネコ型ロボットのことですので、すぐに覚えることができるはずです。

つまり、理解しながら覚えるかどうかで、暗記の定着度は格段にかわってきます。

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

②暗記を効率よく行う方法は?

【動画】超効果的な暗記の仕方!3原則【覚えようとしない】

 

 

 

次に効率よく暗記をする、おすすめの勉強法についてみていきます。

 

ア 忘れないように効率よく暗記をする方法①(まずは理解をしよう)

→できるだけ理解をした後に暗記を始めよう!

 

暗記をする前にやってほしいことは理解をすることです。

「なぜそうなるのか?」ということを考えることが大事です。

最初に理解をし、それから暗記をすることで格段に暗記の効率が上がります。

ただ、歴史の年号は理解しようとしてもなかなかできるものではありません。

その場合は、語呂合わせを使って覚えていくとよいでしょう。

ただの数字で覚えるよりも、意味のある文章で覚えた方が覚えやすくなります。

 

 

 

イ 忘れないように効率よく暗記をする方法②(短期集中で何度も繰り返そう)

→一度覚えただけでは完璧に覚えることができない

 

一回暗記しただけでは、なかなか全てを覚えることはできません。

そのため、何回も繰り返して覚える必要があります。

とはいえ、「どうせ忘れるでしょ?だったら適当に覚えればいいや」と思う人がいるかもしれません。

しかし、それではいつまでたっても覚えることはできません。

毎回真剣に覚え、後は忘れないように繰り返し復習する、その積み重ねによって次第に頭の中に定着していくのです。

 

 

 

ウ 忘れないように効率よく暗記をする方法③(できるだけ書かずに覚えよう)

→書いただけで満足しないこと

 

暗記をする際にひたすら書いて覚える人がいます。

しかし、「書く」のには時間がかかってしまい、時間をかけた割には実はあまり覚えていないということもあります。

英単語のスペルを確認する、漢字が書けるかどうか確認するなどの場合は、書いて覚えてもいいですが、そうでない場合は、できるだけ書かずに覚えるようにしましょう。

そうすることで、短い時間で多くのことを覚えることができます。

 

 

 

エ 忘れないように効率よく暗記をする方法④(「目」以外に耳や口などを使って覚えよう)

→耳や口を使うことでより効率的に暗記をすることができる

 

多くの人は暗記をする際に単語帳を「目」で見て覚えると思います。

しかし、暗記をする際に、「耳」や「口」などを使って覚えていくと効果的です。

つまり、声に出して読み、それを耳で聞くことで、目・耳・口の3つの器官を使って覚えていることになるため、覚えやすくなるのです。

さらに言えば、部屋の中を歩きながら覚えると、足も使っているため、なお覚えやすくなります。(教室や自習室ではできないですが。)

このように、ただじっと見て覚えるのではなく、口や耳を使って覚えるようにしましょう。

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00