【中学生】定期テストで成績の上がらない、点が取れない勉強法は?【182記事目】

 

中学生の勉強法などが満載!

 

【中学生】定期テストで成績の上がらない、点が取れない勉強法は?です。【中学生】定期テストで勉強しても成績の上がらない、点が取れない勉強法について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は182記事目です。)

 

①成績が伸びない人のテスト勉強法は?

【動画】【中学生の勉強法】勉強して伸びる人、伸びない人の違いとは?

 

 

 

「テスト前にいくら勉強しても結果が出ません」

このような悩みを抱えている人はいませんか? 

今回は定期テストで勉強しても成績が伸びない原因についてみていきます。

 

 

ア 結局は「勉強していない」

→結果に結びつかない勉強をしていないか?

 

最初に厳しいことを言いますが、テストで結果が出ない場合は、それはつまるところ「勉強していない」としか言いようがありません。

もう少し正確に言えば、「成績が上がる勉強をしていない」といえます。

何となく勉強している気にはなっているが、それが結果に結びつく勉強になっていないのです。

そのため、まずは勉強のやり方を変える必要があります。

 

 

 

イ 成績が上がらない人の勉強のやり方は?

→3級は中3レベルなため、3級までで十分!

 

成績が伸びない、テストで結果の出ない人の勉強の仕方は以下の通りです。

①塾でテスト対策を受けて、それで満足してしまっている
②学校のワークを終えたら、後は特に勉強しない
③苦手科目の勉強をせずに、得意科目しかやらない
④難しい問題や解くのに時間がかかる問題に取り組まない
⑤間違えた問題を解き直さない
⑥「なぜそうなるのか?」を考えずに丸暗記をしてしまっている
⑦ノートまとめなど作業的なことで満足し、暗記をしない

 

テストで結果の出ない人は、まず上の①~⑦のどれかにあてはまります。

そのため、みなさん自身の勉強のやり方を見つめ直していきましょう。

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

②定期テストで結果を出すために心がけることは?

【動画】【中学生の勉強法】成績が上がるテスト勉強法

 

 

次に定期テストで成績を上げるための心構えについてみていきます。

 

ア 他人任せにしない

→テスト勉強は自分でするもの!

 

テスト勉強というのは、最終的には自分でするものであって、学校や塾はその補助的な役割をするにすぎません。

特に塾に通っている人は、テスト前などに「定期テスト対策」がありますが、それを受けただけで満足していませんか?

授業を受けただけ、テストによく出る問題を解いただけではできるようにはなりません。

塾はあくまで、テストに出る所を教えてくれるだけです。

後は家で、そのよく出る部分を「自分で」復習する必要があるのです。

そのため、塾に行っただけで満足しないようにしましょう。

 

 

イ 暗記をする

→忘れてしまった内容をしっかりと思い出そう!

 

定期テストの目的は、「学校で習った内容が頭の中に入っているかどうかを確認する」ためにあります。

ただ、人間の脳は入ってきた情報を「忘れる」ようにできています。

そのため、いくら一生懸命学校の授業を聞いたとしても、しばらくするとその大半の内容を忘れてしまいます。

そのため、真っ先にみなさんがやるべきことは、「覚える」ことなのです。

学校で習った内容、テストに出る内容を覚えない限りはテストでできるようにはなりません。

テスト前にどれだけ多くの知識を頭の中に入れていくかが、テストで高得点を取るカギをなります。

 

 

ウ できない所を何度も復習する

→一度解いただけで満足しないこと!

 

さらに、大事なのが、できない所を何度も復習することです。

多くの人は、できる所だけやってできない所を放置しがちです。

そして放置するということは、結局何も変わらないということなので、テストで同じような問題が出てきたら、当然ですができるようにはなりません。

そのために、一度解いてできなかった所は、解説を読み、「なぜそうなるのか?」を理解して、その後はできるようになるまで繰り返し解き直すようにしましょう。

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00