【高校受験】英検は何級まで必要?いつまでに取るべき?【181記事目】

 

中学生の勉強法などが満載!

 

【高校受験】英検は何級まで必要?いつまでに取るべき?です。高校受験で英検は何級まで必要なのか、いつまでに取るべきか、推薦入試へのメリットなどについて豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は181記事目です。)

 

①英検は何級までのレベルが必要か?

【動画】高校入試 英検・漢検は必要か? ライズ学院

 

 

 

「英検の勉強は高校入試の勉強につながりますか?」

そのように思いながら勉強している受験生は少なくないでしょう。ここでは、受験生が英検の勉強をする必要性についてみていきます。

 

 

ア 3級以上を取得すると推薦入試を受験できる可能性がある

→英検に合格すると受験のチャンスが増える!

 

高校入試では一般入試と推薦入試があります。

推薦入試の出願条件は、部活動で一定以上の成績を収めた、級長・生徒会で活躍した、ボランティア活動を一定期間行ったというものに加えて、英検や漢検などの検定試験に合格した場合もあります。

つまり、英検に合格すれば、推薦入試を受験できる可能性があるのです。

ただし、高校によって出願できる英検の級は変わります。

一般的には、進学校で準2級~2級以上、進学校以外の普通科や専門学科では3級以上が目安となっています。

そのため、英検合格することで、受験のチャンスが広がるため、ぜひ積極的に受験するとよいでしょう。

 

 

 

イ 一般入試対策なら3級レベルで十分

→3級は中3レベルなため、3級までで十分!

 

また、一般入試のレベルで言えば、3級レベルの知識があれば十分に対応ができます。(3級は中3レベル)

それは、高校入試の難易度は、

英検3級<高校入試<英検準2級

となっており、準2級まで勉強するのはオーバーワークだからです。(準2級は高校1~2年生レベルです)

ただ、英検3級に合格すれば、高校入試の問題がスラスラと解けるかというとそうではなく、英検3級の問題が8~9割以上取れるレベルに仕上げる必要はあります。

 

 

 

ウ 英検の勉強はいつまでが限度か?

→第2回(10月)までが限度、第3回は入試直前なのでできるだけ避けよう!

 

いつまでなら英検の勉強をしていいのでしょうか?

それは、第2回(10月)の試験までです。

英検は年3回(6月・10月・1月)実施されますが、第3回(1月)の時期では高校入試直前であるため、そこでの受験は避けた方がいいです。

そうなると、英検受験のリミットは10月になります。

逆に言えば、10月までに中3レベルの3級に合格できるように仕上げる必要があるのです。

3級からは二次試験(面接)もありますので、総合的な英語の力をつけていくようにしましょう。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

②愛知県高校入試の英語の問題は英検に似ている!?

【動画】英検3級の勉強法って?合格ラインは?一次試験のすべてを徹底解説[#01]

 

 

愛知県高校入試の英語の問題は、実は英検3級の問題形式と似ています。

英検の問題は、

①リーディング穴埋め問題、会話文の空所補充、長文読解
②ライティング自由英作文
③リスニング会話文の応答文選択、会話文の内容一致選択、長文の内容一致選択
④スピーキング面接(二次試験)

となっています。

 

一方で愛知県の高校入試の英語の問題は、

①リスニング会話文の応答文選択、長文の内容一致選択
②英作文自由英作文
③語句補充文法・熟語の知識を問う問題
④⑤長文読解長文読解と会話文

となっており、面接と近い形になっています。

特に愛知県の高校入試では、「I like (      ) written by Soseki.」といったような空所補充問題が多いのが特徴で、文脈から( )に入る適切な英単語を考える形式となっています。

これはある程度練習しないとできるようにはなりません。

英検3級の問題集には、この空所補充の問題がたくさん載っていますので、英検合格を目指しながら、高校入試対策をしていくとよいでしょう。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00