数学が苦手!中学の数学の苦手を克服する勉強法とは?【178記事目】

 

中学生の勉強法などが満載!

 

数学が苦手!中学が数学の苦手になる原因と克服する勉強法は?です。 数学が苦手!中学が数学の苦手になる原因と克服する勉強法は?について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は178記事目です。)

 

①数学が苦手になる原因は?

【動画】【進学個別桜学舎036】「数学が苦手で困っている中学生の皆さんへ」[高校受験/中学生Q&A]

 

 

 

「数学は昔から苦手です」

「どうしたら数学ができるようになるのでしょうか?」

そのような悩みを抱えている人は少なくないでしょう。ここでは、なぜ数学が苦手になってしまったのか、その原因についてみていきます。

 

 

ア 計算が苦手・遅い

→計算は数学の土台となる部分!

 

計算のスピードが遅い、計算ミスが多い場合は数学が苦手になってしまいます。

それは、計算が数学の土台となる部分だからです。

計算ができないと計算問題で点数を落としてしまいます。

加えて、文章題・図形・グラフの問題も途中で計算をする場面が出てきます。

つまり、計算ができない(時間がかかってしまう)と数学の内容全体ができなくなってしまうのです。

テストの解答用紙を見て、計算で点を落としている人は、まずは計算の練習から行う必要があります。

その状態の人が、いきなり文章題やグラフの問題から復習しても効果が薄いですので、計算から順番に勉強するようにしましょう。

 

 

 

イ 問題の演習量が少ない

→無意識のうちに数学から逃げているのでは?

 

数学に苦手意識を持っている人は、無意識のうちに数学を解くことから避けてしまいがちです。(その分得意な教科に時間を回しています。)

そうなると、テスト前など数学にあまり時間をかけないため、結果、数学のテストで点数が取れないということになってしまいます。

定期テストでいえば、80点までは基本問題で占められています。

そのため、学校のワークやプリントに出てくる問題を繰り返し解けば、それなりの点数は取れるはずなのです。

ただ、問題は一回解いただけではできるようにならないため、何度も繰り返し解く必要があります。

そのため、数学にかける時間を増やし、点数が取れるようにしていきましょう。

 

 

 

ウ 数学は「ひらめき」がないと解けないものだと思っている

→数学にひらめきは不要!

 

「数学ってセンスがないと解けないですよね?」

数学が苦手な人の中にはこう思っている人が多いです。

ただ、先ほども言ったように、定期テストでいうと80点くらいまでは基本問題が中心です。

つまり、「どこか見たことのあるような問題」ばかりなのです。

さらに言えば、応用問題も基本問題の組み合わせでできているため、実はそこまで難しくないのです。

自分にはセンスがない→だから数学ができない→だから数学をやらなくていい

というような思考回路になっていませんか?

数学にはセンスは必要ありません。

問題の解き方を理解し、繰り返し解けば誰でもできるようになります。

 

 

 

エ 苦手な内容を放置している

→苦手な内容は復習しないとできるようにはならない!

 

数学は積み重ねの教科です。

そのため、前の内容が分かっていないと今習っている内容が分からなくなってしまいがちです。

例えば、中2の生徒で数学が苦手だとすると、中1もしくは小学校の算数のどこかの単元で詰まっている可能性が高いです。

その場合は、前に戻って復習をし、一つずつできるようにする必要があります。

数学ができるようになるまでは、今習っている内容よりも今までの復習を優先した方がいいでしょう。

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00