高校受験の推薦入試基準や条件は?校内推薦をもらうには?【165記事目】

 

高校受験の推薦入試をもらう基準や条件(スポーツなど)や推薦で受かる・落ちる人の特徴について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は165記事目です。)

 

 

①高校受験で推薦入試を受験できるための条件は?

【動画】推薦入試を受験できるための条件は?

 

 

ちゃちゃ丸
高校入試を推薦入試で受験できるようにしたいニャー
モモ先生
部活動、生徒会活動、英検、ボランティア活動で評価されることが多いですよ。

 

高校入試の推薦入試を受験するための条件はいくつかあります。

推薦入試が受験できれば志望校に合格できる可能性は増えていきますので、ぜひ推薦入試を受験できるようにしましょう。

下の①~⑦のどれかに条件を満たせば、推薦入試を受験する資格を得ることができることが多いです。

①部活動で県レベル(地域大会)以上の大会で活躍
②文化、芸術におけるコンクール・展覧会で上位入賞
③継続的にボランティア活動を行った
④生徒会の役員、級長・副級長として活躍した
⑤資格試験(英検・漢検など)で一定以上の級を取得した
*商業高校の志望者は簿記や珠算、パソコンなどでも評価されます
⑥学力推薦
⑦環境推薦

ただ、高校によって推薦条件は異なりますので、詳しくは各高校のHPをご覧ください。

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

②高校受験の推薦入試を受験できるためにやるべきことは?

【動画】【高校受験面接の質問例】自己PR、長所、短所、特技などの模範回答例を紹介【元中学校教師道山ケイ】

 

 

 

ちゃちゃ丸
推薦入試を受験できるようにするためには何をしたらいいのかニャー?
モモ先生
普段の学校生活や家庭学習にしっかりと取り組みましょう。

 

 

ア 高校受験の推薦入試受験資格を得るためにすべきこと①(部活動で実績を残す)

→部活動の実績は最もアピールしやすい

 

高校受験の推薦入試受験資格を得るためにすべきことの一つ目は、「部活動で実績を残す」ことです。

学校によっては地区大会で上位活躍した人や、県大会以上で活躍した人であれば、推薦入試の出願資格を得ることができます。

しかし、これはなかなか簡単なことではありません。

それは、陸上や水泳、柔道などの個人種目であれば、みなさん自身の頑張りで上を目指すことができますが、サッカーや野球といった団体競技の場合、自分一人の頑張りだけではどうにもならないことがあるからです。

なので、最初から推薦目的で結果を残そうとするのではなく、努力した結果、大会でいい活躍ができたので推薦入試を受験できるようになったという流れで臨むようにしましょう。

なお、上の大会で活躍した人ほど、推薦入試で合格できる可能性は高くなります。

 

 

イ 高校受験の推薦入試受験資格を得るためにすべきこと②(級長、生徒会活動でアピール)

→級長や生徒会活動をしていたことでリーダーシップが評価される

 

高校受験の推薦入試受験資格を得るためにすべきことの二つ目は、「級長や生徒会活動をアピールする」ことです。

クラスの級長生徒会活動をしていた場合も推薦入試で考慮されます。

これは、級長や生徒会活動は「リーダーシップ」がないとできないため、その部分を高校側が評価してくれるからです。

しかし、気を付けないといけないのは、推薦目的で級長になってはいけないということです。

そういう考えを持って級長などをやると、クラスや学校をまとめることができずに、いい加減にやってしまうこともあるため、あくまで「級長としてクラスをまとめたい」「生徒会活動をしたい」という気持ちを持って行動するようにしましょう。

 

 

 

ウ 高校受験の推薦入試受験資格を得るためにすべきこと③(英検・漢検に合格)

→最低英検3級以上は合格したい

 

高校受験の推薦入試受験資格を得るためにすべきことの三つ目は、「英検に合格する」ことです。

英検や漢検といった検定試験に合格することも評価されます。

一般的な高校では英検3級以上、進学校では英検2級(準2級)以上あれば、推薦入試の出願資格を得ることができます。

英検を持っていることで、英語の力があることが示されますし、定期テスト期間以外にも勉強していることが評価されます。

そのため、中1・中2のうちから積極的に英検の勉強をしていきましょう。

なお、漢検は高校によって評価する学校とそうでないところがありますので、よく確認するようにしましょう。

 

関連記事

 

 

エ 高校受験の推薦入試受験資格を得るためにすべきこと④(ボランティア活動)

→継続的にボランティア活動を行ったことも評価される

 

高校受験の推薦入試受験資格を得るためにすべきことの四つ目は、「継続的にボランティア活動をした」ことです。

ここで大事なのは、

①一回だけではダメで、継続的にボランティア活動をすること
②推薦目的にボランティアをしないこと

といったことです。

これらに気を付けてボランティア活動をするようにしましょう。

上で挙げたもの以外でも、「学力推薦」「環境推薦」といったものもあります。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

③愛知県公立高校入試の推薦枠はどのくらい?

【動画】愛知県高校入試の面接試験の内容・心構えは?

 

 

ちゃちゃ丸
愛知県の公立高校の推薦枠はどれくらいあるのかニャー?
モモ先生
普通科で定員の10~15%、専門学科で定員の30~45%あります。

 

ア 愛知県高校入試の推薦入試の流れは?

→推薦入試は一般入試の出来は一切関係がない

 

ここで簡単に愛知県高校入試の流れについて確認していきます。

まず、筆記試験は一般入試・推薦入試受験者関係なく全員が受験します。

そして翌日の面接では、一般入試枠と推薦入試枠に分かれて受験します。

なお、愛知県の公立高校入試では推薦入試は一般入試の点数は考慮されずに、過去の実績(部活動・生徒会など)と当日の面接で決まります。(推薦の合否は一般入試の出来は一切関係がないということです。)

そして、推薦入試で仮に不合格となった場合は、一般入試での結果で合否が判定されることになります。

また、推薦入試の面接では1分間程度の自己PRタイムがあります。

しっかり準備をして、時間内に答えられるようにしましょう。(時間が短すぎても長すぎてもダメです)

 

 

イ 愛知県公立高校入試の推薦枠は?

→普通科の推薦枠は定員の10~15%、専門学科の推薦枠は定員の30~45%

 

次に愛知県公立高校入試の推薦枠についてみていきます。

普通科の推薦枠は定員の10~15%、専門学科の推薦枠は定員の30~45%となっています。

ただ、公立高校の場合、私立高校の推薦とは違って、校内推薦を通ったからといって必ずしも合格できるとは限りません。

特に進学校や一部の専門学科の場合は、倍率が高いため、油断をすることなく一般入試の対策もするようにしましょう。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

④愛知県の私立高校の学校推薦をもらうには?

【動画】私立高校の入試制度解説!受験科目・推薦入試と一般入試・過去問の重要性など【中学生必見】

 

 

ちゃちゃ丸
愛知県の私立高校の推薦入試はどのような流れで進むのかニャー?
モモ先生
12月の保護者面談で私立推薦を希望しているかどうかが聞かれますよ。

 

最後に私立高校の推薦をもらう方法についてみていきます。

それらの高校では公立高校と同じように推薦入試と一般入試がありますが、定員の大半は推薦入試で占められます。

また、推薦入試までの流れとしては、

①12月の保護者会で推薦入試を受けたいと志願する
②学校で審査
③校内推薦が通れば1月末の私立推薦入試(英・数・国)を受験

となっています。

公立とは違い、私立は校内推薦が通れば、ほぼ合格することができます。

ただし、推薦入試で合格してから高校に入学するまでの期間が2か月ありますので、そこで遊び過ぎてしまうと高校生活が大変になりますので気を付けてください。

 

 

NEXT→②「面接で落ちる人の特徴と合格するための対策は?」
⓪「高校入試の面接対策、志望動機や自己PRの回答例とおすすめ問題集は?」←BACK

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

「高校入試勉強法」記事一覧はこちら