愛知県高校入試(数学)で高得点を取るためのおすすめ勉強法は?【161記事目】

 

愛知県高校入試情報や各教科の勉強法などが満載!

 

愛知県高校入試(数学)で高得点を取るためのおすすめ勉強法は?についてです。難易度の高い愛知県高校入試(数学)で高得点を取るための勉強法について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は161記事目です。)

 

 

①愛知県高校入試(数学)の問題形式、難易度、平均点は?

【動画】愛知県高校入試数学の勉強法

 

 

 

「数学が時間内に解けません」

「三平方の定理や関数などの難問は捨ててもいいですか?」

このような悩みを抱えている人はいるでしょう。

今回はそのような人のために、愛知県高校入試の数学で高得点を取るための勉強法についてみていきます。

愛知県高校入試の数学では、以下のような問題で構成されています。

 

時間割10:15~11:10(2時間目)
問題形式【大問1】 数と式の計算・方程式・関数、図形の基礎(9問)

【大問2】 関数・方程式の文章題・確率・データの分析(8点)

【大問3】 角度・平面図形・空間図形(5点)

平均点A日程 10.8点 B日程 9.7点(令和2年度・22点満点)
難易度やや難

 

定期テストでは基本的な問題が中心に出るため、ある程度の点数が取れますが、高校入試の場合は、範囲が中1~中3までの全ての内容が出ること、難易度の高い応用問題が出るため、しっかりと復習をすることが求められます。

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

②令和3年度(2021)愛知県高校入試(数学)の予想は?

【動画】【愛知県 高校入試】得点アップにつながる!数学の学習ポイント

 

 

 

次に令和3年度(2021)の愛知県高校入試(数学)の問題の予想をしていきます。

 

計算【中1】正負の数、文字式、方程式
【中2】式の計算、連立方程式
【中3】展開・因数分解、平方根、二次方程式
文章題・確率方程式の文章題
確率
資料の整理
標本調査
関数比例・反比例、一次関数、二次関数の基礎
グラフの作図と読み取り
一次関数と二次関数の応用問題
図形角度(平面図形・円)
図形の性質(平行四辺形・二等辺三角形など)
相似、三平方の定理、図形の面積・体積

 

このような内容を再度復習し、そこから入試問題に取り組んでいきましょう。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

③愛知県高校入試(数学)の勉強方法は?

【動画】【中学生必見】数学が超苦手でも絶対理解できるオススメの参考書【やさしい中学数学】

 

 

 

ここでは、愛知県高校入試の数学で高得点を取るための勉強方法についてみていきます。

 

ア 愛知県高校入試(数学)の勉強法①(基礎固め)

→中1~中3までの基本的な問題の解き方を復習しよう

 

最初は基礎を固めるところから始めましょう。

計算や文章題、図形・関数問題の基本的な内容をしっかりと復習するところから受験勉強が始まります。

おすすめ教材は「ニューコース中学数学」(学研)です。

この教材は中1~中3の全ての基本的な問題の解き方を確認することができます。

また問題ごとに難易度(全3段階)が表示されているため、最初は☆(基礎)と☆☆(標準)問題から取り組んでいくとよいでしょう。

レベル2までが完璧になれば、基本的な問題は解けるようになります。

 

 

 

イ 愛知県高校入試(数学)の勉強法②(応用問題を解く)

→入試で差がつきやすい問題を解く

 

基礎を固めた後は応用問題を解いていきます。

特に関数、資料の整理、図形は難しい問題が出題されますので、入試問題に近いレベルの問題を解き進めていくことが必要になってきます。

まずは、先ほど紹介した、「ニューコース中学数学」(学研)のレベル3の問題を解いていきましょう。

レベル3の問題は応用問題であるため難しいですが、ニューコースは解説が詳しいため理解をすることができるでしょう。

その後は、「進学塾プロ講師が教える高校入試 数学 瞬解60 」(SBクリエイティブ)や「高校受験 合格への201 新装版 入試によくでる数学 標準編」(ニュートンプレス)などを使い、より入試問題に近いレベルの問題を解いていくとよいでしょう。

難しい問題はどう解いていけばいいか分からない時もありますが、すぐにあきらめるのではなく、問題文をしっかりと読んでヒントを見つける、図形やグラフの性質を使いこなしてみるといった工夫をして徐々に解けるようにしていきましょう。

 

 

ウ 愛知県高校入試(数学)の勉強法③(過去問を解く)

→入試で差がつきやすい問題を解く

 

最後に過去問を解いていきます。最初に愛知県高校入試の過去問を解き、時間に余裕があれば「全国高校入試問題正解」などを解いていきます。

なお、過去問を解く際には、「時間を計って解く」「間違えた問題は解説をしっかり読む」といったことを心がけるようにしましょう。

また、問題を順番に解く必要はありません。

入試は時間が限られているため、制限時間の中で解ききれるように解く順番を変えるなどの工夫をしていきましょう。

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00