愛知県高校入試(数学)で高得点を取るためのおすすめ勉強法は?【161記事目】

 

難易度の高い愛知県高校入試(数学)で高得点を取るための勉強法について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は161記事目です。)

 

 

①愛知県高校入試(数学)の問題形式、難易度、平均点は?

【動画】愛知県高校入試数学の勉強法

 

 

ちゃちゃ丸
愛知県高校入試の数学はどのような問題が出るのかニャー?
モモ先生
前半は基本問題が中心ですが、後半になるにつれて難易度が上がっていきますよ。

 

 

時間割10:15~11:10(2時間目)
問題形式【大問1】 数と式の計算・方程式・関数、図形の基礎(9問)

【大問2】 関数・方程式の文章題・確率・データの分析(8点)

【大問3】 角度・平面図形・空間図形(5点)

平均点A日程 10.8点 B日程 9.7点(令和2年度・22点満点)
難易度やや難

 

定期テストでは基本的な問題が中心に出るため、ある程度の点数が取れますが、高校入試の場合は、範囲が中1~中3までの全ての内容が出ること、難易度の高い応用問題が出るため、しっかりと復習をすることが求められます。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

②愛知県高校入試(数学)の勉強方法は?

【動画】【中学生必見】数学が超苦手でも絶対理解できるオススメの参考書【やさしい中学数学】

 

 

ちゃちゃ丸
数学で高得点を取るにはどんな勉強をしたらいいのかニャー?
モモ先生
早い時期から基礎固めを行い、少しずつ応用問題を解いていくようにしましょう。

 

 

ア 愛知県高校入試(数学)の勉強法①(中1・2~中3の夏休み)

→まずは大問1(10点分)の問題が確実にできる力をつけよう

 

愛知県高校入試(数学)で中1・中2の時期から中3の夏休みまでにすべき勉強法は、「基本的な問題の解き方を復習する」ことです。

いきなり難しい問題を解くのではなく、まずは計算や文章題、図形・関数問題の基本的な内容をしっかりと復習するところから受験勉強が始まります。

 

A 計算

計算が苦手な人、計算ミスが多い人はぜひ計算の復習から始めるようにしましょう。

計算ができないとグラフや図形、文章題といった他の単元にも影響が出てきますので、まずは計算が確実にできるようにしましょう。

 

【中学数学問題集②】おすすめ計算問題集(1)「全問ヒントつきでニガテでも解ける中学計算」【322記事目】

 

また、計算のスピードが遅い人は、

①毎日計算の練習をする
②途中式を必ず書く
③速く計算ができる方法を知る

といったことをしていきましょう。

 

【中学数学問題集③】おすすめ計算問題集(2)「高校入試突破計算力トレーニング」【323記事目】

 

 

B 基本問題

中1~中3で習った基本的な問題(定期テストレベル)の解き方を復習しましょう。

グラフや図形の性質、確率・資料の整理、角度、図形の証明問題といった問題の解き方を復習しましょう。

基礎が完璧であれば入試で12点前後(22点満点)は取れるようになります。

 

【中学数学問題集①】定期テスト向けおすすめ数学問題集「ニューコース」【316記事目】

 

C 文章題

数学が苦手な人は方程式の文章題が苦手な人が多いです。

そのため、文章題の問題にじっくり取り組む必要があります。

最初は小学校の復習(速さ・割合・比など)から始め、その後は中学校で習った文章題の問題に取り組んでいきましょう。

 

【中学数学問題集⑥】高校入試向けおすすめ問題集(2)「くもんの高校入試スタートドリルこわくない数学文章題」【358記事目】

 

 

イ 愛知県高校入試(数学)の勉強法②(中3の2学期)

→入試によく出る応用問題を解き、得点力を上げていこう

 

愛知県高校入試(数学)で中3の2学期にやるべき勉強法は、「入試によく出る応用問題の解き方を学ぶ」ことです。

基礎を固めた後は応用問題を解いていきます。

特に関数、資料の整理、図形は難しい問題が出題されますのが、実は毎年同じような問題パターンで出ますので、解き方を知っておくことで得点力が上がってきます。

そのため、過去問演習に入る前にこれらの問題の解き方をマスターするようにしましょう。

 

【中学数学問題集⑦】高校入試用おすすめ問題集(3)「高校入試塾で教わる数学の考え方・解き方」【359記事目】

 

 

ウ 愛知県高校入試(数学)の勉強法③(中3の冬休み~入試直前)

→本番の試験のつもりで過去問を解こう

 

愛知県高校入試(数学)で中3の冬休みから入試直前にやるべき勉強法は、「過去問演習をする」ことです。

最初に愛知県高校入試の過去問を解き、時間に余裕があれば「全国高校入試問題正解」などを解いていきます。

なお、過去問を解く際には、「時間を計って解く」「間違えた問題は解説をしっかり読む」といったことを心がけるようにしましょう。

また、問題を順番に解く必要はありません。

入試は時間が限られているため、制限時間の中で解ききれるように解く順番を変えるなどの工夫をしていきましょう。

そして、過去問を解くと必ず難しい問題に出くわしてきます。

入試本番ではスパッと捨てることも大切になってきますが、練習の段階では時間を気にせずじっくりと取り組むようにしましょう。

難問を解く際には、

①補助線を引けないかどうか考える
②問題文やグラフ、図からヒントを見つける
③今まで習った内容を思い出す(例「直角三角形」なら三平方の定理が使える)

といったことを意識して解くようにして下さい。

 

【高校入試問題集④】過去問題集(1)「公立高等学校過去入試問題集2022年春受験用」【367記事目】

 

【高校入試問題集⑤】過去問題集(2)「全国高校入試問題正解英語・数学・国語・社会・理科」【368記事目】

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

「高校入試教科別勉強法」記事一覧はこちら