いくら勉強しても覚えられない、すぐに忘れてしまう原因と暗記方法は?【152記事目】

 

中・高校生向けの勉強への心構えなどが満載!

 

いくら勉強しても覚えられない、すぐに忘れてしまう原因と暗記方法は?についてです。いくら勉強しても覚えられずイライラしてしまう人のために、すぐに忘れてしまう原因と確実に暗記をする方法について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は152記事目です。)

 

①いくら勉強をしても忘れてしまう原因は?

【動画】覚えたことを忘れてしまう!勉強後に【絶対にしてはいけないこと】とは

 

 

 

「いくら勉強をしてもすぐに忘れてしまいます」

「なかなか覚えられません。自分は勉強する素質がないんでしょうか?」

このような悩みを持っている人がいるかもしれません。

今回はそんなみなさんのために、勉強してもなかなか覚えられない原因とその予防策についてみていきます。

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

②覚えられない原因Ⅰ(復習をしていない)

【動画】東大生の勉強法 忘れることが前提で復習をする!

 

 

 

いくら勉強をしてもすぐに忘れてしまう原因の一つ目が、復習をしないからです。

そもそも、人間の脳はすぐに忘れるようにできています。

どんなに楽しかったテレビ番組や映画でも、しばらくするとどんな内容だったかを全て覚えている人はいないでしょう。

まして、いやいやながら覚えた勉強の内容であれば、なおさらなのです。

これは、脳が目で見て感じたこと、耳で聞いたこと、鼻で嗅いだ匂いなど、全ての内容を記憶していたのとすると、あまりにも多くの情報が集まりすぎて、すぐにパンクしてしまいます。

ですので、本当に必要だと思った内容以外は、忘れることで要領オーバーにならないようにしているのです。

そのため、一回覚えた程度では、脳はまだ「必要なもの」としては認識してくれません。

何度も復習し、脳に情報を入れることで、初めて「必要なもの」としてみてくれて、結果記憶として残るようになります。

ですので、何回も覚え直すことが必要になってきます。

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

③覚えられない原因Ⅱ(暗記法が間違っている)

【動画】【科学的】本当に効果のある暗記方法4選【勉強のコツ】

 

 

 

二つ目の理由は、「暗記法が間違っている」ことにあります。

よくあることとしては、英単語や漢字を覚えるのに、ただ書いているだけということがあります。

たくさん書くことで、「勉強した」「覚えた」気にはなっていますが、果たしてそれで本当に頭の中に入ったといえるのでしょうか?

また、数学や理科などの理解の必要な教科では、「なぜそうなるのか?」といったことを意識しながら、式の流れや問題の解き方を覚える必要があります。

なのに、理解をせずに式だけを丸暗記していると、全く同じ問題であれば解けますが、少し問題の問われ方が変わると手も足も出なくなってしまいます。

ですので、正しい暗記の仕方を身に付けていかないと、なかなか覚えられないのです。

なお、正しい覚え方は以下の通りです。

 

 

ア 暗記をする上での心構え

・教科書や参考書に蛍光ペンで線を引く、単語カードを作る、ノートまとめは作業であって、勉強ではない→これらをやった後からが本当の勉強であることを自覚すること

 

イ 英単語や漢字の暗記

・2~3回書いたら、次は書いた部分を隠して、何も見ずに書いてみる
・できない所だけ集中して覚える
・英単語は「発音→英語から日本語→日本語から英語」の順で覚える

 

ウ 数学や理科の暗記

・解法暗記をする前に、「なぜそうなるのか?」を理解してから式の流れを覚える

 

これらのことを意識して、効率よく覚えるようにしましょう。

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00