中3の定期テスト(中間・期末)で点数を上げる勉強法は?【150記事目】

 

中3の定期テスト(中間・期末)で点数を上げる勉強法、高得点を取るには、やる気を出す方法などについて豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は150記事目です。)

 

①中3の定期テストの範囲は?

【動画】中3の1年間のテスト範囲は?

 

 

ちゃちゃ丸
中3の定期テストの範囲を知りたいニャー
モモ先生
どの教科も難易度が高くなりますよ。

 

 

中3のみなさんが1年間で学ぶ定期テストの範囲はだいたい下の表のようになります。

英語数学理科社会
1学期中間中2の復習
現在完了
中2の復習
因数分解
中2の復習
中2の復習
明治・大正
1学期期末現在完了
現在完了進行形
不定詞
平方根仕事
エネルギー
昭和・平成
2学期中間原形不定詞
間接疑問文
分詞
二次方程式
二次関数
遺伝法律・政治
2学期期末関係代名詞二次関数
相似
電池
イオン
経済
3学期学年末仮定法
中3の復習

三平方の定理
中3の復習
天体
中3の復習
国際社会
中3の復習

 

また、中3の定期テストは中1・中2に比べると格段に難易度が上がります。その理由としては、

・英語や数学は中1、中2の内容を分かっていないとできない
・授業のペースが速い(1月までに教科書内容を終えるため)
・実力問題が10~20点くらい出題される

からです。その一方で実技教科や理科・社会などは比較的点を取りやすい教科です。

そのため、優先順位としては、

実技4教科>理科・社会>英語・数学・国語

の順で取り組んでいくといいでしょう。(ただ、国語・数学・英語は高校生になっても必要な教科ですので、決して捨てないで下さい。)

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

②中3の定期テストの勉強法・心構えは?

【動画】【勉強計画の立て方】中学生は1時間刻みでスケジュールを組むべきか?【元中学校教師道山ケイ】

 

 

ちゃちゃ丸
定期テストの勉強をするときの心構えを知りたいニャー
モモ先生
テストの結果が内申点に反映されますので、これまで以上にしっかりと勉強をしましょう。

 

 

ア 中3の定期テスト勉強法、心構え①(定期テストの結果が入試に反映される)

→入試のためにもこれまで以上にテスト勉強を頑張ろう!

 

中3は中1・中2以上に定期テストに力を入れる必要があります。

それは、

・中3の1年間の内申点の結果が高校入試で考慮される
・中3の内容も入試で出る
・中3はみんな勉強を頑張るため、相当努力しないと成績が上がらない

といったことがあるからです。

そのため、これまで以上にしっかりと勉強するようにしましょう。

くれぐれもあまりテスト勉強をせず、「失敗した」ということがないようにしましょう。

 

 

イ 中3の定期テスト勉強法、心構え②(日ごろからコツコツ提出物を進めよう)

→テスト前に慌てることのないように普段からコツコツ勉強しよう!

 

多くの人はテスト週間になってから勉強します。

ただそれでは十分に勉強することはできません。

そこでやってほしいことは、「毎日勉強をする」ことです。

学校の宿題に加え、英語や数学の提出物をコツコツとやることを勧めます。

そうすることで、テスト前に慌てることなく勉強時間を確保することができ、ワークやプリントの見直しをすることができます。

特に1学期はまだ多くの人が部活動をやっている時期ですので、時間を有効的に使えるようにしましょう。

さらに言えば、休日などを使って自分の弱点分野を復習するとなおよいでしょう。それが同時に高校受験の勉強にもつながります。

 

関連記事

 

 

 

ウ 中3の定期テスト勉強法、心構え③(テスト週間中は見直しをしよう)

→「できなかった」ところを何度も見直そう!

 

テスト週間中にやってほしいことは「ワーク・プリントの見直し」です。

定期テストは教科書やワーク、プリントから出題されます。そのため、一度解いた問題を何度も見直し、頭の中に知識として入れることが大切になってきます。

ただ、気を付けてほしいのは、「丸暗記は×」ということです。よくあるのが、社会の問題で答えが「エ」だとしたときに、「エ」だけを覚えるというものです。

そうではなく、なぜ「エ」になるのかまでを言える必要があります。分からない問題を分からないまま覚えていても力はつきません。もし分からない問題があれば、学校の先生や塾の先生に聞くことを心がけてください。

 

 

エ 中3の定期テスト勉強法、心構え④(早寝早起きを心がけよう)

→規則正しい生活ができるようにしよう!

 

テスト前になると夜遅くまで起きていたり、場合によっては徹夜する人がいますが、それらはやめた方がいいでしょう。

その理由としては、睡眠不足が続くと脳の動きが悪くなり、肝心のテスト中に力が発揮できなくなるからです。

そのため、テスト週間中もしっかりと睡眠時間を取るようにしましょう。

さらに言えば、早寝早起きをするようにしてください。朝早く起きることで、脳の動きが活発になり、1時間目のテストから万全の状態で臨むことができます。

高校入試でも1時間目は9時くらいから始まるため、普段から早寝早起きの習慣をつけるようにしましょう。

 

関連記事

 

 

 

 

オ 中3の定期テスト勉強法、心構え⑤(実技教科も勉強しよう)

→実技教科の勉強も気を抜くことなく取り組もう!

 

多くの人は5教科だけやって、実技教科(美術・保体・音楽・技術家庭)をあまり勉強しません。しかし、それは非常にもったいないことです。

実は実技科目を勉強することはいいことばかりです。

・範囲が狭いため短期間で仕上がる
・積み重ね教科ではないため誰でもできる
・内申点が5教科に比べ上がりやすい

高校入試は当日の点数だけでなく、内申点も評価の対象となります。そのため、副教科も手を抜くことなくしっかりと勉強するようにしましょう。

 

関連記事

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

③定期テストと受験勉強はどう両立させる?

【動画】どっちを優先したらいい?テスト勉強?受験勉強?

 

 

ちゃちゃ丸
定期テストと受験勉強はどう両立したらいいのかニャー?
モモ先生
テスト直前以外は入試勉強をメインでやっていきましょう。

 

中3生の場合は受験生でもあるため、みなさんの中には、「受験勉強と定期テストをどちらを優先したらいいのだろうか?」と思う人がいるかもしれません。

その答えは、「テスト2週間前からはテスト勉強を優先する」です。

それは、先ほども言ったように、

・定期テストの範囲がそのまま高校入試の範囲になる
・テストの結果が内申点に考慮され、それが高校入試の合否に関わる

ことがあるからです。

そのため、内申点を上げるためにも、実力をつけるためにもテスト期間中は定期テストの勉強を重視しましょう。

ただ、それ以外の時期は、入試勉強を優先するようにしてください。

「テスト前だけ少し頑張って、後は学校の宿題以外はやらない」では、成績を上げることができません。

 

関連記事

 

 

NEXT→⑪「中学生が内申点を上げる方法は?」
⑨「受験後から高校入学前の過ごし方、勉強法は?」←BACK

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

「高校入試勉強法」記事一覧はこちら